パソナインドネシア

パソナインドネシア (236)

13
September

パソナインドネシアの時間です。今日は、BANYUMASLENGGERダンスをご紹介します。

インドネシア教育文化省の文化総局は、2019年のインドネシアの無形文化遺産としてBANYUMASLENGGERダンスを指定しました。伝統芸術は、2018年以来、BANYUMAS県の青年スポーツ文化観光局によって提案されました。BANYUMAS県の青年スポーツ文化観光局の伝統価値局長Mispanは、LENGGERは、まだ生きているユニークな価値観と伝統を持つ文化的アイデンティティだと語りました。LENGGERの芸術家たちは、保存され、さらに発展する必要があると語りました。今回のパソナインドネシアの番組のエディションでは、BANYUMASLENGGERダンスを紹介します。

LENGGERは、男と女によって踊られます。LENGGERは、少年を意味する「ル」という言葉と、かんしゃくまたは混雑を意味する「ゲル」という言葉から来ています。なぜなら、過去には、各ショーに多くの男性観客がいたからです。このダンスの動きやシーンは、魅力的な欲望と考えられていたため、このダンスは、かつてネガティブと考えられていました。しかし、その後、このダンスは、スナン・カリジャガによって伝道の手段として変更され、常に神を思い出すための教えが挿入されました。したがって、多くの人は、LENGGERが、覚えていることを意味する“eleng/eling”という言葉から取られていると言います。「ngger」とは、息子(子供の言葉)を意味します。ですから、それは、「息子の記憶」、つまり神の偉大さを思い出す呼びかけと解釈されます。

このダンスには、いくつかの行為があります。踊るときLENGGERダンスの動きは、ヒップの動きに支配されるので、ダイナミックなバニュマサンの典型的なリズムに沿ってらしいように見えます。 1回のラウンドでは、女性のダンサーが、男性の観客をサンプールまたはショールで観客をきつけてダンスに誘います。公演中、LENGGERダンスは、Calungと呼ばれる伝統的なガムラン音楽を伴います。ガムランの主な楽器は、武竹黒紫)で作られているCalung、ケノン、ガンバン、ゴング、ドラム、その他の伝統的な楽器で構成されます。音楽の間に、Sindenという伝統的な歌の歌手がいます。女性ダンサーの衣装は、通常、ケンベン、ジャリットの布、王冠、スカーフを使用します。一方、男性ダンサーは通常、長いシャツまたはベスト、膝丈のズボン、ももに沿ったジャリットの布、ヘッドバンド、およびマスクのみを着用します。

これで、パソナインドネシアを終わります。

09
September

ソナインドネシアの時間です。今日は、南カリマンタン州のマンディンダマール滝をご紹介します。

南カリマンタンの森の奥には、ボルネオ島の熱帯林に特有の様々な動植物の魅力が保たれているだけでなく、さわやかな滝もあります。その1つは、南カリマンタン州、タナブムブ県、メンテウェ地区、グヌンラヤ村にあるマンディンダマール滝です。

この滝の高さは約10メートル、幅は1518メートルです。滝は、森に囲まれており、まだ多くの人られていません特に滝の下は、水は透明で深いです。水が澄んでいるため、地元住民は、マンディンダマール滝から流れる水は、加熱せずに飲むことができると考えています。

滝を訪れる人は、2つの側面、つまり滝の下または上からマンディンダマー滝の美しさを楽しむことができます。アドレナリンに挑戦したいは、上からジャンプしてマンディンダマー滝の川で泳ぐことができます。しかし、ジャンプするときには、怪我をしないように注意する必要があります。

マンディンダマール滝へ行くために最も簡単な方法は、南Hulu Sungai 県のLoksado地区を経由することです。この観光名所に入るには、1万ルピアを支払うだけです。  マンディンダマール滝は、非常に離れた場所にあるため、利用できる施設は多くありません。

