パソナインドネシア

パソナインドネシア (177)

19
February

Wedangは、ジャワ語で、温かい飲み物を意味します。この飲み物は、しばしばお茶のように提供され、楽しまれます。Wedangは、スライスした生姜、砂糖赤または砂糖石から作られ、お湯に混ぜます。通常、空気が寒いときに楽しんでいます。インドネシアの人々は、さまざまな種類のWedangを知ります。各地域には、独自の特性があります。たとえば、中部ジャワ州のJember市の人々は、雨が降ったり冷たい空気が入ったときに暖かい飲み物としてWedang Corを知っています。

この温かい飲み物は、東ジャワ州のJemberの典型的な料理の一つです。Wedangは、温かい飲み物を意味します。Cor は、セメントと砂の混合物です。飲み物のこの混合物は、粘着性のある穀物がかき混ぜられたときに浮かぶ色はやや灰色ので、Wedang Corと呼ばれます。この展示は、セメントと砂の混合物に似ていると考えられています。ぬるま湯に加えて、Wedang Corの成分は、牛乳、生姜、およびTapeという発酵もち米テープを使用しています。

飲むとき、この飲み物は、とてもおいしいです。典型的なもち米Tapeと牛乳、の甘味は、生姜の暖かさと組み合わせます。この飲み物を楽しむには2つの方法があります。まず、浮遊するもち米Tapeが、生姜牛乳と一緒に飲むことができるように、それをかき混ぜます。第2に、最初にそれをかき混ぜることなくガラスの底に沈む米Tapeを取ります。Wedang Chorをどのように楽しんでも、この飲み物は、まだとても美味しいです。Jemberでこの暖かい飲み物を見つけるのは難しくないです。その一つは、Jember市の広場で見つけることができます。価格は、7千5百ルピアから1万ルピアまでです。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、魅力的なトピックをお会いしましょう

 

 

 

18
February

Teluk Cendrawasih湾国立公園は、西パプア州のTeluk Wondama 地区にあります。Cendrawasih湾国立公園に行くには、Biakに向かって飛行機を使用し、Manokwariに向かって飛行機で続け、その後、国立公園内に含まれるRumberpon島に向かってロングボートを使用します。

Rumberpon島は、動物、特に鳥や鹿の繁殖地を観察するための場所です。この島からは、島周辺の水中の美しさを楽しむためのダイビングやシュノーケリングなどの海洋活動もできます。Rumberpon島だけではなく、美しいダイビングスポットの形で航海の美しさを提示するNuswori島、Roon島、Yoop島などのCendrawasih湾国立公園エリアに含まれている他の島を訪問することができます。また、Cendrawasih湾国立公園を旅行中に疲労を和らげることができる温泉を提示するMioswaar島もあります。

国立公園は、500種以上のサンゴ礁、950種のサンゴ礁の魚、そしてホエールシャーク(Rhinocodon Typus)、人魚(Dugong Dugon)、ナポレオン、カメおよびその他の数種のサメなどの巨大動物群があります。WWFインドネシアは、この湾に生息する多くの種のため、サンゴ礁を傷け、Cendrawasih湾国立公園の水域で何百もの魚種の生息地である水を汚染しないように、海岸周辺の海からの日常生活に依存している周囲の人々を教育するために、グラノビンタン船を使用します。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、魅力的なトピックをお会いしましょう。

15
February

Semahの魚は淡水魚です。形は細長く、鱗状で光沢があります。この魚の別名はKancra(スンダ語)、Tambra(ジャワ語)、Sapan(カリマンタン語)、Ihan Batak/CurongBatak Toba語)、Mahseer/kelah(マレー語)です。Semahの名は、中央部スマトラから南スマトラまでの人々がよく使います。この魚は高級食材として知られて、インドネシアとマレーシアで一般的に消費されています。

Semahの魚は、Jambi州の地域のような山の中で急流の川に住んでいます。地域の人々は、Semahの魚をGulai Ikan Semahという名前の典型的な料理に加工します。おいしくてわずかにスパイシーな味わいのカレースパイスと組み合わせたSemahの魚の料理、Gulai Ikan Semahは、Jambiでは、人気のある料理です。Gulai Ikan Semahは、カイエンペッパー、塩、生姜、ラオス、エシャロット、ニンニク、ココナッツミルクなど、新鮮なスパイスの混合物で作られました。Gulai Ikan Semahを作るには、大きいSemahの魚が、肉がしっかりしているので、お勧めですが、小さいSemahの魚は、ほとんど骨です。

食べたとき、Semahの魚は、肉がしっかりしていて、スパイシーなカレースパイスを持っているため、この料理はとても美味しいです。それに、Gulai Ikan Semahの味は、肉にあるだけではありません。あなたは、Semahの魚の鱗を食べることもできます。形は、鶏の若い骨に似ています。食べるとき、Semahの魚は、肉を細かく切るのが良いです。このJambiの典型的な料理は、熱いご飯ともに、食べるのがもっと美味しいです。

