Tuesday, 19 June 2018 18:00

Telaga Biruの砂漠

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、リアウ州のBintanでのTelaga Biruの砂漠についてご紹介します。

Bintanは、リアウ州にある島の一つです。この島は、魅力的な海上観光スポットがあります。海岸は、南シナ海に向かって、白い砂を持つ美しい海岸です。さらに、水中の豊かで美しい自然です。しかし、Bintanは美しいビーチと水中だけでなく、青い水の湖と白い砂を持っています。ビンタンへ旅行する際に好きな観光スポットの1つになった観光スポットの名前は、Telaga Biruの砂漠です。

Telaga Biruの砂漠は、リアウ州のBintan地区のTanjung Uban県のBusung村に位置しています。これは、RHF Tanjung Pinang空港やTanjung Pinang港から45分ぐらいのかかります。Tanjung Uban港からは、約15分ぐらいです。この観光スポットは、毎日運営しています。観光者は、入場料金を支払う必要がありません。乗り物を持つ場合、2000ルピアのバイクの駐車料金と5000ルピアの車の駐車料金を支払う必要があります。

この観光スポットに訪問する時、砂漠に囲まれた青い湖の美しさを楽しむことができます。この観光スポットでは、ブランコ、ラクダの人形、竹の飾り、フィールドアーチェリーなど、写真を撮るために使用できる様々なプロパティがあります。レンタル料金は、一人当たり5000ルピアで、かなり安いです。写真を撮ったり、湖を回って疲れて、この観光スポットの屋台で休むことができます。

Telaga Biruの砂漠は、以前、砂ボーキサイト鉱山で、現在は岩のように固まっています。鉱山は、Soeharto大統領の政権以来、中断させました。その後、数十年が放棄され、掘削の発掘は雨水で満たされ、徐々に青い水の湖になりました。地域住民によって、この6000ヘクタールの地域は、観光スポットとして管理されています。公開された後、このTelaga Biruの砂漠観光スポットは、観光客によく訪問されています。

これでパソナインドネシアを終わります。明日もまた他の興味深いトピックでお会いしましょう。

Read 26 times