これで、ソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

21
August

パソナインドネシアの時間です。今日は、中部ジャワ州のSIKIDANG丘の観光地をご紹介します。

ディエン高原は、米国のイエローストーンやテンガー高原など、火山活動がその表面の下にある高原です。ディエン高原のクレーターの形状は、周囲を山がとするカルデラです。ガス、水蒸気、その他の様々な火山物質が放出されるクレーターがたくさんあります。この状況は、非常に危険であり、見るのは、興味深いです。生物学的には、ディエンの火山活動は、興味深いものです。なぜなら、クレーターに近くの温泉では、地球上の初期の生命を明らかにするために使用できる好熱性細菌のいくつかの種を発見しました。

ディエン高原は、かつて住民が住んでいた湖とクレーターを持つ巨大な火山です。これらのクレーターは、まだSikidang Diengクレーターのような火山活動を示しています。この平坦な土地にあるクレーターは、特定の時間に、平均で4年に1回、移動したり、ジャンプするのが好きな鹿または古代ジャワでキダンのようなエリアにジャンプしたようになります。

Sikidang Diengクレータは、Diengの主要な観光地の一つで、訪れる必要があります。ディエンの他のクレーターの中で、Sikidangクレーターは、平坦な地面に位置しているため、最も簡単に達成して楽しむことができます。また、噴火する火山泥の形で火山活動とを形成する有毒ガスを伴うを見ることができます。このため、マスクは、この火山泥の活動の感覚を楽しみたい人にとって重要なツールになります。挑戦的な冒険が好きな人にとって、Sikidang クレータは、アドレナリンを誘発する観光地です。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

16
August

パソナインドネシアの時間です。今日は、ジョクジャカルタ特別州のBOBUNG観光村をご紹介します。

ジョグジャカルタへの旅行は、単に古代遺跡を訪れたり、ビーチに行くだけではありません。地方自治体によって管理されている多くの興味深い観光村があります。例えば、Bobung 観光村です。この村は、ジョグジャカルタ特別州のグヌングドゥル地区のパトゥク区のプッタ村にあります。場所は、ジョグジャカルタ市の東の約30キロメートルに位置しています。Bobung観光村は、2001年にグヌングドゥル県政府により、木製のバティックマスク工芸品の村になりました。木製マスクを作る歴史は、神への感謝の形として到来する収穫期ごとにパンジマスクダンスパフォーマンスを開催することにより、周囲の人々の習慣から始まりました。スナン・カリジャガは、イスラム・伝道のための媒体としてこの伝統を始めたと言われています。ここから、バティック木製マスクを作るというアイデアが浮上しました。このアイデアは、サジマンというダンサーによって初めて提唱されました。

当初、木製のマスクは、ダンスパフォーマンス用にのみ製造され、その後、家の装飾として使用されました。作成されたマスクの形には、独自のユニークさがあり、目を上に向けて、を向けるワヤンプルワキャラクターに似ています。木製マスクの彫刻と着色も、非常に典型的です。その後、Bobung観光村の木製バティッククラフトは、マスクの形だけでなく発展しました。この観光村では、トレイ、キーホルダー、人形などの様々な木製バティック工芸品も、生産されています。

観光村として、このエリアはまた、一般に公開されている木製バティックの作成に関するワークショップを提供しているので、木製バティック工芸品の製作を見ることができます。また、市場の需要を満たすために製造された木製のバティック工芸品の製造を見ることができます。ワークショップ施設に加えて、適切な駐車施設と公衆トイレがあります。訪問者はまた、ギャラリーや展示室を訪れて、職人の様々な木製のバティック作品を見ることができます。また、自宅訪問サービスは、木製のバティック工芸品の製作を直接学びたい観光客にも提供されています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

14
August

パソナインドネシアの時間です。今日は、中部ジャワ州バンジャルネガラ地区のTELAGA WARNA DIENG(ディエンの色の湖)をご紹介します。

休暇は、インドネシアのほとんどの都市社会にとって非常に待望の瞬間です。様々な自然の魅力を備えたインドネシアは、家族との休暇を失望させないことを保証します。中部ジャワ州バンジャルネガラ地区では、訪問しなければならない場所があります。れをう自然現象のあるこの場所は、TELAGA WARNA DIENG(ディエンの色の湖)と呼ばれています。色の湖という名前は、この場所で発生する自然現象の一意性、つまり頻繁に変化する湖の水の色のために与えられます。時々、この湖は、緑と黄色、または虹のようにカラフルです。

