Wednesday, 04 July 2018 11:42

コモド国立公園の入り口であるGili Lawadarat

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、コモド国立公園の入り口であるGili Lawadaratをご紹介します。この放送は、di www.voinews.idで聞くことができます。

コモド国立公園は、正式に世界の自然の驚異7つのうちの一つになった後、ますます世界的になっています。この地域にある自然の美しさは、のはもったいないです。。実際には、この観光地に入る前に、Lawadarat 島見ないで通りすぎでしょう。現地語では、Gili Lawadaratと呼ばれています。

コモド島に到着する前に、観光客は、最初に Gili Lawadaratを通過します。この島は、コモド島の北部に位置し、1980年以来コモド国立公園の島に含まれています。この場所で、興味深いのは、海の広がりととてもエキゾチックな小さな島のれです。

Gili Lawadaratは、コモド島、リンチャ島、およびパダール島のほかに、世界で最大のトカゲの生息地を保護しちる島の一つです。ほとんど全島が、草で覆われています。この草は、訪問した観光客を引き付けました。のんびりしたい人には、島の頂上まで30分間のトレッキングをして、より美しいエキゾチックな美しさのパノラマを楽しむことができます。

Gili Lawadaratを訪れるのに最適なタイミングは、日の出前です。その時間、本当に素晴らしい日の出を見ることができます。運が良ければ、太陽と月の美しさを同時に見ることができます。また、海の水面も、この場所をより忘れられない美しさにしています。

この観光地を訪れる場合は、ロンボク島またはフローレス島の2つのルートを通ることができます。しかし、時間を節約するために、フローレスルートを使用するとよいでしょう。なぜなら、フローレスの空港の一つが、ラブアン・バジョにかなり近いからです。ラブアン・バジョからは、旅は、数時間、ボートでGili Lawadaratに向かいます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 104 times