Tuesday, 10 July 2018 12:44

類似点を持つアルゼンチンは、インドネシアが国連安全保障理事会の非常任理事国選出された事を歓迎

Written by 
Rate this item
(0 votes)

在ジャカルタアルゼンチン大使館は、79日月曜日中央ジャカルタで、アルゼンチンの国民の日の202周年を開催しました。在ジャカルタアルゼンチン大使Ricardo Luis Bocalandaroは、演説で、アルゼンチンとインドネシアは、密接な関係と類似点を持っているパートナーだと語りました。Bocalandaro大使は、アルゼンチンとインドネシアは国際平和と安全の分野で同じ価値を持っていると述べました。したがって、アルゼンチンは、とても喜びました。なぜなら、インドネシア、国連安全保障理事会の非常任理事国に選出されたからです。

インサート :インドネシアとアルゼンチンが共有する類似点の中には、国際社会の原則に対する深い敬意があります。インドネシアとアルゼンチンは、非介入領域と完全性の原則を完全に尊重し、すべての国際紛争の解決は、国間外交、議論、交渉を通じて行います。我々は、現在、インドネシアの原則が、我々の原則であることを知っているので、インドネシアが国連安全保障理事会に加盟していることを非常に喜ばしく思います。

Bocalandaro大使は、アルゼンチンとインドネシアは、両国がG20のメンバーである類似点を持っていると語りました。G20は、経済が最も重要な国です。今年末、G20の国家元首は、アルゼンチンのブエノスアイレスで開催されるG20サミットに集まる予定です。アルゼンチンは、ジョコ・ウィドド大統領を歓迎するでしょう。Bocalandaro大使は、依然としてスカルノ大統領のアルゼンチンへの訪問を覚えています。なぜなら、最初のインドネシア大統領スカルノは、非同盟運動の創設者だったからです。彼は、類似点を持つことで、将来、両国が所有する関係は、より密接になると期待しました。

Read 19 times