Tuesday, 22 May 2018 18:00

北スマトラ州の料理、Pakat

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、北スマトラ州の料理、Pakatをご紹介します。

Ramadhan月の間に、各地域は、断食明けのための典型的な食べ物があります。北スマトラ州のMedanで、正式に、Mandailing地域では、ラタンの芽または、Pakatである断食明けのためのお気に入りのメニューがあります。Pakatは、野菜や相補的な魚野菜として提示されました。Pakatは、非常に柔らかい質感を持ち、食べやすいラタンの芽です。

Pakatの味は、他の一般的な野菜と同じ、それは、かなり苦いです。Pakatを調理することはかなり簡単です。ラタンの芽は、1メートルの長さに切って、その後、炭火を使って、半時間に焼きます。調理され、白い汁を取り除く時、外層を剥がして肉を取り出します。ラタンの芽の肉を10センチに切ります。白くて、柔らかい肉の部分は、すぐに食べることができます。さらに、Pakatはチョウザメで野菜のカレーを調理することもできます。典型的な味を持つことに加えて、Pakatの値段も経済的です。1万ルピアで、あなたは、5個の調理されたPakatを買うことができます。

Pakatの売人は、通常、焼きPakatと、ココナッツミルクと焼いたココナッツ肉から作られたAnyangソースを売ります。Ramadhan月の時に、Pakatの需要が非常に増えています。Mandailing族に加えて、Pakatは、ジャワやパダンから来た北スマトラに住んでいるほぼすべての北スマトラの住民に人気があります。彼らは、Pakatが食欲を増やすことができると信じています。そのため、Pakatは、常に、断食明けと食事の前に食べています。

苦いであるPakatの味は、他の食べ物をよりおいしくなります。Pakatのもう1つの利点は、健康を維持することです。Pakatは糖尿病、マラリア、高血圧を治療すると考えられています。南Tapanuliである原産地では、Pakatは、断食明けのメニューとしてだけではなく、南TapanuliMandailingの住民のための特別な儀式の時に慣習的な食べ物として使っています。

これでパソナインドネシアを終わります。明日も他の興味深いトピックでまたお会いしましょう。

Read 39 times