Monday, 14 May 2018 09:58

中部ジャワ州のDUGDERANの伝統

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、中部ジャワ州のDUGDERANの伝統をご紹介します。この放送は、www.voinews.id/japaneseできくことができます。

インドネシアの一部の地域は、ラマダンの聖月を歓迎するために行われている伝統があります。その一つは、中部ジャワ州のスマラン市のDugderanの伝統です。Dugderanの伝統は、1881年以来行われており、これまで、スマランの人々によって行われてきました。今日のDugderanの違いは、ダンス、カーニバル、ドラムを打つである人々のパーティーです

Dugderanの名前は、打たれたドラムの音である "Dug"と、花火の爆発音である "Der"から来ます。この名前は、ドラムで始まり爆竹で終わる断食マーカーです。この伝統は、ラマダンの断食月が近いことを人々に思い出させるために開催されます。ラマダンの断食月の前の週には、様々な商品を販売するショックマーケットがあり、このフェスティバルに関連した“Warak Ngendok”マスコットがあります。

Dugderanは、断食の1日前に終了し、Dugderan伝統のトップイベントは、文化的なカーニバルでいっぱいです。この文化的なカーニバルは、通常、スマラン市庁舎から始まります。開会式の後、市長は、スマラン市のKaumanグレートモスクへパンダナラン軍によって護衛されている馬車に乗っています。そこに、市長は、Warak Ngendokによって歓迎されるでしょう。 Warak Ngendokは、中国、アラブ、ジャワの民族であるスマラン市における民族多様性の文化的な変容を表しています。

Dugderanの伝統は、1881年以来、スマランの社会のグループ化を発生するまでオランダ植民地の到着以来のしい動きのため、スマラン人民の平和に対する彼の懸念に基づいて、Kyai Raden Mas Tumenggung Purbaningrat県知事の政権で始まりました。Dugderanの伝統は、統一された、じった、区別なし挨拶されるために喜びの雰囲気の中で社会全体を集めることを目的とします。また、モスクのイマームとの県知事の合意に基づいて、ラマダンの断食月初めに厳密かつ同時に確認することができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 27 times