パソナインドネシア

パソナインドネシア (153)

10
December

ペソナインドネシアの時間です。今日は、リアウ諸島のMepar島をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

Mepar島は、リアウ諸島にある島の名前です。この島には、美しい景色だけでなく、史跡もあります。 Mepar島は、リンガ島の南にあります。行政上は、この島は、リアウ諸島州のリンガ区のMepar村にあります。

Mepar島は、歴史観光の地で有名です。その一つは、リアウ・リンガ王国の遺産の4つの要塞です。この4つの砦は、Hilir要塞、Lekok要塞、Tanjung Segi Tiga要塞、Tengah要塞です。 Lekok 要塞は、丘の上にあり、Lingga島のTanjung Buton真正面にあり、7つの大砲が装備されています。残念なことに、要塞は現在、傷ついた状態にあり、野生の植物で覆われています。それでも、そのことがここに来る訪問者の関心を減らすことにはなりません。なぜなら、特別な魅力になり得ているからです。

史跡だけでなく、Mepar島に住む住民も、この島の魅力です。この島の居住者は、現在まで、Tanah Bunda Melayuという、立ちれる家を保持しています。この島に来るすべての観光客は、ホテルや宿泊施設を借りる必要はありません。地元住民は、Mepar島で夜を過ごしたい観光客が立ち寄るためにく自宅を提供してくれます。これは、Mepar島の住民が、先祖から受け継いだ「里親」を維持していることを示します。 これは、彼らの村を訪れるすべての人は、立ち寄れる家を必要とする、彼らの子どもであることを意味します。

この島に行くには、バタム島またはビンタン島から出発する場合、Singkep 島のJagoh Dabo Singkepの港に向かう便が毎日提供されています。そして、訪問者は、約30分かかるMepar島に到達するためにスピードボートで旅を続けます。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

07
December

パソナインドネシアの時間です。今日は、東ジャワ州ボンドウォソ県のSitus PekaumanPekaumanサイト)をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

最近、東ジャワ州ボンドウォソ県は、メガリック(巨石都市として宣言されました。この宣言は、ボンドウォソ県政府の努力の一部であり、国内外の観光客を引き付けるためのものでした。 Bondowoso県、Salwa Arifin県庁は、Bondowoso県には、特に歴史的観光の可能性があると説明しています。Salwa Arifin県庁は、この宣言を通じて、観光客が、ボンドウォソに来て、巨石サイトの周辺に人々に影響を与えると期待しました。ボンドウォソ県にある巨石サイトの数は、数千にも上ります。ボンドウォソ県政府が保有しているデータに基づき、郡全体に1,215の巨石サイトがあります。

今回のパソナインドネシアは、ボンドウォソ県が所有する1215のサイトから1つのサイトを紹介します。この名前は、Pekaumanサイトです。それは、ボンドウォソの約10キロメートル南にあるGrujuganPekauman村に位置しています。それは、Pekaumanの村に位置しているため、Pekaumanサイトと呼ばれています。このPekaumanのサイトは、ボンドウォソ県で最大のサイトです。 Pekaumanのサイトに行くには、ボンドウォソターミナルからJemberまでの公共交通機関を利用し、Grujugan 村の工場で下車してください。その後、Pekaumanサイトの場所が、道路から遠く離れていないため、徒歩で進んでいます。これは、約1キロメートルです。

このPekaumanのサイトには、ドルメン、サルコファギ、メンヒル像、ダコン、ケノン石などがあります。 Batu Kenongは、頂部にピークを持つチューブ/スリンダーストーンです。この石は、古代ブラバンガガン帝国時代の建築基礎として機能すると信じられています。また、地域境界のマーカーであり、女性の繁殖力の象徴とも言われています。ダコンは、古代ボンドウォソ王国の時代、王座のような形をした石です。ドルメンは、小さな石のを持つ大きな石の形をした石テーブルです。また、奉仕の場のドルメンがあり、その下には、墓もあります。このサイトでは、多くのドルマンは、以下の墓があります。

メンヒル像は、人間の形でまれた大きな石です。メンヒル像は、死者を記念するために作られ、同時に死者を象徴するため、それがアイドルオブジェクトになります。サルコファギ(石棺は、石の墓ですが。残念ながら、このPekaumanサイトの多くの石棺は、れています。これらの古代の石は、田んぼにあり、住宅地にも広がっています。ほとんどの場合、地面にもれているため、まだ特定されておらず、発見されていない他の石があります。この古代の石は、ジャワ島で最も古い新石器であると信じられています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

