パソナインドネシア

パソナインドネシア (288)

27
March

Apa yang Gimbal dari Tahu Gimbal?

パソナインドネシアです。今日は、中部ジャワ州スマランのTAHU GIMBALの料理をご紹介します。

それぞれの地域や都市には、建物、習慣、食事、料理など、独自の特徴があります。 250以上の民族と34の州を持つインドネシアには、もちろん豊富な文化的多様性があります。私達が中部ジャワ州の州都であるスマランを訪れたとしたら、旧市街、シンパンリマ、サムフォーコン寺院など、様々なインスタ映えする観光地が迎えてくれます。しかし、中部ジャワの首都典型的な料理を味わうことなく、スマランを完了することはできません。スマランには、lumpia, Wingko babat   Tahu gimbalなど、おいしいい料理がたくさんあります。

今回のパソナインドネシアの番組では、スマラン市の素晴らしい料理の1つであるTahu Gimbal(ジンバル豆腐)についてお話しします。ジンバル豆腐は、スマラン市の代表的な料理で、豆腐から作られ、揚げた豆腐とバクワン海老が主な材料です。揚げ豆腐とバクワン海老の混ぜたものに加えて、キャベツ、キュウリ、ピーナッツソースと組み合わせることで、さらに美味しくなります。

ジンバル豆腐を提供するときは、揚げた豆腐と、刻んだキャベツ、もやし、卵、lontongという蒸した米を混ぜたもので作られたものに、代表的なピーナッツソースをかけます。なぜ代表的かというと海老のペーストを使用しているからです。ジンバルという名前は、エビを小麦粉で揚げてカリカリになるまで揚げた揚げ物です。このサクサクした食べ物は、豆腐とlontongという蒸した米を混ぜたものと一緒に提供されます。ジンバル豆腐は19世紀以来ずっと、スマラン地域の代表的食べ物となっています

スマランに行ったら、スマラン市の市民に有名なジンバル豆腐を味わうことではまだ終わってません。スマランには、多くのジンバル豆腐屋があります。スマランで最も有名なジンバル豆腐屋の1つがH. Edyの屋台です。この屋台は、市内中心部のシンパンリマに近いスマラン社会局の正面のパーラワン通りにあります。とても伝統のあるお店のため、スマランの市と県の政府は、HEdyの屋台をスマランのジンバル豆腐料理の目的地の1つとして推奨しています。ジンバル豆腐は美味しくて、香ばしさ、甘さ、スパイシーさが相乗効果となっている味です。辛さのレベルは好みによって選ぶことができます。

中央ジャワ地域の都市スマランのジンバル豆腐についてのインドネシアの楽しみの時間でした。これでパソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

24
March

パソナインドネシアです。今日は、 Kaki Seribuの家というパプアのアルファク部族の伝統的な家をご紹介します。

アルファク部族は、西パプア州のアルファク山脈県にあるアルファク山脈に住んでいるパプアの先住民族の1つです。アルファク山脈は、Kepala Burung半島の北西側にあります。アルファク部族には、HatamMoilleMeyakhSoughなど、いくつかの部族があります。各部族は、同じ歴史を持っています。これは、通常Kaki Seribuの家と呼ばれる彼らの伝統的な家から見ることができます。

Mod Aki AksaまたはIgkojeiの本名を持つKaki Seribuの家は、実際には高床式の建物です。スマトラ、カリマンタン、スラウェシの高床式の家は、大きな木を使用する場合、アルファク族の伝統的な家は、小さな丸太を使用しますが、その量は非常に多くなります。家の柱、フレーム、床は、すべて小さな丸太で作られ、壁は樹皮で作られています。屋根は雑草で作られ、床はで作られています。一般に、Kaki Seribuの家の面積は、約8×6メートルで、平均の高さは45メートルです。通常、一部の家族は、このアルファク族の伝統的な家に定住しました。

Kaki Seribuの家にも、多くの意味があります。アルファク部族の家には、窓がありません。それは自然と一体になりたいからです。それは、彼らが木からすべての基礎を作る理由です。この家には、正面玄関裏口2つのドアがあります。野生動物から身を守るだけでなく、窓のない高床式の家は、居住者を快適にさせ、悪霊から安全であると信頼されています。内側では、この家には2つの部分しかありません。左側は女性用(ngimsi)、右側は男性用(ngimdi)です。Kaki Seribuの家は、一体感の高いコミュニティの文化を示しているため、特別です。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

20
March

Hasil gambar untuk pemandian banyu anget tirto husodo

パソナインドネシアです。今日は、 “TIRTO HUSODO”という温泉をご紹介します。

パシタン地域は、東ジャワ州の南海岸、正確には東ジャワ州の西端に位置しています。 北はポノロゴ県、東はトレンガレク県、南はインド洋、西は中部ジャワのウォノギリー県に隣接しています。 パシタン地域は、石灰岩の山々、ビーチ、多くの自然の洞窟で知られています。 しかし、洞窟やビーチの美しさを提供する自然の魅力の中で誰が考えたでしょうか。観光地である温泉があ

