Monday, 07 May 2018 09:00

インドネシアはラオスとの貿易は上昇すると楽観的

Written by 
Rate this item
(0 votes)

 

在ラオスインドネシア大使館の経済部のWishnu Krisnamurthi部長は、ラオスとのインドネシア貿易収支が急増すると楽観的です。彼は、インドネシアの貿易赤字は、今後数年で黒字になる考えています。Wishnu Krisnamurthiは、56日日曜日に、ラオスのVientianeで、2014年のインドネシア・ラオス貿易収支の価値が約4400万ドルに達した時、インドネシアは約3500万ドルの赤字を経験したと述べました。しかし、数年間、赤字の数は少なくなっています。さらに、彼は、2021年からラオスへの毎年700万トンの石炭納入契約があると思い出させました。ラオスは、発電所のニーズに合わせて石炭を輸入します。彼によると、商品の輸出が終了する場合、インドネシアは非常に大きな貿易黒字を得ることができます。

Read 41 times