Wednesday, 23 May 2018 10:09

インドネシア - パプアニューギニアの国境に位置するKAMPUNG SKOUW (スカウ村)

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、インドネシア - パプアニューギニアの国境に位置するKAMPUNG SKOUW (スカウ村) をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

Kampung Skouwは、インドネシア - パプアニューギニアの国境に近い村です。インドネシア、パプア、ジャヤプラ市のMuara Tami地区に位置しています。 Muara Tami区には、Kampung Skouw Yambe, Kampung Skouw Sae, Kampung Skouw Mabo3つの村があります。その場所に到達するには、ジャヤプラ市から、約46キロ、車を使用し、約130分から2時間かかります。

Kampung Skouwは、乾燥していて暑いことで有名です。したがって、多くの人は、ジャヤプラの街に移動することを好みます。しかし、Kampung Skouwは、美しく快くなっています。より雄大な境界線と国境ゲートは、この場所を訪れる観光客だけでなく、先住民にとって好きな場所になっています。

国境線と国境ゲートで写真を撮ることに加えて、Kampung Skouwで行うことができる他の活動があります。Kampung Skouw Yambeでは、亀の養殖を見ることができます。 2017中頃から、ジャヤプラ市政府は、Kampung Skouw Yambeをカメツアーの観光地にしました。カメの絶滅を防ぐことに加えて、地域住民の経済を改善します。訪問した観光客は、見て、卵を飼育し、孵化して海に戻すまで捕捉過程から始まるカメの養殖に参加します。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 60 times