Tuesday, 15 May 2018 11:50

政府と国会(DPR)は、テロリズム法の改正を加速する

Written by 
Rate this item
(0 votes)

Wiranto政治・法務・治安調整大臣は、514日月曜日、ジャカルタの官邸で、このプロセスは、国会で2年間行われているテロリズム犯罪の根絶に関する200315号法律の加速に同意するために国会(DPR)の派閥リーダーと政党の事務総長を招きました。Wiranto大臣によると、加速の努力は、数時間前に、東ジャワ州のスラバヤとシドアルジョで発生した一連のテロ行為に対応するために行われたと言うことです。法改正の承認で、インドネシアでテロリズム犯罪の根絶のプロセスが、より効果的になる事が期待されています。なぜなら、治安部隊が、より強固にテロリストを対処し、テロ行為が発生する前に行動を起こす強力な法的根拠を持つことになるからです。Wiranto大臣はまた、近い将来、テロとの戦いに関する法律が、すぐに批准されると述べました。そのため、テロ事件の解決には、もはやPerppu(法律に代わる政令)は、使用されません。テロ対策法により、政府は、テロ対策を全面的に行うことができると期待されています。

Read 6 times Last modified on Tuesday, 15 May 2018 12:33