Tuesday, 03 July 2018 14:00

Banyak島

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、アチェ州に位置するBanyak島をご紹介します。

インドネシアは、インド洋と太平洋の間に位置する最大の列島国です。2つの海の間に位置するインドネシアの地位は、世界的な波を持っています。インドネシアはサーファーの楽園になっています。さらに、サーファーのグループでは、インドネシアにはサーフィンをするために挑戦的な場所がたくさんあるため、インドネシアは、「サーフィンのディズニーランド」と呼ばれます。インドネシアの西側に、Simeulue諸島があります。このアチェ州に含まれた地域は、インドネシア洋の真ん中に位置するため、波が5メートルに到達し、アドレナリンの挑戦者の楽園になることは間違いありません。Simeulue諸島以外に、サーファーの楽園になるアチェ州はBanyak島も持っています。

Banyak島は、インド洋に接する島の群から構成されます。正式に、この島はスマトラ島の西端に位置しています。この島の面積は、27千ヘクタールを持って、Banyak島は、99島から構成されたので、Banyak諸島としてよく呼ばれています。Banyak島は、アチェ州のAceh Singkil地区に位置する県です。Banyak島に行くためには、北スマトラ州のMedan市から行くほうがおすすめします。それは、Singkilへの距離はMedan市から一番近いです。Medan市からSingkilまでは、11万ルピアの料金のトラベルサービスで行けます。その後、Singkilから、Jembatan Tinggi港で、伝統的な船で25千ルピアの料金で借りることができます。

諸島地域として、Banyak島は、十分な海お広さだけではなく、非常に長く美しい海岸も持っています。サーファーの楽園として、Banyak島で波のポイントは、12カ所があります。波の高さは、6キロメートルの高さまで到達します。最も訪問されたサーフィンポイントはBangkaru島のAmandangan海岸とPelanggaran海岸です。サーファーの楽園に加えて、Banyak島には、数千人のサンゴと海洋の生物があります。Banyak島の水中生物多様性を楽しむために、ガラスから作られた船の床に乗って、シュノーケリングやダイビングなどをすることもできます。ダイビングとシュノーケリングは、Tailana島、Rago-rago島、Matahari島、Pabisi島、Sikandang島の海岸からすることができます。

パソナインドネシアを終わります。明日も他の興味深いトピックでまたお会いしましょう。

Read 12 times