この現象は、湖の水に非常に高い硫黄が含まれているために発生し、太陽が当たると、湖の水の色が、カラフルに見えます。海抜2000メートルの標高に位置し、高い丘に囲まれているため、色の湖の魅力決して忘れられません。色の湖の美しさは、この湖を囲む丘の一つに上がると、さらに感じられます。色の湖を訪れるのに最適な時間は、午前または午後です。なぜなら、夕方には、が色の湖周辺をうため、その自然の美しさを楽しむことはできないからです。

涼しくきれいな空気と自然の調和により、ディエンの色の湖の雰囲気は、とても魅力的です。また、観光客は、白い日陰の木によって高めるかで神秘的な雰囲気を感じるでしょう。色の湖は、国内の観光客だけでなく、英国の観光客、シェリーも魅了することができます。

インサート :私は、インドネシアに約3年間住んでいます。いつもディエンに行きたかったので、2日間休みを取って、ここで一緒に行き、次のプラウ山に行きます。私たちは、これまでここに行ったことがなく、美しいです。

ディエンの色の湖周辺には、Mandalasari Begawan Sampurna Jati禁欲的な場所であるSemar洞窟など、訪れるべきいくつかの洞窟があります。この洞窟の前には、水差しを運んでいる女性の像があります。この洞窟には、小さな池もあり、その水は、様々な病気を治し、肌をより美しくすると考えられています。また、Kumalasariおじいさん井戸の洞窟とJaranResi Kendaliseto洞窟もあります。また、それ以外に、プルボ・ワセソおじいさんのまれた石があります。この色の湖の周りの洞窟は、瞑想の場所としてよく使用されます。ディエンの色の湖の存在は、地域コミュニティにとっても、とても有用です。彼らは、地域の主要な商品であるジャガイモの収穫のために色の湖の水を灌漑の水源として使用しています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

12
August

ソナインドネシアの時間です。今日は、バンテン州のPEUCANG島の観光地をご紹介します。

ジャワ島の西端に位置するバンテン州は、実のところインドネシアの他の州にらないビーチの魅力があります。例えば、バンテンのパンデグランにあるCaritaビーチ、Sawarnaビーチ、 Peucang島などです。

Ujung Kulon  Peucang島の観光地は、一角サイの繁殖地という特別な観光地として知られています。この島には、非常にエキゾチックな美しさもあります。ビーチの端に沿って伸びる白い砂浜は、とても魅力的です。この場所で得られるもう一つの異国情緒は、青空海の魅力的なです。また、桟橋から海の美しい景色を楽しむことできます。この橋は、写真スポットとして最も好まれる場所の一つになりました。

このビーチを訪れたい人には、 Peucang島のビーチルート簡単にアクセスできます。  Peucang島のビーチは、バンテン州パンデグランのパナイタン海峡地域にあります。ジャカルタから旅行する場合、この観光地は、バイクで約78時間かかります。この場所は、ウジュンクロン国立公園の東にあるため、見つけるのも簡単です。その後、他の観光客と一緒にボートでPeucang島に渡る必要があります。また、Peucang島のリゾートで1泊あたり約450,000700,000ルピアで宿泊することもできます。

これで、ぺソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

07
August

パソナインドネシアの時間です。今日は、中部ジャワ州ディエンの寺院複合をご紹介します。

寺院の歴史的遺物を訪れなければ、インドネシアへの旅行は、確かに完全ではありません。多くの観光客にまだ知られていない歴史的遺物の一つは、中部ジャワ州ディエンにあるアルジュナ寺院です。周囲の人々は、ディエンエリアの寺院の名前にワヤンマハバラタ人形の名前を付けました。有名な寺院の一つは、アルジュナ寺院です。この寺院は、インドネシアで最も古い寺院の建物であり、古代マタラムのサンジャヤ王朝によって8世紀に建てられたと推定されています。アルジュナ寺院は、ディエンヒンドゥー寺院複合で最大の寺院の建物の一つです。この複合施設には、サイズの小さいスマール寺院、スリカンディ寺院、プンタデワ寺院、センバドラ寺院もあります。アルジュナ寺院は、複合施設の寺院の列の北に位置しています。一方、セマール寺院は、アルジュナ寺院の補完寺院です。2つの寺院の建物は、向かい合っています。

