Tuesday, 10 July 2018 12:32

インドネシアのポリグロットは、インドネシア外交の一部

Written by 
Rate this item
(0 votes)

インドネシアのポリグロットは、78日日曜日、ジャカルタのFilateliビルで、インドネシアポリグロットの全国会議を再び開催します。インドネシアのポリグロットは、英語だけでなく、いくつかの外国語を話す能力を持つインドネシアにいる人々が集うコミュニティです。インドネシア外務省の公共外交ディレクター、Azis Nurwahyudi氏は、この会議の演説で、インドネシアのポリグロットは、インドネシア外交の一部だと語りました。彼によると、このコミュニティは、友情エージェントとして重要な役割を果たしたり、インドネシアと世界中の人々を繋いでいるということです。

インサート :ポリグロットは、友好関係のエージェントであり、インドネシアの外交の一部です。ポリグロットは、より美しく人と人とげることができます。私は、友人が大きな可能性を持っていると思いますポリグロットとしての友人は、いくつかの言語を習得しました。友人は、他の国の友人と彼らの言語でコミュニケーションするとき、外交官になります。友人は、友情機関を作り、人と人いでいます。

Azis Nurwahyudi氏は、インドネシアのポリグロットのメンバーが、世界共同体に平和のメッセージを伝え、その言語スキルを使って、文化的多様性、自然の美しさを持つインドネシアの国について説明することができると期待しました。また、コミュニティのメンバーは、2018年アジア大会、世界銀行と国際通貨基金年次総会など、インドネシアで開催されるいくつかの国際イベントに貢献できることを望んでいます。


Read 37 times