Friday, 29 June 2018 11:45

東ジャワ州NGAWI地区のTAHU TEPOという料理

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、東ジャワ州NGAWI地区のTAHU TEPOという料理をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

Ngawiは、東ジャワ州の地区のひとつです。西ジャワ州の最も西にある地区は、インドネシア観光の目的地になります。観光の目的は、滝、お茶のプランテーション、山、温泉、歴史遺産など、様々です。いろいろな観光地だけでなく、独特な料理も、Tahu Tepo, Wedang Cemue, Sate Ayam Nasi Pecel など、かなり楽しめます。様々な料理の中でも、Tahu Tepoは、Ngawiを訪れたときに多くの観光客が求める料理となりました。

このNgawiの料理の名前は、ジャワ言語に由来します。ジャワ語では、Tepoは、円錐を意味します。円錐は、Lontongの形を指します。 Lontongとは、バナナの葉に包まれた米から作られています。 Lontong以外にも、Tahu Tepoは、揚げた卵、揚げ豆腐、もやし、キャベツ、揚げたニンニクも入っています。これらの材料は、すべて切り刻まれ、皿の中で混ぜます。その後、揚げたピーナッツを振りかけます。その後、ピーナッツソースとブラウンシュガーソースをTahu Tepoにかけます。Tahu Tepoを十分に楽しむには、上げ豆腐とぬりものも添えられます。また、クルプックも、Tahu Tepoを食べるお供になります。

味わうと、甘辛いスパイシーな味のスープです。また、Tahu Tepoのソースから酢の少し酸っぱさが感じられます。Tahu Tepoのスープは、ニンニク、ブラウンシュガー、塩、ガランガル、ベイリーフ、ラオスなどの素材で作られます。すべての材料は、煮た後、Tahu Tepoのそれぞれの皿にかき混ぜます。また、柔らかい食感は、風味豊かな豆腐と卵が一体となり、それを食べると、違った味わいがあります。

Tahu Tepoは、むかしからあるNgawi の独特な料理です。この料理は、通常、夕方から夜まで販売されています。価格は、比較的安いです。一食当たり12,000ルピアです。 Tahu tepoは、Ngawiの家族や政府のイベントにもしょっちゅう提供されます。また、この料理は、Ngawiの人々やNgawi以外の人々にも外で多く求められます。実際、Tahu tepoは、しばしばお土産のために買い求められます。スープは、数日間保存ができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、魅力的なよぴっくで、またお会いしましょう。

Read 55 times