Monday, 07 May 2018 18:00

Tuti Tri Sedya

Written by 
Rate this item
(0 votes)

 

音楽の広場です。今回は、Makassar出身のインドネシアKeroncong歌手、Tuti Tri Sedyaをご紹介します。それでは皆さん、まずは、Tuti Tri Sedyaの曲「Rayuan Pulau Kelapa」を聞いてください。

Tutiは、1956108日に南スラウェシのMakassarで生まれました。彼女の音楽キャリアは1986年のBintang Radio dan Televisi、略してBRTVKeroncongのカテゴリで一位になったから始めました。Tutiによって、彼女はKeroncongを勉強したことがありません。彼女はWaldjinahSundari Soekotjoの歌い方を聞いていただけです。TutiにとってKeroncongの音楽の主なことは柔軟性(じゅうなんせい)です。TutiTVRIGebyar Keroncongの番組でホストと歌手とイベントの調整者(ちょうせいしゃ)になることがありました。では皆さん、次の曲Tuti Tri Sedyaの「Tanah Air」を聞いてください。

インドネシアの劇団(げきだん)と一緒に、Tutiは数回も数十カ国を行きました。彼女もKeroncong愛好家のメディアとしてだけでなく、若いKeroncong歌手の声を試し、訪問したお客さんをたのみたい場合はWarung Keroncong Gaulの形成した目的です。2014年の終わりにTutiViktor Hutabaratと一緒に中央ジャワのSoloSolo Keroncong Festivalをゲストスターになりました。それでは皆さん、最後に、Tuti Tri Sedya2曲を聞いてください。

これで音楽の広場を終わります。

Read 22 times