Wednesday, 11 July 2018 12:54

TAHU TEPOという東ジャワ州NGAWI地区の料理の一つ

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、TAHU TEPOという東ジャワ州NGAWI地区の料理の一つをご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

多くの人は、東ジャワ州典型的なのNgawi地区にある伝統的な料理について知りません。実際には、Lethok, Ledre, Wedang cemueTahu Tepoなど、他の地域の料理にらない味の伝統的な料理がかなりたくさんあります。しかし、今回の、ペソナ・インドネシアは、Tahu Tepoについて話しします。

Tahu TepoまたはTepo Tahuは、Tepo Tahu(豆腐)及び様々な他の材料から作られるNgawiの伝統的な料理です。Tepoは、円錐を意味するジャワ語に由来しています。これは、Tahu Tepoの料理で使用されるLontongの形をします。この食べ物は、一見、Lontong Tahu またはKupat Tahuに似ていますが、もちろん、それらとは違った独特の味があります。

Tahu Tepoの味は、非常にユニークです。スープは、スパイシーで、甘くて酸っぱいです。なぜなら、このスープは、醤油、タマリンドジュース、ニンニク、青唐辛子、黒糖、塩などを混ぜた調味料で構成されているからです

Tahu Tepoを作るプロセスは、まず、TepoTahuなど、主原料を準備します。Tahuは、卵をって、揚げます。準備ができたら、Tepoと一緒に切り分け、皿の上に置きます。その後、スライスしたキャベツ、もやし、揚げたピーナッツ、揚げたタマネギ揚を加えます。最後に、スープをその上にぎ、クルプックをえます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 44 times