Tuesday, 15 May 2018 18:00

北スラウェシ州のWaruga

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、北スラウェシ州のWarugaをご紹介します。

この北Minahasaでの史跡を入ることには、少し苦労する必要があります。住民の住宅や土地の後ろに位置することは、この北スラウェシ州に位置する史跡がかなり隠されています。これは、巨石遺物時代からMinahasa人の古い墓であるWaruga Sawangan史跡です。

MinahasaでのWarugaは、紀元前13世紀初頭に栄えたと推定されました。Warugaは、最初に北Minahasa地区のBukit KelewerTremanTumaluntungの地域で現れました。その後、Waruga20世紀初期まで、北スラウェシ州の様々なところで現れ続けていました。戦前の時代、Minahasaの住民はまだ先祖の霊に魔法の力があると信じていました。そのため、墓はできるだけ特殊で綺麗に作られていました。Warugaは、2つの部分に分かれて、それは、身体部分および蓋です。

面白いことは、Warugaは、亡くなった人の親戚や家族によって作られたものではありませんが、死ぬ者によって作られました。瀕死しているときに、完全な物資を持つ後、彼自身が作ったWarugaに入ります。ある日、それが完全に行われると、放棄された家族には良い結果がもたらされます。実際に、北スラウェシ州では、Waruga遺跡が多いです。その一つは、北Minahasa地区のAirmadidi県のSawangan村です。この村では、3つのグループにサイズ的に分かれた143Warugaがあります。

1のグループは、0100センチの高さの小さなWaruga10つがあります。第2のグループは、101150センチの高さの中サイズのWaruga52があります。第3のグループは、151250センチの大きなWaruga81があります。Warugaは、Tombulu語から取って、それは、乾燥する体の家という意味を持つWale Marugaから付けました。

これでパソナインドネシアを終わります。明日も他の興味深いトピックでまたを愛しましょう。

Read 4 times