パソナインドネシア

パソナインドネシア (255)

12
November

パソナインドネシアです。今日は、東ジャワ州バユワンギのGESENG BANGSONGの料理をご紹介します。

東ジャワ州のバユワンギへの料理ツアーでは、ウィットウィタン市場を訪れるなければなりません。バニュワンギで注目されている この伝統的な市場は、バニュワンギ県のSingojuruh郡、Alasmalang村にあります。この伝統的な料理市場は、毎週 日曜日の朝、午前6時から午前10時まで開いています。葉が生い茂った木の下で、バニュワンギの伝統料理をお楽しみいただけます。それらの1つが、Geseng Bangsongです。 Geseng bangsongは、SingojuruhSingolatren村、Wijenan Kidul集落の独特な料理です。

このしいメニューは、Entokというアヒルが材料です。アヒルを材料とする料理は、滅多にないために 珍しいと言われています。ここに 若いワダンの葉からのユニークな酸味のスパイスをえます。Singojuruh郡、Singolatren村、Wijenan Kidul集落では、ワダンの木が自生しています。葉の酸味は、肉の生臭さを消します。主材料として使われるアヒルは、大きな物でなければ なりません。そのため、いつも 雄のアヒルが、Geseng Bangsong料理に使われます。若いワダンの葉のほかにも、色々なスパイスが この料理に使われます。

食べてみると、Geseng Bangsongは、辛くて香ばしいです。辛さがワドゥンの葉の酸味と混ざり合い、本当においしい調味料となります。バニュワンギでは、この料理は通常、イスラム教の宗教行事の際に出されます。例えば、預言者の誕生日、Idul Fitri(レバラン)祭日、Idul Adha(犠牲祭)祭日などです。しかし、今では、Geseng Bangsongは、ウィットウィタンの伝統的な料理市場で楽しむことができます。

Geseng Bangsongは、アヒル 一羽あたり200,000ルピアで販売されています。  一皿は、 20,000ルピアから 25,000ルピアです。ウィット・ウィタン市場で楽しめる他の特別な食べ物は、Rawon  AlasSego Cawukです。ティウルやガトーなどの伝統的なおやつもあります。また、飲み物には、ジャムーやセンドルアイスがあります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

08
November

パソナインドネシアです。今日は、西ジャワ州のKETUK TILUダンスをご紹介します。

昨年113日、1000人以上の人々がバンドンのゲドゥン・サテの前でケトゥク・ティルを踊りました。ダンサーは、プロのダンサーから一般の人まで、5歳から70歳までの子供たちが混在していました。ダンサーの大半は、バンドンの住民です。他の数十人は、ジャカルタ、ボゴール、チレボン、パンガンダランなどの様々な地域から来ました。参加者は、ほぼ大半が女性でケバヤの衣装、布、スカーフを着て来ました。一部の男性も、カラフルなスカーフで踊ります。彼らは、自分で踊ることもできますし、ステージでケトゥク・ティルのダンスガイドの動きに従うこともできます。ケトゥク・ティルのマスダンスは、若者の誓いの日を記念して、2019年の西ジャワフェスティバルをいっぱいにするために開催されます。

今回のパソナインドネシアの番組のエディションは、ケトゥク・ティルダンスを紹介します。ケトゥク・ティルダンスは、社交ダンスのカテゴリに含まれている西ジャワのフォークダンスであり、ジャイポンガンダンスの先駆けとなります。このダンスは、通常、結婚式や閉会時に開催されるエンターテイメントダンスです。かつて、ケトゥク・ティルダンスは、デウィスリへの感謝として稲刈りを歓迎する儀式でした。儀式は、夜間に行われ、を伴う少女がパレードし広い場所で止まります。今、ケトゥク・ティルダンスは、社交ダンスとエンターテイメントになります。特定の村では、ケトゥク・ティルダンスのパフォーマンスが、夜通し行われることがよくあります。

ケトゥク・ティルという用語は、主伴奏者としてのボナン楽器の3拍子します。他の楽器は、バイオリン、大太鼓、小さなクランターです。ケトゥク・ティルには、動的な動きがあります。また、ダンス、歌、打楽器の要素と統合されたペンチャクシラットの基本的な動きがあります。女性のダンサーが着る衣装は、ケバヤ、シンジャン(長い布)、ベルト、ブレスレットやネックレスなどの様々なアクセサリーです。男性ダンサーについては、Kampretというダークカラーの服(西ジャワの伝統的なケセプハンの伝統的な衣服、Pangsiズボン(長さが足首えないルーズパンツ)、ヘッドバンド、革のベルトを着用しています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

