Thursday, 17 May 2018 11:26

国家本デー

Written by 
Rate this item
(0 votes)

ワルナワルニの時間です。今日は、国家本デーについてお伝えします。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

毎年、517日は、国家本デーとして祝われています。この日が選ばれたのは、1980517日にインドネシア共和国 国立図書館が設立されたからです。お祝いは、音楽デーや国家映画デーのように盛大なものではありませんが、忠実な読者のために国家本デーを祝うのは当然なことです。ますます成長しているデジタル時代に、書籍は、決して終わらない最大の商品となっています。様々な年齢の人々が書店に行き、書籍を購入していますが、毎年、平均して18000冊の本が印刷されているだけです。国家本デーも、しばしば、インドネシアでの読書への関心の少なさに関連しました。2016年、世界で最も散らばった国の調査結果によると、インドネシアにおける読書関心は、61カ国の60位にランクされています。

インドネシアの国家本デーの記念行事は、インドネシア読書フォーラムによって2006年に初めて開催されました。インドネシアの約8630万人がWattpadと呼ばれるオンライン・ プラットフォームを利用してデジタル書籍を読むアクティブなインターネット・ユーザーとして登録されています。一方、多くの若手作家が生まれ、本業界では、ますます知られています。彼らの活動はもはや過小評価されることはありません。若手作家たちは、インドネシアの出版業界に色を付け加えています。国家本デーの記念日では、いくつかの活動が行われています。例えば、インドネシアの書籍出版社の一人が、子供のために本を読む写真コンテストを開催します。コンテストは、インドネシア、特に子供たちの読書の関心を促すために開催されます。

Muhadjir Effendy教育文化大臣は、本を読むことによって識字プログラムを加速することを人々に願っています。Muhadjir Effendy大臣によると、人々の読書への関心はまだ低いだということです。現在、インドネシアの読書関心のランキングは、110カ国中65位にランクされています。したがって、Muhadjir Effendy大臣は、本を読む社会化が、すぐに行われるよう呼びかけます。これは、人々の読書への関心を高めるためです。

読書の重要性を社会化する努力は、学校や公共の場で読まれる本の数が増えることによって奨励されています。大臣はインドネシアの読書への関心は、他の国よりも低いですが、劣等感を持たないようにと願っています。なぜなら、これは、インドネシア国家の知識レベルが他の国よりも低いというわけではないからです。 Muhajir Effendi大臣は、子供たちの本は、読んでみたいと思わせるような絵と色があること、一方、若者には、ロマンチックなティーンエイジャーの物語などを提案しました。

これで、ワルナワルニを終わります。

Read 40 times