Monday, 09 July 2018 09:14

西ヌサトゥンガラ州のGENDANG BELEQの楽器

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、西ヌサトゥンガラ州のGENDANG BELEQをご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

国家の文化や伝統は、国家のアイデンティティーです。文化によって、私たちが本当に誰で、どこから来るのかがわかります。インドネシアの文化と伝統は、Gendang Beleq を持つ西ヌサトゥンガラ州のようなそれぞれの地域が独特でユニークなな文化を持っているため、数多くあります。より正確には、このGendang Beleq は、西ヌサトゥンガラ州ロンボク島のササク族の伝統文化です

Beleqは、大きなと言う意味のSasak言語に由来しているので、Gendang Beleqは、大きなドラムを意味します。当初、Gendang Beleqは、、戦争に行き、帰って来た兵士ますために作られました。その音は、王国を守るために犠牲をはらう兵士をより勇敢にすると信じられていました現在、Gendang Beleqは、結婚式、割礼、赤ちゃんの散髪Aqiqahという赤ちゃんの誕生のお祝い、その他の伝統的な儀式として行われています。

このドラムは、ロンボクで繁栄するメランティの木でできています。Gendang Beleqででは、 Beleqドラム、大きな共鳴音を発生させます。ドラムは、直径50センチメートル、長さ1.5メートルの木の幹から生成され、中間部分に穴が開けられ、次にヤギ、牛、または水牛の皮で覆われています。Gendang Beleqは、グループで演奏される伝統的な楽器です。したがって、Gendang Beleqは、通常、ゴング、テンパンプン、メンスク、オンサー、フルートなどの他の楽器と一緒に演奏されます。しいで、Gendang Beleqのショーは、盛り上がります。

Gendang Beleq の演奏者は、 "Sekaha"と呼ばれます。 Sekahaは、メインドラムの2人演奏者構成されています。 Sekahaの演奏者たちは、「サポ」というロンボク島の典型的なヘッドバンドを含む、ロンボクの伝統的な衣装を着用します。このドラムは、大きいですがSekahaは、首や肩にぶら下Gendang Beleq を演奏するの困難はありません。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 12 times Last modified on Tuesday, 10 July 2018 10:01