Tuesday, 15 May 2018 11:28

憲法裁判所(MK)は、大統領に同時に地方選挙に先立って準備を伝える

Written by 
Rate this item
(0 votes)

Anwar Usman憲法裁判所長官は、2018年のインドネシアで地方選挙に直面する憲法裁判所の準備状況を伝えました。これは、月曜日に、ジャカルタの大統領官邸で、ジョコ・ウィドド大統領に対面した時に伝えられました。彼は、憲法裁判所は、オンラインベースのサービスを通じて地方選挙の投票集計に関する不平を伝えたい人々に利便性を提供すると述べました。彼によると、この方法は、憲法裁判所のサイトを通じてアクセスできる電子申請情報システム(SIMPEL)と呼ばれるネットワークまたはオンラインを通じて行われるということです。

インサート :最初の議題は、201842日、憲法裁判所が、新しい長官と副長官、自分自身とAswantoを選出したことを大統領に伝えた事です。 2つ目は、苦情があれば、地方選挙の問題を解決するための準備です。新しいシステムでは、オンラインシステム事務局長という専門用語があります。だから、通常の手動ではありません。

一方、Guntur Hamzah憲法裁判所の事務総長は、サービス開発が、憲法裁判所に地方選挙に関する苦情を言いたい人々に利便性を提供すると説明しました。憲法裁判所は、地方選挙の投票数に関する問題について苦情を提出したい人々に対して、3日間の期限を定めています。 Guntur事務総長によると、SIMPELサービスで、人々は、苦情を伝えるために慌ててジャカルタに来る必要はありません。このサービスは、インドネシアの様々な地域のすべての人が利用できます。 

Read 13 times Last modified on Tuesday, 15 May 2018 12:15