今では、Semahの魚を見つけるのは、難しいため、この料理の価格はかなり高いです。1キログラムのSemahの魚は10万ルピア以上の価値です。ですから、一人分のGulai Ikan Semahは、安くなくて、ご飯なしは、2万5千ルピアです。リラックスした雰囲気の中で、この料理を食べてみたいなら、Kerinci湖のほとりに来てみてください。いくつかのレストランはこの特別な料理を提供しています。

14
February

これまでバリの人々が好んでいるバリ島の芸術の一つの種類は、Arjaです。この芸術は、劇場のような形、または、ダンスドラマのようなバリの典型的なオペラです。バリでArjaは、1814年にクルンクン城でI Dewa Agung Saktiの時代に現れました。Arjaダンスドラマは、Panjiの物語から来たタイトルを取りました。しかし、時々、JayapranaPakang Raras, Sampir, Rare Angonなど、他の物語からタイトルを取りました。Arjaダンスは、もともとガムランを伴わずに、一人によってのみ踊られます。このArjaは、Arja Doyongと呼ばれます。Arjaは、バリの人々のために娯楽になりました。

機能によると、Arjaは、演劇の形でバリのダンスグループに分類されます。Arjaは、非常に複雑な演劇芸術です。なぜなら、それは、ダンス、ドラマ、ボーカル、インストゥルメンタル、詩、演技、舞台芸術、ファッション、美術など、バリにある様々な芸術の組み合わせからです。演劇として、Arjaは、公共の観客と非常にコミュニケーションです。バリのArjaは、BangliKlungkungGianyarAmlapuraBadungTabananJembrana, Singarajaなど、まだ多くの地域に広がっています。

ショーとして、Arjaは、教育機能を有します。通常、人々は、Arjaを見た後に、何日間も、彼らがちょうど見たグループによって表示された歌と冗談をまねるでしょう。興味深い出来事についての面白い動きや表現は、彼らは日常生活の中で繰り返されます。したがって、Arjaは、メッセージを伝達するのに非常に強力なコミュニケーションメディアです。

 

13
February

Lampungには様々な自然の美しさがあります。そのうちの一つはKunjir観光の村です。KunjirビーチまたはWay Kunjirのサンゴ礁生態系の美しさは、南Lampungでも最高のものです。水中パノラマの以外でも、地上の風景、ランプンの有名な海岸と比べて負けることなく魅力的です。このビーチには白い砂浜と青い海、そして魅力的な夕日があります。数ヶ月前にこの地域を襲った津波の後の南部ランプンの観光産業の復興を支援するため、観光省を通じインドネシア政府は、観光に従事している中小企業(UMKM)に小規模事業者向け融資(KUR)を提供しています。観光地開発副大臣(観光省)、Dadang Rizki Ratman、土曜日(9/2/2019)、南Lampung県Kaliandaの「ポスト津波観光資金調達のためのFGDおよびコーチングクリニック」のイベントで、観光事業のためのKURの提供に関する規制は2018年8月以来設定されていると述べました。

観光省は、事業当事者より生産的になり、その結果、事業規模より拡大するよりKUR観光施設の利用とUMKMの事業者に省令市続けています。今回の南ランプン県で場所の選択も、この地域は数ヶ月前にスンダ海峡津波の影響を受けた地域の1つであるため、「スンダ海峡の復活」 観光省プログラムにも含まれました。南 Lampung地区の観光局からのデータによると、南 Lampungの約314人の観光に従事する中小企業事業者は、スンダ海峡津波の影響を受けていました。

 

KURプログラムを通じた資金で融資された観光セクターの13のサブビジネスは、旅行代理店、アートスタジオ、アートパフォーマンス、および会議、インセンティブ、大会および展示会(MICE)の主催者を記録されました。観光省はまた、インフラに関連する省庁と調整し、影響を受けた観光支援施設を直ちに修復します。

観光部長のLampung部長、Yuda Sukmarinaは、この活動は、津波後の困難な事業へ取り組み中で復活し元気を取り戻すために、地方自治体ふびと津波の影響を受けたUMKM事業者への理解を深めるための手段となることを期待しています。南Lampungでの観光産業の復活はまた、2019年4月14日から17日までの国際サーフィン大会などの国際的なイベントの開催によって特徴付けられました。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、魅力的なトピックをお会いしましょう。

ありがとうございました。

12
February

Bondowosoは東ジャワ地区にあります。地理的にはは山、丘、そして低地から成っています。この地区には海はありませんが、陸地には自然の美しさがあります。最も惹きつけられるのは、滝、クレーター、湖などの自然の観光地です。今回は、Tancak Kembar滝を紹介します。それはArgopuro山の斜面にあるBondowosoの観光名所の1つです。


