パソナインドネシア

パソナインドネシア (96)

25
June

パソナインドネシアの時間です。今日は、東ヌサトゥンガラ州のKOLAM SUSUKをご紹介します。この放送は、3323KHZ 短波放送だけでなく、www.voinews.idで聞くことができます。

東ヌサトゥンガラ州は、コモド島、ケリムツ湖などの自然観光ができる可能性のあるインドネシアの州の一つです。すでに国内外で知られていることに加えて、この州はまた、美しい自然の観光地もあります。その一つは、Kolam Susuk Susuk池)です。この観光地は、東ヌサトゥンガラ州Belu地区Kakuluk MesakDualaus村に位置しています。

現地語で、Kolam Susukは、池を意味します。伝説によると、古代には、自分達をきれいにするために、Kolam Susuk に立ち寄る7人の天使がいましたその天使は、OecusseLifao国王の使者です。 Lifao国王は、彼らが居眠りをしたときによって邪魔させました。だから天使たちは、いつも目がめていて、国王のお付の者が近づかないよう守っていました。この伝説に基づいて、地元の人々は、この池をKolam Susukと呼んでいます。しかし、実際には、この観光名所は、密集したマングローブ林に囲まれているため、このSusuk池のまわりには多くの蚊がます。

この池は、自然に形成され、を持っています。太陽にさらされると、水は、い色の白いミルクのようにります。これにより、バンドグループKoes Plusは、この池を彼らの曲で「ミルクプール」と呼びます。Kolam Susuk の位置は、Belu 地区の首都Atambua市から北へ約17キロメートルです。 Atambua市からは、Kolam Susuk車で約20分かかります。道は、谷と崖を蛇行します、道路は、すでに舗装されています。この観光地は、通常、週末や休日に混雑しています。

この観光地にある施設は、きれいな水、トイレ、舗装された道路、休憩コテージ、チェックポイントなどで、とても快適です。この観光地の近くには、地元の人々が所有する屋台があり、訪問者に食べ物や飲み物を提供しています。これまで、地方政府は、観光地としてKolam Susukを発展させており、池の周りの環境を維持することができるように、ミルクフィッシュとエビの養殖の中心としてKolam Susukを利用します。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

22
June

パソナインドネシアの時間です。今日は、Geblek というKulon Progoの典型的な料理をご紹介します。この放送は、3323 の短波放送だけでなく、www.voinews.idで聞くことができます。

形は、数字8のように見え、白色です。ジョクジャカルタ特別州の Kulon Progoの人々は、Geblekという名前でこの料理を知っています。この料理は、揚げバナナ、テンペー、豆腐、揚げサツマイモのようなKulonprogoの一般的なスナックです。したがって、Geblekは、屋台からレストランまで、Kulon Progoの様々な場所で簡単に目にすることができます。 Geblekの職人は、通常、1食分15.000ルピア〜20.000ルピアのこの料理を販売しています。1食分は、6つのGeblekです。

Geblekは、デンプン粉、ニンニク、塩と、とてもシンプルな材料でできています。シンプルな材料で作られていますが、それを作るプロセスには、手間ひまかかっています。作る過程で、デンプン粉は、まるまで蒸し、完全に火を通すまではしません。それから、水気って塩で味付けします。その後、約10分間もう一度蒸します。再び水気を切って、つぶしたニンニクで味付けします。そして、それは、数字の8のように形成され、揚げます。

Geblekは、暖かいうちに提供されるときは、とても美味しいです。なぜなら、Geblekは、1時間以上経つと、、硬くて非常に弾力があるからです。しかし、暖かいうちに提供されると、Geblekは、外側が、いている感じがあり、内側は、えがあります。それは、塩辛いです。 Geblekは通常、Besengekというココナッツミルクの風味豊かな柔らかいテンペを添えて食べます。両方の組み合わせが、非常においしいです。Geblekは、また、暖かいお茶を楽しむのにも適しています。この料理は通常、家族や友人とのリラックスのためにKulon Progoの人々をいます。

