パソナインドネシア

パソナインドネシア (115)

08
August

パソナインドネシアの時間です。今日は、LemeaというBengkuluの典型的な料理をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

インドネシアは、独特で美味しい典型的な料理があることで有名です。その独自性は、それをどのように加工するかによってもたらされることがあります。食物の腐敗を防ぐために発酵によって加工された独特な食品があります。その一つは、北Bengkulu Lebong 地区、Kepahiangの食品であるLemeaです。

Lemeaは、レジャン族特有の発酵食品です。 Rejang部族は、Bengkulu州に広く住んでいる民族部族の一つです。この発酵食品の主な材料は、タンパク質、アミノ酸、炭水化物抗酸化物質などの多くの栄養素を持つタケノコまたは若い竹です。通常、Lemeaでは、タケノコは、魚と混ぜ、発酵させます。使用される魚は通常、ティラピアまたはセイフフィッシュです。

Lemeaを作るプロセスは、確かに長い時間かかります。なぜなら、その過程で、この料理の基本的な材料は、発酵させなければならないので、3日ほどかかるからです。作るの方法は、まず、刻んだタケノコと魚を混ぜます。次に、両方の材料の混合物をよくかき混ぜます。その後、密封容器に3日間放置します。3日後、発酵の済みのものは、ココナッツミルクと赤玉ねぎ、ニンニク、、唐辛子、レモングラス、砂糖、塩など、スパイスの混合物で調理して再加工します。

Lemeaには、独特の味があります。インドネシアの他の郷土料理に味は、負けていません。発酵によって得られた酸っぱさや調味料の辛さは、いつもそのおいしさを想像させるだろう。いまでも、Bengkulu郷土料理を楽しむ人が、まだまだたくさんいます。加工された製品は、かんずめで、日本に輸出されます。 Bengkuluで、料理は、まだ毎日のホームフードメニューです。 Lemeaを味わってみたいと見ったら、このメニューがあるレストランがたくさんあるので、すぐに見つけられます

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

07
August

パソナインドネシアです。今日は、西スマトラ州にあるNgalau Indahをご紹介します。

Payakumbuhは西スマトラ州での一つの都市です。この都市は、高地とやまに囲まれているため、この都市の空気は、涼しいです。少なくとも、この都市から頂上を見ることができる3つの山があり、それは、Sago山、Marapi山、Singgalang山です。Payakumbuh市の丘の上からの街のパノラマの美しさは、観光名所になります。その一つは、Ngalau Indah頂上です。この自然観光地は、都市のパノラマの美しさと自然の観光洞窟の雰囲気を合わせています。

Ngalau Indahは、Payakumbuh市の中心部から4キロメートルぐらいで、Bukittinggiから31キロメートルぐらいです。Ngalau Indahに入るために、1人当たり7000ルピアを払う必要があります。ゲートから入った後、様々な植物や高木の緑の眺めで歓迎されています。ゲートから約300メートルぐらいに、訪問することができる美しい洞窟があります。この大きな洞窟では、まだよく保存されている鍾乳石と石筍の美しさを見ることができます。この洞窟は、10メートルぐらいの高さを持つ天井の亀裂の間に、コウモリとツバメの群れが住んでいます。この洞窟では、小道と道を照らすための光があるので、迷うことに恐れる必要はありません。

海面上の640メートルの高さを持つ洞窟の中では、ユニークで非常に特徴的な形の岩があります。その一つは、Gong岩です。Gong岩は、洞窟の入り口の左側にあります。ユニークな形で、この岩を大きな音の反射を作り出します。象とキノコに似た形が並んで並んでいる2つの石もあります。この洞窟の長さは約80メートルです。

洞窟を探検することに加えて、Ngalau Indahに訪問するとき、あなたはPayakumbuh市のパノラマを全体的に見ることができます。あなたは洞窟の上に向かう道を歩くことができ、海面上の1500メートルの高さを持つSimarajo頂上があります。この頂上からPayakumbuh市の美しさを見ることができます。この観光地にはレストランやプールもあります。泳ぎたい観光客には、1人当たり10.000ルピアの入場券を払うことで、泳ぐことができます。