Tancak Kembar滝はBondowosoの町から西へ24キロの所にある、Pakem地区、Andung Sari 村にあります。Andungsari 村への車でのアクセスは比較的 簡単です。なぜなら、道路が舗装されているからです。国営農園(PTPN)の正門へは、車またはバイクで行くことができます。そして、この門から滝のある場所へは約2.5キロメートル、陸路を行きます。

その場所に到着すると、澄んだ白い水と岩の崖が目の前に広がります。お互いに20メートルほど離れた場所に2つの滝の流れがあり、高さは、どちらも約77メートルあります。したがって、2つの滝はtancakと呼ばれ、マズラ語で双子の滝を意味します。

 

 

この観光地は、美しい自然の風景と、180ヘクタールの面積を有する、アラビカ コーヒーとカカオの研究センターによって支えられています。新鮮な滝を楽しんだ後は、アラビカ コーヒーとカカオ 研究センターを訪れることができます。


11
February

インドネシアは、文化的多様性に富んだ国です。この多様性は、インドネシアの領土に住み、様々な島々に広がる多数の住民によって形成されています。各部族には、習慣、地域の言語、芸術、民謡、伝統的な服を含む伝統的な家屋があります。一般的に、各地域の服装は、伝統的な武器を装備しています.例えば、ジャカルタのゴロク、西ジャワ州のクジャン、北スマトラ州のピソスリと、アチェ州のレンチョンなどです。

インドネシアは、文化的多様性に富んだ国です。この多様性は、インドネシアの領土に住み、様々な島々に広がる多数の住民によって形成されています。各部族には、習慣、地域の言語、芸術、民謡、伝統的な服を含む伝統的な家屋があります。一般的に、各地域の服装は、伝統的な武器を装備しています.例えば、ジャカルタのゴロク、西ジャワ州のクジャン、北スマトラ州のピソスリと、アチェ州のレンチョンなどです。

西スラウェシ州にも、Mandar族、Pattae族、Pannei族、Pattinjo族など、さまざまな部族があります。 Mandar族はJambiaと呼ばれる伝統的な武器を持っています。過去には、農家は、これらの武器を使って、彼らの作物に損害を与える森林動物を狩るか殺しました。それはまた、移住する人々のための自己防衛の手段としても使われます。

Jambiaは、Badikのような伝統的な武器です。形は、刃の中心でかなり広く、先端は、尖っています。Jambiaは、女性用のJambia Baineと男性用のJambia Muane2種類があります。南スラウェシ州の他の地域からのBadikと比較して、Jambia特性は、それがcipiqまたはbisaqを持っているかどうかを見ることができます。Cipiq2つの端に分割されているジャンビアの記号です。一方、Bisaqは、tongong2つの部分またはbadikの後ろを分割し、上から下に半透明の記号です。

古い信念によると、これら2つの特性は、取引と農業に適していると考えられています。なぜなら、それは、多くの富をもたらすと信じられているからです。このJambiaの各部の名前は、ハンドルとして機能するPuluというJambiaの頭、Oting というPuluに植えされた塩基で部分、Tondong, Seqde, Uyung という Jambiaの先端、そして、鞘は、Gumaと呼ばれます。

08
February

北スマトラ州、マンダリンナタール(マディナ)県、パンヤブンガン地区、エークバニール村の人々によって今もなお保存されているユニークな伝統があります。この村住民は、MANDAILING語で"Mamiang Bagas"としられているを持ち上げることの伝統があります、家を移動したい住民周囲の せいいをこめて支援します。移動させる家はもちろん軽くはありません。重さは数百キログラムにもなります。家を新しく場所にまでの距離近くはありません。この大体引き続かれてきた伝統は、依然として北スマトラ州のマディーナ県で維持されているコミュニティのふじょの精神を反映して行われ続けています

 

Mamiang Bagas活動は日程決定するための家の所有者からの招待から始まります。この話し合いでは、通常は若い村人たちが集まります。決められた日に、準備された竹のさおが家を支える各柱に結び付けられ始めます。竹のさおに加えて、使われる経路も通過できるように清掃され、安全も確保されています。大きなの叫び声で、高床式の家は地面から上がり、動きはじめます

 

住民はこの木損の家を一緒に担がなければなりません。家が重すぎるので、住民たちは何度も家をみろして、再び担ぎ上げなければなりません。

新しい場所がは狭い道路や地区とおるばあい、目的地にたどり着くまでには数時間かかることがあります。住民の叫び声が響きわたると、ますます、雰囲気盛り上がる賑やかとなります。最初的に、この高湯式住宅は新しい場所に置かれてます

 