05
December

パソナインドネシアの時間です。今日は、西ヌサトゥンガラ州のBatu Janggot滝をご紹介します。この放送は、3325kHz短波放送だけでなく、www.voinews.idで聞くことができます。

水上ツアーが好きな観光客のために、中部ロンボクは最も完璧な休暇スポットです。ここには美しいクタ・マンダリカ・ビーチがあり、インド洋の海に伸ています。またもちろん見逃すことができないエキゾチックな滝もあります。の名前はBatu Janggot であり、中部ロンボク地区 BatukliangUtara区のAiq Berikに位置しています。

Batu Janggot は、水を愛する観光客のための適切な場所の一つです。この場所は、中部ロンボク地区Batukliang Utara区のAik Berik村にあります。マタラム市からは、距離は、45キロで、45分のドライブです。Batu Janggot への道路アクセスは、Benang Kelambu Benang Setukel とい他の2つの観光地と一線をしているので、とても簡単です。アクセスは非常に簡単ですが、Batu Janggot の場所に入る前に約1.5キロ、道路の状態は土地や岩の形態です。したがって、使用されている車両がベストコンディションであることを確認してください。

駐車場から滝までは、かなり近いです。しかし、そこに達するためには、観光客は、周囲の木々の中の階段を降りなければなりません。いくつかの階段を降りた後、崖の上から落ちる水の景色が見えます。水は、滝になるまで落ちる前に地面から来るので、とても明確です。その後、滝の旅は、深い川の大草原ることによって続けられます。しかし、心配する必要はありません、この観光地のマネージャーは、通過するのに十分な頑丈な木製の階段を作りました。滝への道に加えて、この階段は、観光客のための写真スポットとしても広く使われています。

Batu Janggotの滝は、そのユニークな水源のためだけではなく、川のほとりの高い崖もあります。この丈夫な崖は、下から見るとよりエキゾチックに見えます。互いにっている崖は、水の流れに対する障壁のようです。この景色を楽しんで満足した後、観光客はプールにることができます。場所は、落ちる水とは遠いので安全です。一部の観光客は通常、上からプールに向かってジャンプすることを楽しむことができます。しかし、ここで泳ぐときは、特に雨季ときには注意が必要です

自然の景色を楽しむだけでなく、この観光地では、乗り物を試すことができます。その一つは、確実に忘れられない感覚を提供する安全なフライングフォックスです。 Batu Janggot 滝の美しさを楽しむことに興味のある人は、ポケットの中だけで過ごす必要はありません。 5,000ルピアの車の駐車料金を支払うだけで、十分に水を楽しむことができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

03
December

ペソナインドネシアの時間です。今日は、マルク州のSasi Lautの伝統をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことが出来ます。

HalmaheraTernateBuruSeramAmbonBandaKei 諸島などのマルク州のほぼすべての島とRaja Ampat 諸島、SorongManokwariNabireBiakなどのパプア州では、Sasiと呼ばれる特別な習慣を行います。実は、この伝統は、多くの自然観光地を保護しています。 Sasiの伝統の多くは、海岸に位置する村で行われます。

Sasiは、これらの天然資源の質と量を維持するための保全努力として、特定の天然資源を取ることの禁止と解釈することができます。 Sasiは、すべての地域住民に対する、周辺の自然資源からの公平な配分への努力を含む生活儀礼です。現在、 Sasiは、伝統というよりも慣習法である傾向が大きいです。なぜなら、Sasiは、海産物や農産物を収穫する際の方策をとる方法として使われているからです。

Sasi Lautは、海産物を取るための慣習的な規則です。 Sasi Lautは、一時停止の期間を決定します。一時停止の期間は、住民は、特定の時間や指定された場所で海から資源を取ることができません。Sasiの存在により、住民は、海産物を取ることに分別があります。 Sasi Lautが進行中の場合、Sasiが開かれるか、終了するまで、誰も指定された地域で生き物を取ることができません。ですから、住民は、これらの海洋動物を収穫するために忍耐強くなければなりません。

Sasi数カ月続いても、地元住民は,依然として忍耐強く、毎日のニーズを満たすために他の天然資源から生計を立てます。Sasiの伝統の間に、動物は、繁殖し、収量もより多くなります。さらに、住民は、Sasiに違反する人々は、悲惨な目にあうと信じています。

しかし、現時点では、多くの移住者は、この習慣にられていないため、管理が難しいです。その結果として、Sasiの実施が厳密に行われることはできません。 Malukuで天然資源を採取する多数の移住者や大企業は、Sasiシステムを徐々に隠しています。例えば、Nus LeurTerbang Utaraでは、海産物を取るときに境界をす漁船があります。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