04
November

パソナインドネシアです。今日は、マルク州のLawenaビーチをご紹介します。

アンボン市にあるビーチが提供する自然の魅力は、バリ島のクタビーチなど、インドネシアですでに有名な他のビーチと同じくらい美しいです。アンボン市の海岸にある多くのビーチの中には、 Lawenaビーチという驚くべき海の美しさがあるためかつて人気があったビーチが1つあります。

このビーチは、美しい白い砂浜に囲まれ、緑の木々を背景にしています。海岸の水は、とても澄んでおり、海洋生物の豊かさを守っています。したがって、ダイビングが好きな訪問者に適しています。多種多様な魚とサンゴ礁は、きれいな海の深さで歓迎します。Lawenaビーチで、訪問者は、おいしいココナッツフルーツを楽しむこともできます。なぜなら、これらの植物は、ビーチの周りで大量に成長するからです。

このビーチツアーは、南レイティムール地区の村であるフトゥムリ村にあります。Lawenaビーチの観光地は、約1時間かかります。実際には、アンボン市の中心部とビーチの間の距離は、それほど遠くありませんが、撮影されたルートは、山道であり、撮影されたパスも不十分であるため、この観光地は、まだ多くの観光客が訪れていません。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

01
November

パソナインドネシアです。今日は、バリ島のSATE LILITの料理をご紹介します。

バリは、ストリートフードで世界の50の最高の都市の1つです。ストリートフードに夢中な旅行者の世界のベスト50都市は、ハイエンドの読者層を持つビジネス誌であるCEOWORLD 誌によって決定されます。バリは、最高の50都市のうち45位にランクされています。このデータは、CEOWORLD誌が委託した86か国の92,000人のビジネス旅行者と1,400の企業旅行代理店による年次調査の結果です。

パソナインドネシアの番組のエディションは、観光客のためのお気に入りの道端の食べ物の1つ、Sate Lilitを紹介します。Sate Lilitは、典型的なバリのサテの変種の一つです。Sate Lilitは、魚の肉、鶏肉、または牛肉から作られ、ったココナッツ、ココナッツミルク、ライム、タマネギ、コショウが混ぜ合わされています。味付けひき肉は、竹の茎またはレモングラスに取り付け、炭火で焼きます。食べると、とても美味しく、特に温かいご飯と一緒に食べます。 Sate Lilitは、バリ市内の様々なコーナーで簡単に見つかります。価格は、比較的安いです。スティックごとに3,000ルピアから5000ルピアまでです。

Sate Lilitを作るプロセスは、常に、生地を混ぜ、動物を屠殺し、包み、くまで男性にねられてきました。これらの男性によって実行される傾向があるこのプロセスから、Sate Lilitは、男性の生活と男らしさにおいて強い哲学的意味を持っています。また、地元の人々は、Sate Lilitを作ることができない男性がいる場合、彼のらしさがわれると信じています。バリでは、Sate Lilitは通常、神への敬意と感謝の形として宗教的な儀式や大規模なイベントを開催する際の供物のために作られています。さらに、毎日消費することもできます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

28
October

ソナインドネシアです。今日は、ジャカルタのSumpah Pemuda(青少年宣誓)博物館をご紹介します。

Sumpah Pemuda(青少年宣誓)博物館は、中央ジャカルタのクラマトラヤ通り106号にあるインドネシア共和国の独立闘争の歴史博物館であり、インドネシア共和国の文化観光省によって管理されています。この博物館には、1928年の青少年宣誓の歴史に関連する写真とオブジェクトのコレクションがあり、インドネシアの青少年国家運動の活動もあります。

青少年宣誓博物館は、1972年のジャカルタ特別州知事令に基づいて設立され、国の指定文化遺産になりました。青少年宣誓書が読み上げられた場所であるクラマットラヤ通りの建物は、学生のための寄宿舎したこの建物は、197343日から520日までジャカルタ特別州の地方政府によって再建され、1973520日にジャカルタ州知事であるアリサディキンによって青少年宣誓ビルとして発足しました。この建物は、1974520日にスハルト大統領によって再び公開を宣言されました。

 2007には、コレクションの総数は、2,867で、主要なコレクションは、19281027日と28日に第2回青少年会議が計画および実施された場所であるKramat 106ビルでそのほかに博物館が所有するコレクションには、青少年団体からの2117枚の写真、35の組織旗、11の青年人物像、Wage Rudolf Supratmanのバイオリンなどが含まれます。これらのコレクションは、青少年宣誓年表に従って配置されています。

これで、ソナインドネシアを終わります。明日も他の興味深いトピックで、またお会いしましょう。

25
October

https: img-z.okeinfo.net content 2017 02 21 298 1624357 food-story-menjajal-rasa-klasik-roti-gambang-paling-legendaris-di-jakarta-1sjwWhEHX5.JPG

