Wednesday, 20 June 2018 12:15

Sate KopokというPonorogo地区の典型的なサテ

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、Sate KopokというPonorogo地区の典型的なサテをご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

東ジャワ州の地区のサテの料理を話すなら、Sate Ponorogoは、直接想像されます。 Ponorogo地区の典型的サテの人気は、すでにインドネシアの他の地域に知られています。しかし、Sate Ponorogoに加えて、この地区には、それほど美味しくない別の典型的なサテもあります。この名前は、Sate Kopokです。

Sate Kopokは、多くの名前があります。いくつかは、Sate BlendetまたはSate Mbalongと呼ばれます。「Blendet」という名前は、細かい質感を持つ泥を記述するジャワ語から来ています。この状態は、 Blendetの描写に似ているので、そう呼ばれます。一方、Kopokという名前は、粘液耳を意味します。なぜなら、Sate Kopokの料理は、 'Kopok'と同様に考えられるからです。外観は、あまり良くありませんが、Sate Kopokを味わったら、いつもおいしさを感じられます。

Sate Kopokは、鶏肉から作られます。Sate Ponorogoとの違いは、あまりにも厚くない肉片にあります。このサテの調味料は、ピーナッツソースとココナッツミルクの混合物ですが、ココナッツミルクだけを使用する場合もあります。このスパイスは、料理の質感を引き起こすものです。 Sate Kopokは、通常、ロット、豆腐、テンペ、カボチャを含むsayur lodehを添えます。sayur lodehを添えることに加えて、

Sate Kopokは、スープと共に食べることもできます。スープには、通常、2つ串のSate Kopokが付いています。スープとサテソースの組み合わせは、ユニークで美味しい風味を作り出します。しかし、Sate Kopokは、他の料理と組み合わせることなく単独で食べることもできます。

地元の人々によると、Sate Kopokは、オランダの植民地時代以来、存在していました。彼らは、オランダの植民地時代を過ぎると、この独特のサテが、取引されたと信じています。残念ながら、Sate Kopokは、現在、見つからなくなり始めました。難しいですが、まだSate Kopokを売っている職人がいます。おいしいSate Ponorogoを味わえるようにするためには、Balong地区のPahing 市場とJetis地区のWage市場で検索することができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 46 times