これでパソナインドネシアを終わります。明日も他の興味深いトピックでまたお会いしましょう。

06
August

パソナインドネシアの時間です。今日は、東ジャワ州のSAPI SAPIANの伝統をご紹介します。この放送は、voinews.idで聞くことができます。

ジャワの人々は、様々な儀式があります。例えば、東ジャワ州Banyuwangi地区Glagah区のKenjoの村人行われるジャワのカレンダーのSuro1日やヒジュリのムハラムの1日を歓迎することです。この村の人々は、この地域失われていた伝統を復活させようとしています。その伝統は、Sapi-Sapianの伝統です。

Sapi-Sapianの伝統は、地元の村の起源に関するものです。この伝統は、1700年代に形成された村の始まりを表しています。3人のブギス人、現在、Kenjo 村にある低木の後ろに水源を見つけました。水源の発見は、土地を開く先駆者となりました。彼らは、ための動物を知らなかったので、人間の力で耕すように強制されました。そのうち2人は、り、もう1人が、そのしていました。まもなく、彼らは、最終的に畑を耕すために使用できる牛を見つけました。この起源のために、Kenjoの村人は主に、牛を使って畑をします。

Sapi-Sapianの伝統は、1962年以来途絶えていました。しかし、2012年頃から、人々は、伝統を復活させました。 Sapi-Sapianの伝統は、牛のような服を着た何人かの男がすきを背負い、村の周り行進しま。彼らの背後には、伝統音楽を伴った村人がいま

Sapi-sapianの伝統で、村人は、地面り、畑をし、米のを植え、害虫駆除し、収穫の方法など、農業の良い方法を確認します。これは、この村人の農仕方再び思い出させることを目的としています。また、豊かな実りのために神に感謝のを表明することを含みます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

03
August

パソナインドネシアの時間です。今日は、中部ジャワ州のASRAH BATINの伝統をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

中部ジャワ州グロボガン地区ケダンジャティ区のカラングラング村人は、2018729日、タンタン川の端に集まりました。そこで、彼らは、グロボガン地区ケダンジャティ区のNgombak村の反対側に向かう15メートル幅のTuntang川を渡るために集まります。この活動は「ASRAH BATIN」の伝統として知られています。数百年前から続いてきた文化的伝統で、Karanglanguの村人は、Karanglangu村とNgombak村を切る70センチメートルの深さの急流の川を渡しています。一方、Ngombakの村人は、最大のサービスでKaranglanguの村人の到着を歓迎します。一部は、川の端に守っています。また、エンターテインメント、芸術、様々なジャワの典型的な料理も展示されています。

Asrah Batinの伝統は、朝から午後まで始まります。朝から、住民は、Tuntang川の端に集まりました。2年ごとに開催される伝統で、Karanglanguの村長と村の職員は、装飾されたを使用して、Ngombak村の職員によって迎えます。一方、若者と老人の両方のKaranglanguの村人は、Ngombakの村人のガードの助けを借りて、徒歩で川を渡ります。Karanglanguの村人は、暖かさで歓迎しました。村ホールや地元の広場に集中しているNgombak村に到着と、大きなお祝いが待っています。

Asrah Batinの伝統は、Karanglangu 村とNgombak 村の創設者の祖先であると信じられているRaden SutejoRoro Musiah というKedhanaKedhiniの人物に対する人々の信頼に密接に関連しています。神話によると、KedhanaKedhiniは、兄弟です。彼らは、まだ小さいときに分離されました。Kedhanaは、Karanglangu村に定住しました。 Kedhiniは、Ngombak村に定住しています。両方の大人の後で、彼らは、お互いを愛し、ほとんど結婚するまで会いました。結婚は、長い間分離されていた姉妹であることが明らかになった後に、最終的には起こりませんでした。Asrah Batinの伝統は、KedhanaKedhiniを記念してKliwon日曜日に開催されます。Asrah Batinは、"Pasrah Batin"(インナーサレンダー)のための別の言葉です。起こった現実を誠実にしようとしています。Pasrah Batinはまた、創造主(神)に感謝の一形態です。創造主の許可ので、兄弟間の禁止の結婚は、最終的には実現しませんでした。

2つの村のKedhana Kedhiniの話は、単なるナンセンスではありません。墓や遺跡の存在によって証明されることに加えて、また、代々にかけて、Karanglangu村の男性と女性は、お互いを愛し、結婚することは禁止されます。両方の村の住民は、規制に違反すると、災害が発生すると信じています。現在、この伝統は、伝統的な儀式ではなく、Grobogan地区の観光スポットになっています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