以前は、Kulon Progoの典型的なこのスナックは、白色だけでした。しかし、時間と共に、人々は、Geblek料理の創造を始めました。色は、白だけでなく多様なので、面白そうです。今Geblekは、Kulon Progoを訪れる観光客になります。お土産持ちます。この料理は、かなり長い間、防腐剤なしで約4日間お土産としてGeblekを購入するとき、調理済みのGeblekかまたのままを選ぶことができます。お土産には、Kulon Progoの伝統的な市場でGeblekを買うことができます。Kulon Progoの観光客で、Geblekを味わっておらず、Geblekをお土産に買っていないなら、Kulon Progo観光は、まだまだと言えるでしょう。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

20
June

パソナインドネシアの時間です。今日は、Sate KopokというPonorogo地区の典型的なサテをご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

東ジャワ州の地区のサテの料理を話すなら、Sate Ponorogoは、直接想像されます。 Ponorogo地区の典型的サテの人気は、すでにインドネシアの他の地域に知られています。しかし、Sate Ponorogoに加えて、この地区には、それほど美味しくない別の典型的なサテもあります。この名前は、Sate Kopokです。

Sate Kopokは、多くの名前があります。いくつかは、Sate BlendetまたはSate Mbalongと呼ばれます。「Blendet」という名前は、細かい質感を持つ泥を記述するジャワ語から来ています。この状態は、 Blendetの描写に似ているので、そう呼ばれます。一方、Kopokという名前は、粘液耳を意味します。なぜなら、Sate Kopokの料理は、 'Kopok'と同様に考えられるからです。外観は、あまり良くありませんが、Sate Kopokを味わったら、いつもおいしさを感じられます。

Sate Kopokは、鶏肉から作られます。Sate Ponorogoとの違いは、あまりにも厚くない肉片にあります。このサテの調味料は、ピーナッツソースとココナッツミルクの混合物ですが、ココナッツミルクだけを使用する場合もあります。このスパイスは、料理の質感を引き起こすものです。 Sate Kopokは、通常、ロット、豆腐、テンペ、カボチャを含むsayur lodehを添えます。sayur lodehを添えることに加えて、

Sate Kopokは、スープと共に食べることもできます。スープには、通常、2つ串のSate Kopokが付いています。スープとサテソースの組み合わせは、ユニークで美味しい風味を作り出します。しかし、Sate Kopokは、他の料理と組み合わせることなく単独で食べることもできます。

地元の人々によると、Sate Kopokは、オランダの植民地時代以来、存在していました。彼らは、オランダの植民地時代を過ぎると、この独特のサテが、取引されたと信じています。残念ながら、Sate Kopokは、現在、見つからなくなり始めました。難しいですが、まだSate Kopokを売っている職人がいます。おいしいSate Ponorogoを味わえるようにするためには、Balong地区のPahing 市場とJetis地区のWage市場で検索することができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

19
June

パソナインドネシアです。今日は、リアウ州のBintanでのTelaga Biruの砂漠についてご紹介します。

Bintanは、リアウ州にある島の一つです。この島は、魅力的な海上観光スポットがあります。海岸は、南シナ海に向かって、白い砂を持つ美しい海岸です。さらに、水中の豊かで美しい自然です。しかし、Bintanは美しいビーチと水中だけでなく、青い水の湖と白い砂を持っています。ビンタンへ旅行する際に好きな観光スポットの1つになった観光スポットの名前は、Telaga Biruの砂漠です。

Telaga Biruの砂漠は、リアウ州のBintan地区のTanjung Uban県のBusung村に位置しています。これは、RHF Tanjung Pinang空港やTanjung Pinang港から45分ぐらいのかかります。Tanjung Uban港からは、約15分ぐらいです。この観光スポットは、毎日運営しています。観光者は、入場料金を支払う必要がありません。乗り物を持つ場合、2000ルピアのバイクの駐車料金と5000ルピアの車の駐車料金を支払う必要があります。

この観光スポットに訪問する時、砂漠に囲まれた青い湖の美しさを楽しむことができます。この観光スポットでは、ブランコ、ラクダの人形、竹の飾り、フィールドアーチェリーなど、写真を撮るために使用できる様々なプロパティがあります。レンタル料金は、一人当たり5000ルピアで、かなり安いです。写真を撮ったり、湖を回って疲れて、この観光スポットの屋台で休むことができます。

