Monday, 23 July 2018 06:36

東南スラウェシ州のLABENGKI島

Written by 
Rate this item
(0 votes)

ペソナインドネシアの時間です。今日は、東南スラウェシ州のLABENGKI島をご紹介します。

ラジャアンパットを知らない人はいますか?パプアの4つの美しい島々は、多くのローカルおよび外国人観光客が訪れる海洋観光地となっています。最近、ジョコ・ウィドド大統領は、ラジャアンパットで新年を祝います。それに隣接する島々の美しさは、スラウェシ島で楽しむことができます。そこには、スラウェシ島のラジャアンパットとして知られているLabengkiの島々があります。それは、観光地が、さまざまなポイントで、海に向かって大きなサンゴ礁から成るラジャアンパットとほぼ同じニュアンスなので、スラウェシ島のラジャアンパットと呼ばれます。大小のサンゴの島々は、大型Labengki島と小型Labengkiにマッピングされます

Labengki島は、東南スラウェシ州のKonawe Utara地区LasoloLabengki村に位置しています。距離は、クンダリの街の中心部から約70キロです。島は、いくつかの大規模なサンゴ島と小さなサンゴ島で構成されています。クンダリ市内中心部からは、クンダリのポートに直接行くことができます。ポートからは、Labengkiに行くのに、船やボートを借りることができます。費用は、船舶の所有者との交渉によって異なります。気象条件によりますが45時間かかります。幸運ならば、旅行中、イルカのれが、泳いでいるのを見ることができます。

Labengki島には、スラウェシのバホ部族や海部族が住んでいます。島は、白い砂浜と澄(す)んだ海の水の美しい自然景観があります。美しい土地だけでなく、Labengkiはまた、水中の美しさもあります。ここは、多くの美しいダイビングスポットがあります。ダイビングの時に、自然のままのLabengki海洋生物を見ることができます。美しいサンゴや多様な海洋生物は、約2メートルの深さで楽しむことができます。ラウンドテーブル、木の、煙突、亀の殻の形のサンゴが、海底に混乱しています。カラフルな小魚が、周辺にっています。Labengkiはまた、ユニークな水中の自然があります。島の周辺海域では、巨大な二枚貝やイガイ(シャコガイ)の様々な種を見つけることができます。保護されている希少動物は、20メートルの深さまでサンゴ礁の傍観(ぼうかん)に住んでいます。この島にキマ種は、世界の最大のキマ種として知られています。したがって、Labengki島の領域は、研究、保全、キマの繁殖(はんしょく)の場所となっています。

ダイビングに加えて、Labengkiで行うことができる他の活動は、釣りです。釣れる魚の種類は、ハタ、バラクーダ、バショウカジキ、キハダマグロ、鯛などの非常に多様です。釣れた魚は、直接焼て夕食の食事メニューにすることができます。Labengki島への旅は、非常に楽しめます。残念ながら、この島に、宿泊施設はありません。ここで夜を過ごしたい場合は、テントを立てるか、地元の人々の家に滞在することが必要です。

これで、ペソナインドネシアを終わります

Read 77 times