ディエンに寺院の建物を設立することは、周囲の人口が近接しているため、かつてはジレンマでした。寺院は、人々よりも早く設立されましたが、事実は、寺院複合体が、ほとんどが農民である周囲の人々と直接接触しています。野菜農家、特にジャガイモとして働くディエンの人々は、最終的に寺院の周りの土地を使用して作物を栽培します。しかし、2010年以来、ディエンの人々は、これらの歴史的遺物を尊重することの重要性を認識しています。農民たちはその後、寺院複合の外に移動し、寺院の周りの土地を庭の複合施設でより美しくなるように変更し、プルバリンガ地区の主要な観光地の一つになっています。

周囲の人々による寺院複合施設の変化は、アルジュナ寺院をドレッドロックのカットの儀式を実行するための主要な場所として、または一般的に子供に行われるウェドゥスジェムベルとして知られるディエン文化祭の実施によって特徴付けられました。そのため、2010年からは、アルジュナ寺院複合施設が、観光開発に使用され、バンジャルネガラ観光局とPokdarwisという旅行を意識したグループによってパッケージ化されています。アルジュナ寺院や他の寺院を訪れる観光客は、通常寺院の内部にある彫像を見つけることはありませんが、これらの彫像は、寺院の外に移動され、寺院複合体の反対側にあるカイラサ博物館内に整然と配置されています。

ディエン寺院複合に到着するために、観光客は、中部ジャワ州のスマラン市を通り、テマングン市またはペカロンガン市を通る公共バス車両または自家用車を使用して南西へ道路で進むことができます。別の選択肢は、ジョグジャカルタ市を通る。ウォノソボ市を通る北への道路で続います。ペラウ山とシンドロ山周辺のディエンの気候は、やかでくなりがちで、6月、7月、8月の夏は、特に夜間、摂氏マイナス11度に達します。は、午後遅くに降りることが多いため、視界が、短くなり移動が困難になることがあります。今年の半ばにディエン寺院複合にあるアルジュナ寺院を訪れたいなら、良い冬用具を準備しましょう。 

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

05
August

パソナインドネシアの時間です。今日は、北スマトラ州のGEOSITE SIPINSURの観光地をご紹介します。

Geosite Sipinsurの地域は、バンドンのLembangの蘭の森に似たキャラクターを持っていると考えられています。したがって、この地域は、千年旅行者の目的地として開発されたと考えられています。 Geosite Sipinsurは、Humbang Hasundutan地域の主要な観光地の一つです。面積は、2ヘクタールで、海抜1,213メートルの高度に位置しています。

Geosite Sipinsurに入ると、Humbang Hasundutanの冷たい山の空気に歓迎されます。観光公園への入り口は、非常に美しく、約4メートルの歩道は、両側の緑豊かな松の木に覆われます。この松林地帯は、キャンプ場としても機能します。また、子供用の遊び場施設もあります。GeositeSipinsurから、観光客は、Sibandang島の小さなトバ湖の真ん中にある2番目の島に向かいます。島へはムアラ港から1015分、 GeositeSipinsurから丘とがりくねった道を車で約30分で行くことができます。

Geosite Sipinsurは、非常に簡単に達成できます。北タパヌリのシボロンボロンにあるシランギットのシシンガマンガラジャ12世国際空港から約18 キロメートルです。車を使用している場合は、約30分で到達でき、過去のバタクトーバの村と墓、水牛のみとリントンニフタ地域に沿ったリントンコーヒー農園の沼地(ぬまち)を通過します。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