Telaga Biruの砂漠は、以前、砂ボーキサイト鉱山で、現在は岩のように固まっています。鉱山は、Soeharto大統領の政権以来、中断させました。その後、数十年が放棄され、掘削の発掘は雨水で満たされ、徐々に青い水の湖になりました。地域住民によって、この6000ヘクタールの地域は、観光スポットとして管理されています。公開された後、このTelaga Biruの砂漠観光スポットは、観光客によく訪問されています。

これでパソナインドネシアを終わります。明日もまた他の興味深いトピックでお会いしましょう。

13
June

パソナインドネシアの時間です。今日は、バンユワンギの災害を拒否する伝統であるBarong Ider Bumiをご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

Kemirenは、Glagah地区にある村です。この村は、Osing部族のバニュワンギ先住民の村になりました。毎年、この村には、常にBarong Ider Bumiというユニークな伝統があります。 2018年、Barong Ider Bumiフェスティバルは、2018616日に開催されます。

Barong IderBumiの名前は,もちろん特別な意味を持っています。ジャワとバリの神話では、バロンは、獅子の頭の四か二足を持つ生き物です。アニミズムの信念の人々のために、バロンは、良さと正義の価値の実現であると信じられています。一方、「Ider Bumi」という言葉は、Ider「周り」とBumi「地球」という2つの言葉から来ています。ジャワ語では、Iderは、周りを意味し、Bumiは、足場を意味します。Ider Bumiは、足場の周りの活動として解釈することができます

Barong Ider Bumiは、1840年以来登場しました。その当時、Kemiren村は、病気の流行をい、多くの人々が死亡しました。また、農家は、多くの作物の失敗も経験しました。最終的には、長老の一人が、夢を見て導かれます。夢の中で、住民は、バロン行程拒絶の一形態として実行するよう求められました。この伝統は、今でも残っています。Barong Ider Bumiの伝統は、否定的なことを拒否することに加えて、住民の調和を維持し続けています。

Barong Ider Bumiの伝統は、村ホールで、長老たちがアンクルンをじる儀式から始まります。その後、バロンは、災害を拒否し、いをうための神と祖先への祈りを含むジャワの歌を伴って、村の周りに行進しました。行進は、2キロの距離を持つ村の入り口から村の出口に始まりました。途中で、長老は、拒絶の象徴として、コイン、黄色い米、花を散布する活動である「Sembur Utik-utik」の伝統を実行します。 3つのオブジェクトは、伝統的な指導者と長老のグループによっても持ってきます。コインは、正確に99.900ルピアで、花も9でなければなりません。9の数字は、神またはアスマウル・フスナの99の名前を指します。この伝統の実行時間は、Shawwal月2日ごとで、午後2時に始まります。この時間は、ペアで神の創造の象徴と関連しています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

11
June

パソナインドネシアの時間です。今日は、中部スラウェシ州のSOMBORI島をご紹介します。

トロ湾の海域は、地理的に、中部スラウェシ州に含まれています。この海域には、数が非常に大規模な海洋生物圏があります。そのため、トロ湾の海域は、海洋観光の目的として活用されています。この海域の美しさは、ソンボリ島から楽しむことができます。この島はトロ湾の南部に位置し、それは、Morowali県の、南Bungku 郡とMenui諸島郡の間にあります。

ソムボリは、美しいサンゴの島々で構成された保護区です。島の一部は、漁師の住居として使われていますが、多くは、人が触れることなく、そのままです。ソンボリ地区を目指すには、東南スラウェシ州の首都、ケンダリへ行きます。そして、陸路または海路を選びます。陸路を選択した場合、旅は、Bungku Pesisir区のLafeu を目指(めざ)して6時間かかります。その後、ソンボリ島へ向けて、約1時間、海の旅を続けます。一方、海路の場合、商用船を使用して、半日かかるでしょう。一方、スピードボートを使用する場合は、約4~5時間かかります。

ソンボリ島のエリアに入ると大変、素晴らしい景色に迎えられるでしょう。海の波、左と右の側を守っている高い珊瑚の崖などです。より深く進むと、景色はますますの魅力的になります。様々な大きさと形の環状サンゴ礁群が多くなります。植生のない顕著なサンゴ礁、エキゾチックな青々とした木々に包まれた巨大なサンゴの島などです。これらのサンゴ礁には、白い砂がきれいなビーチがあります。

