Friday, 22 June 2018 12:51

Geblek というKulon Progoの典型的な料理

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、Geblek というKulon Progoの典型的な料理をご紹介します。この放送は、3323 の短波放送だけでなく、www.voinews.idで聞くことができます。

形は、数字8のように見え、白色です。ジョクジャカルタ特別州の Kulon Progoの人々は、Geblekという名前でこの料理を知っています。この料理は、揚げバナナ、テンペー、豆腐、揚げサツマイモのようなKulonprogoの一般的なスナックです。したがって、Geblekは、屋台からレストランまで、Kulon Progoの様々な場所で簡単に目にすることができます。 Geblekの職人は、通常、1食分15.000ルピア〜20.000ルピアのこの料理を販売しています。1食分は、6つのGeblekです。

Geblekは、デンプン粉、ニンニク、塩と、とてもシンプルな材料でできています。シンプルな材料で作られていますが、それを作るプロセスには、手間ひまかかっています。作る過程で、デンプン粉は、まるまで蒸し、完全に火を通すまではしません。それから、水気って塩で味付けします。その後、約10分間もう一度蒸します。再び水気を切って、つぶしたニンニクで味付けします。そして、それは、数字の8のように形成され、揚げます。

Geblekは、暖かいうちに提供されるときは、とても美味しいです。なぜなら、Geblekは、1時間以上経つと、、硬くて非常に弾力があるからです。しかし、暖かいうちに提供されると、Geblekは、外側が、いている感じがあり、内側は、えがあります。それは、塩辛いです。 Geblekは通常、Besengekというココナッツミルクの風味豊かな柔らかいテンペを添えて食べます。両方の組み合わせが、非常においしいです。Geblekは、また、暖かいお茶を楽しむのにも適しています。この料理は通常、家族や友人とのリラックスのためにKulon Progoの人々をいます。

以前は、Kulon Progoの典型的なこのスナックは、白色だけでした。しかし、時間と共に、人々は、Geblek料理の創造を始めました。色は、白だけでなく多様なので、面白そうです。今Geblekは、Kulon Progoを訪れる観光客になります。お土産持ちます。この料理は、かなり長い間、防腐剤なしで約4日間お土産としてGeblekを購入するとき、調理済みのGeblekかまたのままを選ぶことができます。お土産には、Kulon Progoの伝統的な市場でGeblekを買うことができます。Kulon Progoの観光客で、Geblekを味わっておらず、Geblekをお土産に買っていないなら、Kulon Progo観光は、まだまだと言えるでしょう。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 70 times