Friday, 18 May 2018 12:32

BUBUR KANJI RUMBIというイフタール(断食明け)のためアチェ典型的な料理

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、BUBUR KANJI RUMBIというイフタール(断食明け)のためアチェ典型的な料理をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

お粥は、材料が非常に柔らかくなるまで調理された食品の一種です。米をベースにしたお粥に加えて、米や緑豆で作ることもできます。これらの食品は、どこでも簡単に見つけることができます。その柔らかい食感のために、お粥は、幼児から高齢者まで食べることができます。アチェからパプアのインドネシアの各地域に、お粥があります。お粥を食べる文化は、列島で取引する際に中国の職人が持ち込みました。それ以来、インドネシアの人々は、その習慣模倣し始めました。

インドネシアで、塩味のあるお粥の種は、かなり多様で、地域ごとに違いがあります。例えば、ベタウィの典型的なAseお粥、マデュラの典型的な Manggulお粥、Manadoの典型的なTinutuanお粥、及びアチェの典型的な Kanji Rumbiお粥などです。Kanji Rumbiお粥は、アチェの典型的なイフタールであり、常にラマダン断食月で提供しています。

このお粥は、料理を特別に感じさせる様々なタンパク質や野菜の栄養素が豊富です。通常、ラマダン断食月に、大きなモスクは、この食事を大量に作ります。お粥は、モスクで一緒にイフタールのときに提供されます。お粥がまだ残っている場合、お粥は、信者だけでなく、モスクの周辺の住民全員に配布されます。

Kanji Rumbiお粥は、調味料が豊富で独特の風味があります。主な成分は、粉砕された米、野菜、スパイスです。ジャガイモ、ニンジン、ウコン、ショウガ、タマネギ、スープリーフ、ココナッツミルク、パンダンの葉、レモングラスなどが入っています。アチェの人々にとって、Kanji Rumbiお粥は、イフタールのため食べ物ではなく、風邪薬や胃痛の薬として強力な複数効能を持っています。このお粥を調理するには、大きなキャセロールで23時間かかり、木製ストーブの火を消さないでください。したがって、は、常に利用可能でなければなりません。

Kanji Rumbiの料理の伝統を守るのは、すべての村人の相互合意です。ファンドは、ラマダン断食月の前に人々によって集められます。それは、市民の友情を維持することを目指しています。 Banda Acehでは、Beuraweモスクに加えて、Kanji Rumbiは、どんな食堂でも見つけることができます。ラマダン断食月の以外では、この栄養価の高い典型的なお粥を見つけるのは非常に難しいです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 67 times Last modified on Wednesday, 23 May 2018 10:22