01
August

パソナインドネシアの時間です。今日は、南スラウェシ州のBATU RAMANGの森をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

南スラウェシ州には、マロス地区と呼ばれる地区があります。ここには、。 Teletubiesの丘、Pinus Bengo-Bengoの森など、様々な種類の観光地があります。Pute川から遠くないところには、信じられないほどの景色があります。それは、Batu Rammang-Rammangの森です。

ユネスコは、2001年に、マロス・カルスト地区は、9つの要件を満たした自然保護区としました。これらの中には、ユニークな多様な生物やいくつかの洞窟の壁に残っている古代遺跡があります。この場所は、中国南部のYunnan (雲南)にあるカルストエリアの次に世界で2番目に大きいカルストです。

Rammang-Rammangの命名は、南スラウェシの言語に由来し、(きり)を意味します。地元の人々は、毎朝雨が降ったときは、通常、雲や霧で覆われているため、この場所をRammang-Rammangと呼んでいます。霧がこの地域を覆っているときを、田んぼの石柱の存在に加えて、風景がとてもエキゾチックに見えます。

Rammang-Rammangの観光地は、南スラウェシ州Maros 地区Bontoa Salenrang 村にあります。村は、マカッサル市の北から約40キロ付近にあります。ここへは、自動車で行くことができます。マカッサル市から出発する場合、約2時間かかります。しかし、ハサナディン空港から直行すれば、わずか30分です。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

30
July

パソナインドネシアの時間です。今日は、マルク州のBATU ANGUS観光地をご紹介します。この放送は、voinews.idで聞くことができます。

山の噴火は、必ずしも悲嘆ろしいことのニュースをもたらすわけではありません。この証拠は、噴火したガマラマ山の溶岩流が、今Batu Angusとして知られている自然の飾りになります。Batu Angusは、マルク州Ternata Utara Kota区Tarau村のTernate市にある好きな観光地のひとつです。

Batu Angusの観光地は、 "黒い宝石" Ternateと見なすことができます。なぜなら、Batu Angusは、黒い宝石でえているように見えるからです。宝石は、ガマラマ山のふもとから海岸まで広がっています。Batu Angusは、17世紀にガムラマ山が残っていた溶岩噴火であり、石に変わった溶岩は、燃やされた石のように見えます。それは、凍結された溶岩がい黒い色があるから、Batu Angusと呼ばれます。この石は、普通ですが、全体を見ると、この石のコレクションの別の美しさが見えます。

Batu Angusの観光地には、歴史的なサイトもあります。このサイトは、1945年の戦争で飛行機から飛び降りたときに、パラシュートが正常に開かれない日本人兵士の死の場です。また、フォードオレンジ要塞、Tolucco要塞、Kalamata要塞、Kastela要塞などの多くの植民地遺産の要塞も、観光地にあります。 Ternate で人気のある観光地でもあるTolire は、Batu Angusのパノラマの美しさを増加します。

 Ternate の環状道路区間の軸に位置する観光地は、3,000ルピアの関税で都市交通を利用したり、1時間当たり50,000ルピアのタクシーを利用したりすることができます。しかし、自家用車を使用する場合は、車の20,000ルピア、オートバイの5,000ルピアの入場料を支払うだけです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

23
July

ペソナインドネシアの時間です。今日は、東南スラウェシ州のLABENGKI島をご紹介します。

ラジャアンパットを知らない人はいますか?パプアの4つの美しい島々は、多くのローカルおよび外国人観光客が訪れる海洋観光地となっています。最近、ジョコ・ウィドド大統領は、ラジャアンパットで新年を祝います。それに隣接する島々の美しさは、スラウェシ島で楽しむことができます。そこには、スラウェシ島のラジャアンパットとして知られているLabengkiの島々があります。それは、観光地が、さまざまなポイントで、海に向かって大きなサンゴ礁から成るラジャアンパットとほぼ同じニュアンスなので、スラウェシ島のラジャアンパットと呼ばれます。大小のサンゴの島々は、大型Labengki島と小型Labengkiにマッピングされます

Labengki島は、東南スラウェシ州のKonawe Utara地区LasoloLabengki村に位置しています。距離は、クンダリの街の中心部から約70キロです。島は、いくつかの大規模なサンゴ島と小さなサンゴ島で構成されています。クンダリ市内中心部からは、クンダリのポートに直接行くことができます。ポートからは、Labengkiに行くのに、船やボートを借りることができます。費用は、船舶の所有者との交渉によって異なります。気象条件によりますが45時間かかります。幸運ならば、旅行中、イルカのれが、泳いでいるのを見ることができます。

