Monday, 07 May 2018 10:01

東ヌサトゥンガラ州のWURING村

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、東ヌサトゥンガラ州のWURING村をご紹介します。この放送は、www.voinews.id/japanese で聞くことができます。

東ヌサトゥンガラ州の、フローレス島の東部には、南スラウェシから由来するバホ族が大半を占める漁村があります。村は、Kampung Wuringと呼ばれ、Maumereの郊外にある漁村で、正確にはAlok Barat区のWolomarang 村にあります。

Wuring村は、海に設立された多くの人々を収容する村です。したがって、この村を訪問すると、非常に美しい海の景色が表示されます。漁師の村は、インドネシアではほとんどが発見されていますが、沿岸地域が住宅に使われているにもかかわらず、海水は、かなり透明だというWuring村と他の漁村とは区別されています。

1992年、フロレスで地震と津波を発生するとき、海水の上にある村は、津波によって破壊され、多くの死傷者を引き起こしました。災害の後、一部の住民は、他の場所に移動したが、ほとんどの人は、家を再建することを選びました。

Wuring村の人々は、とてもフレンドリーです。彼らは、彼らの領土に入る入場者を満たすように笑顔で挨拶するでしょう。この村を訪れたいと思っている人にとっては、既存の道路が非常に簡単に通過することができるので、それほど難しくありません。 Maumereの町から、訪問者は、西からTrans Floresの道に向かいます。街から1キロメートルのところで、ターンがあり、正しい道を選んで、Wuring村に到着します。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 44 times