Monday, 25 June 2018 11:30

東ヌサトゥンガラ州のKOLAM SUSUK

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、東ヌサトゥンガラ州のKOLAM SUSUKをご紹介します。この放送は、3323KHZ 短波放送だけでなく、www.voinews.idで聞くことができます。

東ヌサトゥンガラ州は、コモド島、ケリムツ湖などの自然観光ができる可能性のあるインドネシアの州の一つです。すでに国内外で知られていることに加えて、この州はまた、美しい自然の観光地もあります。その一つは、Kolam Susuk Susuk池)です。この観光地は、東ヌサトゥンガラ州Belu地区Kakuluk MesakDualaus村に位置しています。

現地語で、Kolam Susukは、池を意味します。伝説によると、古代には、自分達をきれいにするために、Kolam Susuk に立ち寄る7人の天使がいましたその天使は、OecusseLifao国王の使者です。 Lifao国王は、彼らが居眠りをしたときによって邪魔させました。だから天使たちは、いつも目がめていて、国王のお付の者が近づかないよう守っていました。この伝説に基づいて、地元の人々は、この池をKolam Susukと呼んでいます。しかし、実際には、この観光名所は、密集したマングローブ林に囲まれているため、このSusuk池のまわりには多くの蚊がます。

この池は、自然に形成され、を持っています。太陽にさらされると、水は、い色の白いミルクのようにります。これにより、バンドグループKoes Plusは、この池を彼らの曲で「ミルクプール」と呼びます。Kolam Susuk の位置は、Belu 地区の首都Atambua市から北へ約17キロメートルです。 Atambua市からは、Kolam Susuk車で約20分かかります。道は、谷と崖を蛇行します、道路は、すでに舗装されています。この観光地は、通常、週末や休日に混雑しています。

この観光地にある施設は、きれいな水、トイレ、舗装された道路、休憩コテージ、チェックポイントなどで、とても快適です。この観光地の近くには、地元の人々が所有する屋台があり、訪問者に食べ物や飲み物を提供しています。これまで、地方政府は、観光地としてKolam Susukを発展させており、池の周りの環境を維持することができるように、ミルクフィッシュとエビの養殖の中心としてKolam Susukを利用します。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 15 times