Tuesday, 08 May 2018 11:16

産業省は、再生可能エネルギー開発に日本の大学と協力

Written by 
Rate this item
(0 votes)

産業省の産業研究開発庁は、エネルギー源の一つであることを藻類の商品のための研究を行った経験を持っている藻類バイオマスと日本筑波大学のエネルギーシステムと協力しています。アンタラ通信の書いたように、再生可能エネルギーの開発は、 4.0インドネシアを作るロードマップに含まれる10の国家優先事項の議題に従っています。これは、56日日曜日ジャカルタで、産業省の産業研究開発庁、Ngakan Timur Antara会長が語ったものです。Ngakan Timur Antara会長は、現在、藻類バイオマスとエネルギーシステムは、季節を通じて栽培することができる藻類からバイオ燃料を生産することを目指すパイロットプラントの開発を進めていると伝えします。近い将来には、パーム油ミル流出液POME)で藻類を最適化するための研究も行われます。POMEは、地球温暖化に影響する温室効果ガス排出に寄与するメタンガス生産者の一つです。したがって、このPOMEの取り扱いは、環境の持続可能性にとって重要になります。

Read 68 times