ソムボリは、約41,000ヘクタールの海洋保全地域で、水中活動の愛好家(あいこうか)にとって天国です。さまざまな形や色の動物やサンゴが、この静かな海に生息しています。色とりどりの魚が住みかと しているイソギンチャクは、水の流れに揺れています。Acropora、または、広々としたテーブル サンゴは、ここで簡単に見つけることができます。現在、かなり手頃な価格でソンボリ島へのツアーを提供する多くのツアーパッケージがあります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

06
June

パソナインドネシアの時間です。今日は、ジョクジャカルタ特別州の観光地の一つであるKEDUNG PENGILONをご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

Bantulは、自然の観光で有名なジョグジャカルタ特別州の地区の一つです。すでに人気のあるものから隠されたものまで様々な観光地を訪れることができます。都市部から離れた静けさを追い求めることを選択した場合、並みはずれの美しさをもちながらもまだなわれていない隠れた観光地の一つあります。この場所の名前は、Kedung Pengilonです。

Kedung Pengilonの主な魅力は、自然の雰囲気と美しい景色のある滝です。10メートルの高さの滝と滝の真下にあるよくった木々に囲まれた澄んだ水のプールは、訪れる誰もを魅惑し、長く滞在したくさせます。Kedung Pengilonを訪れるのに最適な時期は、雨季です。乾季には、流水量が、少なくなったり、干上がったりします。一方で、雨季には、流水量は、8メートルにも達するプールを満たすことができます。

Kedung Pengilonは、ジョクジャカルタ特別州Bantul地区Kasihan Pajangan区のPetung村にあります。この観光地に行くには、観光客は、自家用車またはレンタカーを使用することをお勧めします。なぜなら、Kedung Pengilonれて行くことができる公共交通機関は、まだないからです。観光客は、運転するとき、注意を払わなければならりません。なぜなら、Petung村に入った後の道のりは、岩石で満たされているからです。

Kedung Pengilonに入るためのチケットの価格は、比較的安いです。観光客は、一人当たり5,000ルピアを支払うだけです。駐車料金は、車は5000ルピア、オートバイは3000ルピアです。 Kedung Pengilonは、依然として地元住民によって管理されています。したがって、この観光地は、まだ最小限の設備のみです。すでに駐車場とトイレがありますが、屋台やレストランがありません。だから、Kedung Pengilonを訪れるなら、十分に食べ物と飲み物を持参することを忘れないでください。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

04
June

パソナインドネシアの時間です。今日は、北スマトラ州のTANGKAHAN観光地をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

北スマトラ州は、新鮮な空気と緑の木々を持ち、家族のレクリエーション場所になることができる自然の観光地があります。観光地は、Tangkahanです。 Tangkahanは、外国への有名なエコツーリズムです。また、Tangkahanは、その美しさのため、"された楽園"と呼ばれます。Tangkahanは、北スマトラLangkat 地区のGunung Leuser国立公園に位置しています。

この地域はまた、世界で最も多様な霊長類の地域であり、絶滅の危機にしている地球生物の生息地でもあります。 Tangkahanで楽しむことができる観光の活動は、アドベンチャーツアー、または単に熱帯雨林での水泳やトレッキングです。トレッキングをお望みの方は、ツアーガイドと一緒に歩き、スマトラゾウに乗ることができます。ユニークなことに、象は、狩猟、侵入、そして違法伐採などの違法行為から国立公園を守るために使用される訓練された象です。このエリアには、3つのトレッキングトラックがあり、子供と家族のためのソフトトレッキングから冒険に至るまで行うことができます。トレッキングの際には、地元のガイドが付いてくるので、隠された自然の富を知ることができます。

トレッキングの際は、Tangkahanで興味のある場所を訪れることができます。その一つは、小さな滝がある Buluh川と Batang Serangan川の合流の近くです。この滝に達するには、川の流域まで約100メートル歩かなければなりません。この滝の下に座って、水の新鮮さを感じることは。とても楽しいです。 Tangkahanには、バットの洞窟(Gua Kelelawar)もあります。この洞窟には、何千ものコウモリが住んでいるので、バットの洞窟と呼ばれます。しかし、心配しないでください、この洞窟ni入るのは、非常に安全です。