31
July

パソナインドネシアの時間です。今日は、魅力的なNGADAとバジャワコーヒーをご紹介します。

美しい公園の中で一杯の暖かいコーヒーを楽しむことは、確かに非常に特別です。木から直接コーヒー豆を選ぶと、さらに特別になります。1,621平方キロメートルの面積、人口162,299人を持つNgada 地区は、Flores Bajawa コーヒー豆の主要生産国です。それは、比較的小さい面積を持っていても、Ngadaの人々は、 FloresBajawa Arabicaコーヒーの優位性を通して村を築くことを約束しています。最近、ジャカルタで開催された「Flores Bajawa コーヒー世界を征服した」イベントで出会った、Ngada 県長Paulus Soliwoaは、Ngada地区にコーヒー農園を開発して農業観光になるという彼の夢を語りました。

インサート1 :例えば、ボロボボの観光です。私は、雲の上の丘を言った、斜面には、すべてが、Flores Arabicaのコーヒー農園です。私たちは、カフェを開きたいのですが、アグロツーリズムのコーヒー農園を目指しています。例えば、コーヒー農園で人々がそれをう方法、自分でやるコーヒーができるまでの過程、彼は、自分で醸造した、自分で飲んだことです。

Ngada 県庁の夢は、インドネシア農業省を通じて中央政府によって歓迎されました。

インサート3 :私達は、私達のプログラムで支持し、私達は、彼らが計画したことを強化します。優れているのは、Arabicaコーヒーです。Flores Bajawa Arabicaをコーヒーの商品としてだけでなく、そのツアーに関連するアイコンになるように宣伝しましょう。それは、すごいです。私は、農業省BUN 500で私たちのプログラムと結びつくことができる技術を伝えました。そこでは、保育園、シード源農園が建設され、また、すぐに植え(か)えがありました。私たちは、彼らは、大きな可能性を秘めているので、広げます。インフラの観点について、私は、管理のコンテキストがより効率的になるように、工作機械のためのPSP局長とも協力しました。

農業省植林局長Kasdi Subagyono博士からの支援は、観光地やその優れた商品の宣伝に積極的に取り組むために、Ngada 地区の人々の精神を喚起することに成功しました。Paulus県長はまた、Ngada地区に来る外国人および国内の観光客のほとんどは、コーヒーと文化、そしてその地域が持つ自然の観光地に興味を持っていると述べました。Ngada地区には、ビーチ、湖、滝、丘、山から温泉など、多くの観光名所と自然のままの観光の可能性があります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

29
July

ペソナインドネシアの時間です。今日は、西カリマンタン州のPALUNG山国公園をご紹介します。

 Palung山国立公園は、西カリマンタン州の北 Kayong 地区とKetapang 地区に位置しています。この国立公園には、インドネシアの国立公園の中で最も充実していると言える生態系があります。そこは、高さ1,116メートルの Palung山があります。そのため、この国立公園は、Palung山国立公園と呼ばれています。

Palung山国立公園は、最も貴重な生物多様性保全地域の一つで、マングローブ林、湿地林泥炭湿地淡水湿地林熱帯林、常に覆われてい山林など、高く評価される様々な種類の生態系があます。この地域の約65パーセントは、まだ人間の活動に邪魔されておらず、動植物の群生地が数多くあ原生林の形態を保っています Palung山国立公園には、Lubuk Baji, Batu Barat, Riam Berasap Bukit Peramasつの優れた観光地があります。

この国立公園を訪れるには飛行機または海路を使うことができます。飛行機でのアクセス、ポンティアナックからケタパンまで約1.5時間の移動です。それから、四輪車を使って約5時間かけてSukadanaまたは Melano湾に進みます。海路を使った場合はPontianakからTeluk Melanoまで直行910時間かかります。Palung山国立公園に入るには、国内観光客は、一人当たり1,000ルピア、外国人観光客は、一人当たり10,000ルピアのチケットが課金されます。撮影機器を持参する場合は、カメラの場合は、2,500ルピア、ビデオカメラの場合は、25,000ルピアの料金が必要です。

これで、ソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Page 1 of 17