Monday, 11 June 2018 07:51

中部スラウェシ州のSOMBORI島

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、中部スラウェシ州のSOMBORI島をご紹介します。

トロ湾の海域は、地理的に、中部スラウェシ州に含まれています。この海域には、数が非常に大規模な海洋生物圏があります。そのため、トロ湾の海域は、海洋観光の目的として活用されています。この海域の美しさは、ソンボリ島から楽しむことができます。この島はトロ湾の南部に位置し、それは、Morowali県の、南Bungku 郡とMenui諸島郡の間にあります。

ソムボリは、美しいサンゴの島々で構成された保護区です。島の一部は、漁師の住居として使われていますが、多くは、人が触れることなく、そのままです。ソンボリ地区を目指すには、東南スラウェシ州の首都、ケンダリへ行きます。そして、陸路または海路を選びます。陸路を選択した場合、旅は、Bungku Pesisir区のLafeu を目指(めざ)して6時間かかります。その後、ソンボリ島へ向けて、約1時間、海の旅を続けます。一方、海路の場合、商用船を使用して、半日かかるでしょう。一方、スピードボートを使用する場合は、約4~5時間かかります。

ソンボリ島のエリアに入ると大変、素晴らしい景色に迎えられるでしょう。海の波、左と右の側を守っている高い珊瑚の崖などです。より深く進むと、景色はますますの魅力的になります。様々な大きさと形の環状サンゴ礁群が多くなります。植生のない顕著なサンゴ礁、エキゾチックな青々とした木々に包まれた巨大なサンゴの島などです。これらのサンゴ礁には、白い砂がきれいなビーチがあります。

ソムボリは、約41,000ヘクタールの海洋保全地域で、水中活動の愛好家(あいこうか)にとって天国です。さまざまな形や色の動物やサンゴが、この静かな海に生息しています。色とりどりの魚が住みかと しているイソギンチャクは、水の流れに揺れています。Acropora、または、広々としたテーブル サンゴは、ここで簡単に見つけることができます。現在、かなり手頃な価格でソンボリ島へのツアーを提供する多くのツアーパッケージがあります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 12 times Last modified on Wednesday, 13 June 2018 10:42