ジャワ人がそれをBanyu Angetと呼ぶ温水浴場は、パシタン市の中心から約15キロ、移動距離は約20分です。 パチタン市からTirto Husodoという名前の温水浴場に向かって、メインストリートのパシタンポノロゴを通過する必要があります。 アルジョサリ市場に到着したら、旅は北に回り、 Arjosari通り-Banyu Angetに向かいます。このお風呂は道路の端にあるため、簡単に見つけることができます。 Banyu Anget は、白い石の丘またはケリル山の斜面の下にあります。Tirto Husodoとして知られているBanyu Angetの卓越は、温水は体の健康のためにあります。

Tirto Husodo温泉の施設は、滞在するために借りることのできる別荘と、大人と子供用のいくつかのスイミングプールがあるということです。また、泳ぎたい場合や釣銭を持たない場合は、池の近くの屋台で利用できる水着をレンタルできます。訪問者が泳げず、ここで水の熱を感じたいのであれば、心配する必要はありません。プールエリアには、入浴に使用できるお湯の入ったバスルームが10室あります。 Tirto Husodo 温泉には4つのプールがあり、最上部にはメインプール温泉、2つの大人用プール、子供用プールがあります。温度が高すぎるため、訪問者は、メインプールの水に入ることも水に触れることも厳しく禁止されています。メインプールの温水は他の3つのプールに送られ、温度が人体の温度に一致するように冷水と混合されます。大人用プールの深さは約1.5 メートルで、子供用プールの深さは30 センチメートルです。

Tirto Husodo温泉のスイミングプールに浸かったり入浴したりすると、木々が生い茂る緑の丘に囲まれ、山頂がケリル山と呼ばれる白い岩の崖に見えるため、雰囲気はより快適で涼しいものになります。 ここで生成される温水には、低密度の石灰と硫黄が含まれているため、近くや火山地域でよく見られるような強い臭いはありません。 ここの風呂の水は、非常にきれいで透明であり、泳いだり漬かった後に肌にベタベタしないことが効果があります。Banyu Anget温泉は24時間営業しています。Tirto Husodo浴場の水は、熱すぎないため、多くの人がそれを治療薬として使用しています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

09
March

Image result for masjid sultan riau

インドネシアはイスラム教徒が大多数 を占める国なので、さまざまな地域でモスクを見つけるのは自然なことです。インドネシアの住民は多くの民族で構成されているため、各建物が各地域でさまざまなパターンや違いのある建築物があるのは当然です。これは、インドネシアのモスクの建築でよく起こり, モスクの建築は、外国の影響と地域の影響の間で順応しています。それらの1つは、リアウ諸島のペニエンガット島にあるスルタン・リアウモスクです。1761年に建てられたモスクは非常に古くてユニークで、多くの歴史があります。

 

今日のように頑丈で荘厳になる前、スルタン・リアウモスクはもともとレンガ造りの床を備えたシンプルな木造の建物で、高さ約6メートルの塔しか備えていませんでした。時間が経つにつれて、このモスクは増え続ける巡礼者に対応できなくなり、1831-1844年に支配したRiau-Lingga王国の王Abdurrahman 7世の若い司令官が修理を行い、モスクを拡大しました。このモスクはユニークです。なぜなら、話によるとモスクの建設において、卵の成分が、壁を作るための砂、石灰、粘土の接着剤として機能するからです。

 

モスクの主要な建物は18 x 20平方メートルで、17ドームがあり、1日で5つの礼拝を象徴しています。モスクの形式はタマネギに似ており、4つのコンクリート柱で支えられています。階段を上ってモスクのゲートを通過すると、左右にパビリオンがあります。モスク建設のアイデアとイニシアチブは国王からではなく、ペニエンガット島の人々からのものでした。

 

現在、スルタン・リアウモスクは240ヘクタールのペニエンガット島に誇らしげに立ち、黄色と緑が主です。この崇拝の建物は、タンジュンピナン市のロングピアとスリビンタンプラ港から見ると、他の建物と印象的です。スルタン・リアウモスクには、1875年ごろに書かれた手書きのコーラン写本もあり、1820年に巡礼で王室の貴族によってもたらされたメッカからの砂がありました。

 

また、プロイセンのクリスタルのシャンデリアとトルコのタペストリーがあり、かなり古いです。モスクの説教壇は、ジャワ島のジェパラ彫刻家のチーク材で作られています。このモスクは、何かを望んでいる人にとって縁起の良いものと見なされることが多いので、特定の日、特に金曜日には、多くの人が聖なる金曜日の礼拝に夢をかなえるために訪れます。