28
November

パソナインドネシアの時間です。今日は、西ヌサトゥンガラ州ロンボクのLOANG BALOQ公園の観光地をご紹介します。この放送は、3325 kHz短波放送だけでなく、www.voinews.idで聞くことができます。

ロンボクという地名を聞くと、通常は、その自然の美しさとSasak 族の伝統的な村やギリ島などの人気観光地をすぐに重いつきます。しかし、ロンボクは、海、ビーチ、Sasak族の伝統的な村の美しさだけではありません。この美しい島には、まだ多くの興味深いものがあります。その一つは、マタラム市の中心部に位置する宗教的な観光地であるLoang Baloq公園です。

一部の観光客にとっては、Loang Baloqという地名は、かなり聞慣れない地名です。しかし、ロンボクの人々にとってだけではありません。なぜなら、ここには、昔から有名であった墓があるからです。人々は、墓は、過去にロンボクでイスラム教を広めた人物の墓と信じています。Loang Baloqは、聖木ブリンギンのの中央に位置する墓を意味します。言い伝えられる神話は、彼らの意思や願いことを伝えたいと思う人は、ビリンギンの木にロープを結びつけて祈らなければならないということです。願いが叶うと、彼らは、感謝のために戻って来て、結ばれていたロープときました。この伝統は、支払の約束を意味する“Saur Sesangi”の伝統と呼ばれます。

墓と神話の物語だけでなく、ここには、大きな湖もあります。この景色は、その周りに成長する木々の競演でより美しく見えます。また、ここには、子供用の様々な遊び場がある公園もあります。湖を巡るのを満喫したら、リラックスしたい時には、観光客には、施設が整えられています。すなわち、Saungというコテージを利用することができます。食事の間、夕方には、涼しく美し景色を楽しむことができます。また、ここには、崇拝とじゅうこう石住の場所があります。

既存の風景や利用できる施設から見ると、この公園は、とても疾走と言えます。しかし、この場所は、家族と一緒に訪れたい観光客にとっては非常に適しています。 Loang Baloq 公園を訪れる観光客は、一人あたり2,000ルピアの入場料を支払います。車で来た観光客のためには、要りません。駐車場は、非常にきちんと整理され、あなたの車を守るための警備員がいます。

このLoang Baloq 公園は、Idul Fitri祭日のお祝いのとき、Idul Fitri祭日の1週間後のLebaran Ketupatのお祝いまで毎年混雑します。Idul Fitri祭日のお祝いだけでなく、Loang Baloqの墓はまた、預言者ムハンマドの誕生日を祝うときに混雑します。Loang Baloq 公園に興味のある方は、観光地としては、西ヌサトゥンガラ州ロンボクのTanjung Karangにあります。ちょうどう南冠状線、西部、マタラムの市内中心部から遠くないです。ここに行くには、二輪車または四輪車または公共交通機関を利用できます。この場所は、非常に戦略的に整備され、簡単にアクセスできます。マタラムの中心部から、Loang Baloq 公園に行くのに15分です。 

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

27
November

パソナインドネシアです。今日は、東ジャワ州のEndog-Endoganフェスティバルをご紹介します。

1120日に、東ジャワ州のBanyuwangiの人々は、活発に行われた預言者ムハンマドの誕生日を記念して、Endog-Endoganフェスティバルを開催するために集まりました。数千本のEndhogの花が、東、西、北、南の4つの方向まで、東ジャワ州のBanyuwangi地方政府事務所の前にある集合地点までパレードされていました。各方向の行列には、Banyuwangiの伝統的なダンスであるKuntulanダンスとタンバリンとドラムの伴奏が伴っていました。行進に参加した各参加者は、儀式に提供される食糧をもたらすために作られた籐であるAncakを持っています。

Banyuwangiの地元部族の言語というUsing語で、Endogは卵を意味します。フェスティバルでは、何千個の卵が、紙の花で飾られた竹の茎に置かれています。これは、Endhogの花として広く知られています。Endhogの花は、Endhogの花の壇である装飾的な場所であるJudangで組み立てられました。時代に応じて、Endhogの花は花の形であるだけでなく、人々の創造性に応じて成長します。その形は、Barong、竜、飛行機などです。通常、1つのjudangには、27個、33個または、99個のendogの花が含まれています。