Labengki島には、スラウェシのバホ部族や海部族が住んでいます。島は、白い砂浜と澄(す)んだ海の水の美しい自然景観があります。美しい土地だけでなく、Labengkiはまた、水中の美しさもあります。ここは、多くの美しいダイビングスポットがあります。ダイビングの時に、自然のままのLabengki海洋生物を見ることができます。美しいサンゴや多様な海洋生物は、約2メートルの深さで楽しむことができます。ラウンドテーブル、木の、煙突、亀の殻の形のサンゴが、海底に混乱しています。カラフルな小魚が、周辺にっています。Labengkiはまた、ユニークな水中の自然があります。島の周辺海域では、巨大な二枚貝やイガイ(シャコガイ)の様々な種を見つけることができます。保護されている希少動物は、20メートルの深さまでサンゴ礁の傍観(ぼうかん)に住んでいます。この島にキマ種は、世界の最大のキマ種として知られています。したがって、Labengki島の領域は、研究、保全、キマの繁殖(はんしょく)の場所となっています。

ダイビングに加えて、Labengkiで行うことができる他の活動は、釣りです。釣れる魚の種類は、ハタ、バラクーダ、バショウカジキ、キハダマグロ、鯛などの非常に多様です。釣れた魚は、直接焼て夕食の食事メニューにすることができます。Labengki島への旅は、非常に楽しめます。残念ながら、この島に、宿泊施設はありません。ここで夜を過ごしたい場合は、テントを立てるか、地元の人々の家に滞在することが必要です。

これで、ペソナインドネシアを終わります

20
July

パソナインドネシアの時間です。今日は、BANDA ACEHPULUT HIJAUのケーキをご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

Bireuenは、アチェ州の地区のひとつです。アチェ州の首都バンダアチェから223キロのところにあります。この地区は"闘争の街と呼ばれています。この呼び名は、Bireuenが、昔戦争時代に、侵略者の攻撃の度に直面する闘争の中心になるので、そう呼ば出るようになりました。闘争の街として知られているだけでなく、この地区は、自然の美しさでも知られています。 Bireuenは、Samalangaの滝, Jangkaビーチ, Batee Illek浴場, Ujong Blang ビーチ、Kuala Rajaビーチなど、楽しめる観光資源があります。

Bireuenの街の自然の魅力を楽しんだ後、様々な独特の料理をお楽しみください。その一つが、Pulut Hijauです。 Pulut Hijauは、アチェ特有の甘いケーキです。このPulut Hijauは、もち米、ココナッツミルク、砂糖、緑色になるパンダンの葉から作られます。プロセスは、シンプルで簡単です。まず、すべての材料を混ぜ、次にバナナの葉に包まれます。そして、炭を使って燃きます。調理すると、パンダンの葉の香りが、いっぱいに広がります。そのため、多くのPulut Hijauの商人は、店の前に炭のコンロを置いているので、香ばしいPulutの香りは、お客さんを引き付けます。

食べると、甘い味と美味しい緑色のPulut Hijauの香ばしさが、すぐに感じられます。これらのケーキは、通常、焼いてそのまま食べるか、ドリアン、サトウキビ水、コーヒーなど、他の組み合わせで食べることもできます。価格は、比較的安く、一つ、約1000ルピアです。このケーキは、Cot Batee Geuleungkuのエリアでお楽しみください。そこには、このケーキの売り手が多くいます。

Cot Batee Geuleungkuは、メダン・アチェ間の道路添いに位置し、途中の休憩場所です。陸上輸送でメダンからアチェに向かう途中の人のために、 Cot Batee Geuleungk立ち寄るできます。この場所には、Pulut Hijauケーキの他に、Mie Kocok Rujak Acehのようなアチェ特有の様々な食べ物や飲み物もあります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

18
July

パソナインドネシアの時間です。今日は、西ジャワ州スカブミのCILETUHジオパークをご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

