Monday, 11 June 2018 18:00

国連安全保障理事会になったインドネシアは、パレスチナを支援することができる

Written by 
Rate this item
(0 votes)

国会地方委員会のDailami Firdaus氏は、2019年から2020年までの期間に国連安全保障理事会の非常任理事国になったインドネシアの成功を歓迎しました。彼によると、インドネシアは国際紛争を止め、その一つはパレスチナを支援するため、活用しなければなりません。Dailami Firdaus氏は、610日日曜日に、インドとアメリカに次いで第3位の民主国であり、世界で4番目に人口の多い国であるインドネシアは、国連安全保障理事会になるべきだと述べました。Dailami氏によると、国連安全保障理事会は、国際紛争を止め、国際平和を危険にさらす地域に軍隊を送る権限を持つため、国連の最も影響力のある機関です。インドネシアは、ミャンマーにおけるロヒンギャ問題とパレスチナ問題を含む政治的安定と世界安全保障を確保するために、この地位を活用べきです。

Read 29 times