高湯式住宅が新しい場所に移動された後で、新しく引っ越した家が災害から守られるように感謝祭のイベントが続きます。

Mamiang Bagasの伝統は、住民間の親密な信仰のきずなをあられすごうどう食事会で終わります。こうどう食事会は、住宅の所有者から、家を移動するのに時間とエネルギーを喜んで費やしてくれたすべての住民への感謝を表現しているものです。

07
February

ペソナインドネシアの時間です。今日はLentog Tanjungの料理をご紹介します。

Lentog Tanjung、はKudus市の美味しい料理の一つです。Kudusは、中部ジャワ州の地区の一つです。この地区は、中部ジャワで最大のたばこ製造都市(クレテック)及びサントリ―島の都市として広く知られています。この街は中世のイスラム教発展の中心地です。これは、布教者またはSunanの墓(ジャワのイスラム教を広めた人物)、それは、SunanKudus, Sunan MuriaとSunan Keduの墓の存在から明らかです。この街では、ムリア山、Kretek 博物館、Simpang Tujuh,そしてKudus塔などたくさんの魅力的な観光名所を訪問できます。
この典型的なKudus料理の名前は、LentogとTanjungです。Lentog,またはLontongはバナナの葉に包まれた米から作られた食べ物でした。そして、Tanjug(Tanjungkarang)はJati地区、Kudusにある村でした。昔、この料理はその村から生まれました。しかし、時間が経てば、Lentog KudusはKudusの全ての都市とインドネシアの他の地域で販売されています。
Lentog Tanjung料理の主材料はLontongです。Lentogが独特なのは、Lontongのサイズが大人のふくらはぎ位の大きさがあることです。Lentog Tanjungの一人前は、Lontongの小片、若いジャックフルーツの副菜、野菜、豆腐とテンペ、濃いココナッツミルク、そして炒めた玉ねぎをのせたものです。この料理は暖かいうちに食べるのは美味しいです。
この料理は朝食に適しています。それを楽しむために、スプーンを使用する必要はありませんが、Suruというバナナのをスプーンにすることができます。Lentogはうずらの卵のサテ、腸のサテ、クルプックなどと一緒に食べるとより美味しいです。Lentog Tanjung を味わうために、Kudus, Jati地区、Tanjung Karang村地域に訪問しましょう。価格は比較的手頃な価格で、一人前は約1万5千から2万ルピアです。
これで、ペソナインドネシアを終わります。
ありがとうございました。また、お会いしましょう。

06
February

ペソナインドネシアの時間です。今日は、ビダダリ島の歴史をご紹介します。

インドネシアは、その自然の観光地の魅力に非常に富んでいます。インドネシアの17,000の島々のうち、注目を集めている島の一つがあります。その自然の美しさだけでなく、その注目を集める歴史です。この名前は、ビダダリ島です。この島は、ジャカルタ特別州の地域のKepulauan seribu地区に含まれています。ビダダリ島と呼ばれる前に、この島には、2つの名前、すなわちSakit島とPurmerend島があります。

17世紀に、ビダダリ島は、場所は、遠くないのでOnrust 島の活動支持です。支持として、多くの補助施設が建設されました。1679年、VOCは、Angkeからの移動であるハンセン病の病院を建設しました。このため、この島は、SAKIT島と呼ばれました。同じ時間に、オランダ人は、要塞監督官を設立しました。この砦は、敵の攻撃からの防御を実行するための監督手段として機能します。オランダ人によって占められる前に、アンボン人とオランダ人は、この島に住んだことがあります。1800年に英国の艦隊は、この島を攻撃し、この島の建物を破壊しました。

1803年頃に、オランダ人は、ビダダリ島の支配権を取り戻し、再建しました。しかし、英国は、1806年に再び攻撃し、Onrust島とビダダリ島 そして、その他の島々は、崩壊しました。1827年に、この島は、中国の労働者と捕虜を巻き込むこオランダによって再建されました。建てられた建物は、1933年まで機能していたハッジ寮です。この島は、リゾートになる前に、1970年まで空いていて無人です。実際に、この島は、人々が訪れたことはありません。1970年代初頭、PT Seabreezは、観光地としての役割を果たすために島を管理します。

1970年以来、訪問者を引き付けるために、島は、ビダダリ島に改名されました。理由は、 Putri島、 Nirwana島 など、Kepulauan Seribuの別の島の名前に触発されています。オランダの植民地時代からの歴史的な遺物は、ビダダリ島の主な魅力になりました。このリゾートでは、海の雰囲気を楽しむためにリラックスしながらご滞在を提供しています。ジャカルタの近くに位置しているので、多くの訪問者は、ただ日帰り旅行に来るか、ワンデーツアーとして知られて滞在しません。訪問者は、涼しい潮風を楽しんでリラックスしたいだけでなく、ビダダリ島にある歴史的建造物も見たいです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、地の魅力的なピックで、またお会いしましょう。

Page 1 of 13