行うことができる他の活動は、Tubingです。この活動は、タイヤを使用してラフティングすることで、Tangkahan川の流れを感じることができます。Tangkahan川の流れを征服しながら、川の美しさを楽しむこともできます。この興味深いの様々な活動は、Tangkahanを訪れれば、楽しむことができ、北スマトラの首都メダンから陸上輸送で約34時間で、アクセスできます。ここでは、宿泊施設だけでなく、好みに応じて選択することができる興味深いツアーパッケージがあります。もちろん、コストは、様々です。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

30
May

パソナインドネシアの時間です。今日は、東南スラウェシ州のバジョ族の浮遊村をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

バジョ族には、東南スラウェシ州ムナ地区マギンティ区バンコ村という伝統的な集落があります。その村は、ムナ島の西側に位置し、この地域には、陸と海があります。バンコ村の集落は、ムナ島から約600メートルの海に建てられ、浮遊集落のように見えます。バンコ族村は、東南スラウェシ州の多くのバジョ族の集落があり、今日も海上で生活する伝統を保持しているバジョ族の村のひとつです。一方、他のBajo族の集落は、一般的には、浜辺に住んでいるか、土地に家を建てています。バンコ村の名前は、バンコ島の集落の近くにある島の名前から取られました。バンコは、バジョの言語で、マングローブを意味します。この島は、95%マングローブにわれているので、バンコ島と呼ばれます。

古代から、バジョ部族は、海に依存し、決して海から遠くない人生を送っている部族です。バジョ部族は、海の上のボートや村落と常にいっしょです。なぜなら、彼らは、ボートに住み、場所を移動していたからです。この浮遊生活習慣は、定住文化に置き換えられ、今日は、い海に家を建てています。バンコ村に行くには、自家用車またはレンタカーでパジャラ村に向かいムナ地区の首都ラハ市から始まります。この旅は、約70キロです。パジャラ村に到着すると、ボートを使って7キロの距離の旅が続きます。この旅行のためのボートの費用は、1人あたり約10万ルピアです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

29
May

パソナインドネシアです。今日は、中央ジャワ州のMenganti海岸についてご紹介します。

Kebumenは、南側にインド洋に接する中央ジャワ州に位置する地区です。この地区は、Kebumenに観光する特に、ぜひ訪問しなければならない美しい海岸に恵められています。その一つは、Menganti海岸です。その美しさのため、この海岸は、中央ジャワ州の最も美しい海岸として戴冠されます。この海岸は、Kebumen地区のAyah県のKarangduwur村に位置しています。この海岸は、Kebumenの西側に位置しています。

Menganti海岸に行くために、かなり急な道で、Kebumenの中心部から2時間ぐらいかかります。しかし、すべての疲れは、Menganti海岸に到着した後、報われます。白い砂は青い海の水で混ざれます。海岸は緑の丘と聳え立つ自然の崖に囲まれているので、景観は素晴らしいです。この海岸に観光する時、水遊びすることができます。あなたは、ここの漁師が取った魚も直接買うことができ、そして焼くことを頼むことができます。そのため、Menganti海岸の新鮮な魚を楽しむことができます。

Menganti海岸では、このビーチの自然の美しさを楽しむことができます。より美しい景色を得るためには、ビーチの東側の丘を登ることができます。丘の頂上に、灯台があって、まだ灯台の頂上まで上ることができる1912年から1915年までオランダによって建設されました。この場所から、沿岸地域全体、青い海まで伸びるサンゴの丘の曲線を見ることができるようになります。またこの丘から、美しい日の出と日没を楽しむこともできます。Menganti海岸には、使用可能ないくつかの設備が整っています。

灯台以外に、Menganti海岸に観光するときに、訪問することができるKarangbata崖があります。この崖は、Menganti海岸の東南側にいしています。Karangbata崖から、あなたは、インド洋とサンゴの島の広大な眺めを見ることができます。避難所のための小屋があります。

これでパソナインドネシアを終わります。明日も他の興味深いトピックでまたお会いしましょう。

Page 1 of 7