 

スルタン・リアウモスクまたは卵モスクと呼ばれることもある場所を訪れるには、まずリアウ諸島の州都であるタンジュンピナンに行く必要があります。そうして、パンジャン桟橋またはスリ・ビンタン・プラ港に向かい、ペニェンガット島までボートに乗ります。ペニェンガット港からスルタン・リアウモスクまで徒歩5分以内で行くことができます。

 

 

 

 

 

02
March

Image result for tugu khatulistiwa

pontianak市は赤道の代名詞です。この都市は、一般的に赤道と呼ばれている緯度0度の線が通る都市の1つです。

 世界には、赤道を横切る国が12か国があります。ただし、北半球と南半球を正確に分離している都市は、pontianakのみです。khatulistiwa記念碑を訪れたとき、あなたはちょうどその地点に位置しているのです。

 今日に至るまで、毎年3月21日から23日までと9月21日から23日までは、赤道記念碑は太陽が天頂を通る場所になります。そのとき、太陽は赤道のすぐ上にあります。この自然現象が発生すると、記念碑と周囲の物体の影が数秒間消えます。これが、ここを訪れる観光客にとっての大きな魅力です。

 khatulistiwa記念碑は、pontianak市の歴史の象徴です。この記念碑は、1928年にオランダの地理学者が率いる地理探検隊によって天文学の知識を用いて建設されました。

当時の地理学者たちは、衛星やGPSなどの高度なツールを使用せずに測定を行いました。専門家たちが頼りにしたのは、不均一なでこぼこの線と、星座などの自然の物体だけでした。

この記念碑は、その後、完成までにいくつかの段階を経ました。まず1930年に完成した部分は、マイルストーン、円、矢印でした。そして、1938年に、インドネシアの建築家Frederich Silabanによって再び手が加えられました。

khatulistiwa記念碑は、西カリマンタン州、北ポンティアナック地区、ジャランカトゥリスティワにあります。この記念碑に向かっては、ポンティアナックの中心部から約30分で行くことができ、訪問者はこのkhatulistiwa記念碑に入るためにお金を払う必要はありません。

28
February

Image result for GUDEG

インドネシアにはそれぞれの文化を持つ様々な部族がいます。これらの文化は、習慣、衣服、食べ物、または料理を形成します。それらの1つはジャワ族ですジョグジャカルタの街を訪れると、ジャワの部族の文化遺産の1つであるGudegが見つかります。Gudegには、濃いココナッツミルクから作られたイッソースで湿ったGudegと乾燥Gudegの2種類があります。

ジョグジャカルタのガジャマダ大学食品栄養研究センターの伝統食品研究センターの研究者であるMurdijati Gardjito教授は、ジョグジャカルタのガジャマダ大学食品栄養研究センターの伝統食品研究センターの研究者であるMurdijati Gardjito教授は、Gudegの起源は、1500年代にイスラムのマタラム王国がジョグジャカルタのコタゲデにあるメンタオクの森に建設されたときに発生したと考えられています。当時、料理人と兵士は、何百人もの人々のために若いジャックフルーツとココナッツミルクから食べ物を作りました。材料の量が非常に多いため、このプロセスでは大きなフライパンが使用されます。船をこぐように絶えずかき混ぜなければならない食べ物を作るプロセスは、ジャワ語で「Ngahudeg」と呼ばれ、最終的にはGudegという言葉が現れ知られていまる。

若いジャックフルーツ(一般的にジャワ語でゴリと呼ばれる)から作られたグデグを作るプロセスは、砂糖、ココナッツ、ココナッツミルクでジャックフルーツを数時間煮沸することから始めます。次に、ガランガル、キャンドルナッツ、エシャロット、ニンニク、コリアンダー、その他の調味料。しかし、確かにグデグの味は舌の上で甘い風味があり、一般的なジャワの地域の味に応じて独特でおいしい味を持っています。それを盛りつけるために、Gudegは通常、白米、鶏肉、ゆで卵、豆腐またはBacemテンペ、新鮮な牛革から作られ、ココナッツミルクまたはSambal Goreng Kerecekとして知られているシチューと共に食べられます。

ジョグジャカルタに行く場合は、有名なGudegの中心があるウィジーラン地区に立ち寄ってください。東ジャワの少し辛いものなど、今日存在するの多くのバリエーションがありますが、本質は甘くて濃厚なです。通常、Gudegは、ベセック(竹製の容器)またはケンディル(粘土製の容器)を使用して販売されます。現在、ジョグジャカルタの地域でGudeg見つけて楽しむことができるだけでなく、インドネシアの遠隔地に広がっています。オランダや米国でも、メニューにGudeg料理を提供するインドネシアのレストランがあります。