パソナインドネシアです。今日は、ROTI GAMBANGGAMBANGパン)をご紹介します。

20191016日、世界パンの日と同時期に、CNN.comは、世界で最高の50のパンのリストをリリースしました。最高のパンは、旅行および料理のライターでもあるペストリーシェフJen Rose Smithによって管理されています。これらの最高の50個のパンが選ばれたのは、そのユニークな食材、象徴的な地位、およびパンを食べる際のシンプルさのためです。リストに含まれているパンの1つは、ROTI GAMBANGGAMBANGパン)です。GAMBANGパンは、スマランでも知られている典型的なベタウィ食品です。スマランの人々は、その硬い質感のために、奇妙な鉄道パンとして知っています。GAMBANGパンは、オランダ植民地時代から存在し、1990年代まで人気がありました。当時、GAMBANGパンは、小さな子供からお年寄(としよ)りまで様々な背景から愛されていました。

Gambangパンは、チョコレートとシナモンの香りと組み合わされた硬くてしっかりした食感を持っています。色は、茶色がかっており、ゴマがらばっています。このパンは、カルダモンなどのインドネシア産のスパイスで作られており、小麦粉(こむぎこ)、砂糖、卵を混ぜたものです。このパンの甘みは、ヤシ糖とシナモンの甘い香りに由来しています。硬い食感のため、たった2個食べるだけで満腹になります。ラマダン断食やダグデランのお祝いの前の伝統では、このパンは、スマランの人々にも奪い会いになります。地元の人々は、このパンを食べることで、断食で体力を強化できると考えています。

毎日の消費に加えて、ジャカルタのBetawiの人々は通常、病気のお見舞いを人を訪問するときにGambangパンを購入します。 Gambangパンは通常、午前と夕方に販売されます。なぜなら、その時間は、多くの買い手がいるからです。朝と夕方は、確かにGambangパンを楽しむのに適した時間です。通常、このパンは、コーヒーや温かいお茶で楽しめます。現在、このパンを販売しているパン工場のいくつかが廃業しているため、この伝説的なパンを見つけることは非常に困難です。しかし、まだいくらところでは、Gambangパンを販売している他の人はまだいます。Gambangパンの価格は、比較的安いです。1パンあたり 4,000ルピアから5000ルピアまでです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

23
October

パソナインドネシアの時間です。今日は、西スラウェシ州のAlu村の魅力的な竹林をご紹介します。

風と竹の葉がぶつかり合う音が、この観光地であなたを歓迎します。緑豊かな竹の木が、訪問者を太陽の光から守ります。西スラウェシ州のPolewali Mandarには、自然の観光がたくさんあります。それらの1つは、Polewali Mandar 県のAlu地区のAlu村の内部にある竹林観光地です。この20ヘクタールの竹林は、Polewali Mandar 県の首都であるPolewali地区から約60 キロメートルにあり、二輪車または自動車を使用して、約1時半の移動でアクセスできます。

昔の田舎のような雰囲気は、この竹林エリアの真ん中に見られます。なぜなら、いくつかのガゼボ、小さなコテージ、会議室、竹で作られた礼拝室があるからです。観光地としての竹林の活用は、ここ数年の間に始まったばかりです。それは、地域の中心部で開催された芸術文化祭から始まって、この竹林がより広く人々に知られるようになりました。それ以来、竹林地域には、旅行、キャンプに加えて、政府の会議や結婚披露宴の場所としても使用され、多くの人が訪れます。竹林は、竹林という言葉を聞いたときに多くの人々が想像するものとは大きく異なります。地元の人々は、この竹林の世話を続けることで経済を改善できる大きな可能性を認識しており、訪れる観光客に様々な活動の選択肢を提供しています。 

訪れる観光客の思い出を補完するために、この竹林エリアには、もちろん、いくつかの今時で興味深い写真スポットが設置されています。観光客はしばらく、岩の多い川を流れる水の流れを見て、穏やかな風のために竹の葉が互いに擦れ合う音を楽しむことができます。この観光地に興味がありますか?または、ユニークな結婚披露宴を計画していますか? Alu村の竹林は、その選択肢になります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

16
October

パソナインドネシアの時間です。今日は、バンテン州の魅力的なBATU HIDEUNG(黒い石)ビーチをご紹介します。

バンテン州パンデグランのタンジュンジャヤにあるBATU HIDEUNG(黒い石)ビーチは、インドネシアのバンテン州パンデグラン県のパニンバン地区のタンジュンジャヤ村にある観光名所の1つです。この経済特区に含まれるビーチは、観光客がめったに訪れないビーチの1つです。美しくないからではなく、多くの人が知らないからです。このビーチは確かに、2018年末の津波の一掃の影響を受けた場所の1つです。しかし、今では、この景色は、津波災害前よりもはるかに美しいと考えられています。

