Thursday, 12 July 2018 12:20

2018年のIIDSセミナーのトピックスは、国防大臣の政策に基づくもの

Written by 
Rate this item
(0 votes)

インドネシア防衛大学は、「共通の安全保障上の課題に対処するための防衛外交の強化」というテーマで、インドネシア国際防衛科学IIDSのセミナーを再び開催しました。この、2回目のIIDSセミナーは、711日と12日の2日間 開催され、711日 水曜日 ジャカルタで、Wiranto政治法務治安調整大臣により正式に開かれました。防衛大学のYoedhi Swastanto学長は、セミナーの開会式後、このテーマは、世界的な安全保障上の課題と、地域レベルおよびグローバル レベルでの戦略的環境ダイナミクスに対処するために取り上げられたと語りました。彼は、この国際セミナーのテーマの決定は、防衛大臣Ryamizard Ryacuduの いくつかの政策に基づいていると述べました。

インサート ;一般的に、アジア太平洋地域の共通の安全保障上の課題に対処するための防衛外交強化のテーマについては、特にアジア太平洋地域の潜在的な脅威を予測する上で、すでに伝えられている 国防大臣の政策が何であるかを説明しています。テロリスト問題、南シナ海問題、北朝鮮問題、ロヒンギャ難民の4つの重要な問題があります。そして、同様に重要なことは、サイバー問題です。

一方、2018年の IIDSセミナーの会長である防衛大学の防衛の経営学部、Amarulla Octavian学部長は、防衛大学のプレス リリースで、学問的成功、成果の成功、実施の成功など、セミナーには3つの目標があり、国内および国際的な他の学問研究と同等の学問としての防衛科学の認識を達成することに焦点をあてていると報告しました。また、この国際セミナーには、スピーカーである防衛専門家が24名います。彼らは、14カ国の代表、3つの国際機関の代表者、インドネシアの様々な関連機関の専門家で構成されています。

Read 36 times Last modified on Friday, 13 July 2018 12:21