26
February

Air Terjun Nai Sogop

ナイ・ソゴップの滝と呼ばれる爽やかな目的地を訪れなければ、北スマトラのサモシール島への旅は確かに完了しません。この非常にユニークな滝の場所は、サモシール県、シアンジュール・ムラムラ地区にあります。ナイ・ソゴップの滝は、木陰と涼しい空気に囲まれているため、とても特別です。水はとても澄んでいて冷たく、木々の緑や自然の岩と調和して見えます。ナイ・ソゴップの滝に到着する前には、1キロほど歩く必要があります。大変なように聞こえますが、あなたが後で見つける景色は疲労を和らげるでしょう。

移動中、道の周辺には緑の芝生と壮大な教会の建物を見ることができるので、疲れはきっと感じられないでしょう。この観光エリアに入る前に、訪問者はまず1万ルピアの入場チケットを支払う必要があります。ナイ・ソゴップは、サモシールの人たちが、バタックの王の土地であり最初にできた村であると信じている、サモシールにある観光地の1つです。そのため、観光客は、そこに向かう途中で、バタック特有の伝統的な家屋、石の墓などの景色をたくさん見ることができます。

滝に着くと、湿った新鮮な空気と心地よい水しぶきで迎えられるので、着替えを準備してください。滝から約30メートルのところには、訪問者が着替えに使用できるブースがあります。このエリアにはスーパーマーケットや小さな屋台がないため、食べ物や飲み物も持参する必要があります。また、滝の周りの環境の美しさを維持するために、食べ物のゴミは持ち帰ることをおすすめします。

20
February

Image result for GUMUK PASIR PARANGKUSUMO JOGJA

Gumuk Pasir Parangkusumo」は、ビーチの近くにある砂丘で、長い時間にわたって自然に形成されました。特別なのは、「Gumuk Pasir Parangkusumo」砂丘が世界に2つしかないこと、つまりmexicoyogyakartabantul parangkusumoビーチ地域に1つしかないことです。「Gumuk Pasir Parangkusumo」砂丘は、非常にまれで驚くべき自然現象で形成されたもので、現在ジョグジャで人気の観光地です。

Gumuk Pasir Parangkusumo」砂丘の存在は、yogyakarta市の北にあるメラピ山の存在に直接関係しています。これは、古代のメラピ山が超強力な力で噴火し、火山性の砂や塵がyogyakarta中に散らばっていたために起こりました。徐々に、メラピ山は北部に位置し、土壌条件がより高いところから、火山性の堆積物が雨によって運ばれ、南海岸の河川へ流れ込みました。

南海岸に到達すると、火山の堆積物は有名な南海岸の波と衝突したため、小さな粒子になり、最終的に風によって運ばれて現在の「Gumuk Pasir Parangkusumo」砂丘のある地域に運ばれました。もちろん、自然現象は今でも非常に長く続いています。 [Gumuk Pasir Parangkusumo]砂丘では、さまざまな活動を自由に行うことができます。観光客が夢中になる最近の活動の1つは、、「サンドボーディング」を楽しむか、ボードを使用して砂丘で滑空することです。このゲームまたはスポーツは「スノーボード」に似ていますが、砂を利用しています。

Gumuk Pasir Parangkusumo」砂丘の場所は、Parangtritisビーチの人気の観光エリアにあるため、非常に簡単にアクセスできます。実際「Gumuk Pasir Parangkusumo」砂丘はYogyakarta市の中心部からかなり離れていますが、「Gumuk Pasir Parangkusumo」砂丘からの道路からアクセスしやすく、それは非常に整備されているので、簡単に訪れることができます。

17
February

Image result for pantai nunsui kupang ntt

ヌンスイビーチは、東ヌサトゥンガラのクパンにあるライサナビーチとマニキンビーチという2つの観光ビーチに隣接しています。このビーチは、クパン市の東部、正確にはクパン市クラパリマ地区オエサパ村にあります。ヌンスイビーチにくのは難しくありません、クパンの中心部から自動車20分しかかかりません。

リスナーの皆さん、ヌンスイビーチは、周囲のコミュニティから「バトノナ(ノナの岩)」ビーチとも呼ばれています。なぜならこのビーチには、女性のような形をしたサンゴがあるからです。その女性に似たサンゴ礁は海岸にあります。訪問者はノナの岩に登り、遠くに美しい「クパン湾」を見ることができます。

さらに、訪問者は美しい夕焼けも見ることができます。日没を待っている間、訪問者は、訪問者用に作られた岩の土手の上に座って、ビーチの冷たい空気を楽しむことができます。この岩の堤防で釣りをすることもできます

遊びに疲れたら、泳いでヌンスイビーチまたはバトノナビーチの美しさを楽しみましょう、日光浴をしたり、ビーチ周辺のトレーダーが販売するローストコーン、焼きバナナ、新鮮なココナッツアイスなのスナックを楽しめま

12
February
Page 1 of 21