確かに、この地域のいくつかのビーチは、きれいに見え、津波が襲った後の水はより澄んでいます。Batu hideungビーチを訪れた場合、多くの変化は、はっきりと見ることができません。そびえ立つ岩は、まだビーチの端に立っています。このエキゾチックなBatu hideungビーチは、カメラレンズで撮影するとさらに感じられます。西側の適切な場所は、ゆっくりと沈んでいる太陽であなたの視覚をまてなします。この比較的未使用なビーチには、大きな駐車場と休息するヴィラ以外の施設はありません。そのため、このビーチを訪れるときに、すべての必要品を準備する必要があります。

Batu hideungという名前は、黒い石を意味するスンダ語に由来しています。この名前は、ビーチの端を飾る非常に多くの黒い岩があるので、人々によって与えられました。多くの岩にもかかわらず、泳ぐことができ、このビーチの水中の美しさを楽しめます。ここには、まだで魚をる漁師もいます。訪問者は、漁師の手から直接購入して自分で調理することができます。これは、休暇を取るための新しい冒険になる可能性があります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

14
October

Pura Batu Bolong jadi potensi wisata unik Buleleng

 

ペソナインドネシアの時間です。今日は、西ヌサトゥンガラ州のBatu Bolong寺をご紹介します。

Batu Bolong寺は、ロンボク島の海岸にある観光地の1つで、黒い石の上に建てられています。この寺の場所は、非常に便利で、西ロンボク島バトゥラヤール地区のBatu Bolong村にあり、スンギギビーチの観光中心エリアから約5分、マタラム市内中心部から約20分です。

歴史的には、Batu Bolong寺は、東ジャワ州出身のDang Hyang Dwijendraという名前の宗教指導者が、ジャワ島からバリ島、そして最後にロンボク島までヒンズー教を広めたとき、1533年に建てられました。この寺の名前は、それが建てられた黒い石の形から取られています。この丘の形の大きな岩は、海岸に面した側に穴があります。この穴は、西ロンボク県と北ロンボク県を結ぶ丘のふもとに大きな道路を建設する以前には、周囲の人々がスンギギの森で木材を探すためのアクセス道路でした。

水が後退している場合は、わずか5メートルの洞窟のようなこの石の穴を通り抜けることができ、長いビーチであるDudukビーチに直接行くことができます。ビーチの周りには建物がなく、小さな屋台がいくつかあります。15,000ルピアや20,000ルピアを寄付するだけで、寺エリアに入ることができます。門番は、あなたが寺のゲストであるという感謝の印として、腰に巻き付ける黄色のショールをくれます。寺のエリアに入るときはうるさくしすぎないでください。なぜなら、そこは礼拝所だからです。Batu Bolong寺周辺には、観光客がこの寺の周囲の自然の美しさをより長く楽しみたい場合に利用できる多くの宿泊施設もあります。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日、他の魅力的なトピックでまたお会いしましょう。

11
October

Kerupuk Basah Menu Andalan Saat Berbuka Puasa

パソナインドネシアの時間です。今日は、西カリマンタン州のれたクルプックをご紹介します。

インドネシアでクルプックを見つけるのは、難しくありません。この食べ物は、メインディッシュと一緒によく食べられます。クルプックは、実際には、エビまたは魚を混ぜるタピオカ粉から作られたスナックです。おいしくてカリカリです。ぱりっとした、乾燥した感じの一般的なクルプックと異なり、西カリマンタン州のカプアス・フル県のクルプックは、実際には、柔らかくてれているので、れたクルプックまたは地元の人々は、テメットと呼んでいます。

テメットは、長さが1525センチメートル、直径が約23センチメートルの縦長楕円形に形成されています。

このれたクルプックの味には、トーマン魚とベリダ魚という2つの優れたバリエーションがあります。それを作るために、ベリダの魚やトーマン魚の肉は、ニンニク、コショウ、香料および塩と混ぜられ、サゴ粉または白い澱粉が加えられます。次に、その生地を混ぜ、もっちりするまでねます。その後、楕円形に形成し、沸騰したお湯で調理されます。

調理後、濡れたクルプックは、食べる前に細かく切ります。それを楽しむために、通常、濡れたクルプックを提供する屋台は、個々の好みに応じて2種類のサンバルを提供します。濡れたクルプックを食べると、ごたえのある風味と魚の香りが組み合わさります。これらのスナックは、カプアス・フル地域を起源としていますが、ポンティアナック市を含むシンタン、セカダウ、サンガウなど、他の多くの地区でも見つけることができます。価格は、かなり手頃です。濡れたクルプックは、一皿で味とサイズに応じて10,000ルピア〜15,000ルピアです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Page 1 of 19