Ciletuhジオパークの名前はまだあまり知られていません。しかし、Ciletuhジオパークは、ユネスコの評価によるグローバル・ジオパークとしての評価過程にあります。したがって、選考を通過すると、 Ciletuhジオパークは、正式にグローバル・ジオパークとして保護された世界自然遺産になります。これにより、インドネシアの名前は、美しさと自然な富の世界の舞台でもっと知られるようになるでしょうCiletuhジオパーク西ジャワ州スカブミのPelabuhan Ratuにあります。このジオパークは陸郎でアクセスできます。この観光地への旅行は、道路の地形がひどく損なわれているため、4WDエンジンを搭載(とうさい)した専用車またはレンタル車を使用することをお勧めします。ジャカルタからCiletuhジオパークへの旅は、約78時間かかります。

Ciletuhジオパーク非常に広々としています。この地域には、数十キロの海岸線を持つCiletuhの大きな湾があります。観光客は、どのビーチが水泳に適しているかを自由に選ぶことができます。Ciemas地区のビーチエリアから、Sukabumi Jampang地区の近くまでです。ビーチに加えて、観光客は滝でも泳ぐことができます。 Ciletuhジオパークのエリアには、観光客のために8つ以上のが開かれています。しかし、滝で泳ぐときは注意してください。なぜなら、 Dog-dogCurug Cikasoのように非常に迅速に流れるがあるからです。滝に行くためには、訪問者は、最初によく茂った木を通過し、トレッキングする必要がありまそ

Ciletuhジオパークで行うことができる他のものは、海中の美しさを楽しむことです。観光客は、Kunti島の白い砂スポットでシュノーケリングすることができます。この場所は、ジオパークのメインビーチから約10分歩いて見つけることができます。シュノーケリングの管理者は、Balawisataという地方水観光救助庁です。彼らは、1回45分の時間制限のシュノーケリングで100,000ルピア料金で機器のレンタル施設を提供しています。

 Ciletuhジオパークで終日の活動に疲れた後、観光客は、まだその美しさを楽しむことができます。その一つは、この場所に()まります。また、20.000ルピアのみでキャンプ用の場所を提供するいくつかの場所があります。比較的低料金で、観光客は、ビーチ、田んぼ、山々などの素晴らしい景色に囲まれて眠ることができます。また、日の出のエキゾチックな美しさを見ることができます。

これでパソナインドネシアをわります明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

16
July

パソナインドネシアの時間です。今日は、西スマトラ州のLEMBAH ANAI滝をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

西スマトラ州は、生物多様性の豊かなインドネシアの州の一つです。西スマトラ州の地域のほとんどは、まだ保護された自然の熱帯雨林です。この州には2つの国立公園、すなわちSiberut国立公園とKerinci Seblat国立公園があります。また、Rimbo Panti自然保護区、Batang Palupuh自然保護区、Lembah Harau自然保護区、Lembah Anai自然保護区、その他いくつかの自然保護区など、いくつかの自然保護区があります。Lembah Anai自然保護区内には、Lembah Anai自然保護区という西スマトラ州の観光マスコットとなった滝があります。

Lembah Anai滝は、パダンとブキッティギの町を結ぶ高速道路の端にあります。より正確には、この滝は、西スマトラ州Tanah Datar地区Sepuluh Koto区のNagari Singgalangの地域にあります。Lembah Anai滝の高さは、約35メートルです。この観光地は、簡単に達成するので、西スマトラ州を訪れる人気観光地になります。

滝は、ほとんど毎週末、いつも観光客によって混雑しています。訪問者はこの滝で入浴することができます。Lembah Anaiの観光地はまた、ブキッティギへの長い旅の途中でリラックスするのに非常に適しています。訪問者は、道路の側面にしっかりと立つ滝の背景で写真を撮ることができます。滝の周りにも、この滝の地域に生息する猿がたくさんっています。

Lembah Anai滝は、Padang市から60キロメートルです。 この観光地に行くには、専用車、レンタカー、またはバスなどの公共交通機関を利用することができます。 公共交通機関を利用する場合、ミナカバウ国際空港からLembah Anai自然保護区まで旅は、1時半かかります。

Lembah Anai滝の周りには、道路沿いの屋台など、様々な施設があり、敷地内で食べたり、独特の西スマトラ州のお土産として家に持ち帰る様々な食べ物や飲み物を提供しています。また、大きな駐車場と滝の中で入浴後に洗濯やすすぎをする場所として、浴室設備もあります。また、キャンプ活動をしたい人のためのキャンプ場もあります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、ほかの魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Page 1 of 9