Endog-Endogan伝統は、18世紀後半にBanyuwangiで現れました。KH. Abdullah Faqihという名前のCemoro Songgon村からの聖職者は、この卵のメディアを宣伝の媒体として使用しています。Endhogの花自体は単に装飾や娯楽ではありません。しかし、それは哲学的価値でいっぱいです。この伝統で卵を使用する理由は、卵は誕生の象徴であるからです。一方、花は崇拝の象徴です。Banyuwangi住民の典型的な伝統であるこの祭りは、Banyuwangiの住民が預言者ムハンマドに愛することを表現したものです。

Endog-Endoganフェスティバルの一連の活動は、ウラマの講義と祈りで(おく)られたことで閉鎖されます。その後、パレードされたAncakは一緒に食べられます。一方、Endhogの花は、すべての訪問者に配布されます。現在、Endog-Endoganフェスティバルは、伝統の一部としてだけでなく、Banyuwangi市の観光魅力の一つとしても開催されています。

これでパソナインドネシアを終わります。明日も他の興味深いトピックでまたお会いしましょう。

26
November

ペソナインドネシアの時間です。今日は、東南スラウェシ州のMutiaraビーチを語紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

Buton Tengahは、農業、プランテーション、漁業、鉱業、観光セクターなど、東南スラウェシ州の他の地域と比較してらない数多くの経済的可能性を有する南東スラウェシ州の地区の一つです。観光部門では、Buton Tengah地区には、カタンブ・ビーチ、ムティアラ・ビーチ、マールボロ・ビーチ、マオブ洞窟、グマナノ洞窟、ロバ・ロバ洞窟などの観光客に知られ始めている観光スポットがあります。多くの観光スポットの中でも、MawasangkaGumanano村のMutiaraビーチは、現在、Buton Tengah地区の主要観光スポットの一つとして開発されています。

Gumananoは、Mawasangka区の村です。この村は、ButonWamengkoli港から約84キロ離れています。 Mutiaraビーチに行くには、最初にGumanano村に行く必要があります。この村は、とても遠いので、そこにくのは、簡単ではありません。この旅行は、Buton Tengah地区の首都Labungkariの中心部から始めることができます。Buton Tengah地区は、Baubau市からフェリーでアクセスできます。Baubau市は、ジャカルタから飛行機で3時間のケンダリを経由してアクセスできます。その後、高速船を使って5時間のBaubauに向かいます。

Mutiaraビーチに到着すると、このビーチの美しさが歓迎してくれます。ビーチに沿って滑(なめ)らかな白い砂浜が広がっています。Mutiaraビーチは、水が退いているならば、白い砂がより広く見えて、より美しくなります。さらに、青く澄んだ海水があり、このビーチがButonTengahの観光の魅力になるのも不思議ではありません。ここに来る多くの観光客は、カメラでMutiaraビーチの美しさをずっと残します。水泳をして海水の透明度を楽しむことを忘れないでください。

水泳のほかに、釣りが好きな訪問者は、海中を泳ぐ魚がたくさんいるので、ここでその趣味を楽しむことができます。 Mutiaraビーチへの旅行に加えて、訪問者はまた、Gumanano村の他の観光地を楽しむことができます。この村には、Lasayidewa という、Buton帝国から継承した要塞もあります。この砦には、7つの門があります。訪問者は、 Gumanano浴場でお風呂に入ることもできます。水は、新鮮ですが、少し海水がじっています。

これで、ぺソナインドネシアを終わります。明日も、魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

23
November

パソナインドネシアの時間です。今日は、東ヌサトゥンガラ州のフロレス島のGhan Wojaの伝統をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

東ヌサトゥンガラ州のフロレス島には、様々な部族が居住しています。これらの部族の偉大さは、依然として祖先の伝統と習慣を守り受け継いでいます。例えば、東ヌサトゥンガラ州のフロレス島東Manggarai 地区、Kota Komba区のRanakolong Saghe 村のSaghe 族などです。彼らには、Mbaru Mezeという伝統的な家屋で行われ、維持され続けている祖先遺産があります。毎年、Ghan Woja儀式は、Saghe部族の伝統的な長老と居住者によって引き続き取り行われます。この伝統的な儀式が開催されているとき、フローレス島の他の都市に住むSaghe族の住民も参加しなければなりません。

Ghan Wojaは、東 Manggarai 地区の南部にあるKolorの言語で、比喩的な言葉です。 "Ghan "は、食べることを意味し、 "Woja "は、米を意味します。Ghan Wojaは、新しい米を食べる伝統行事です。また、Ghan Wojaの伝統行事は、Saghe部族のすべての家族による毎年の収穫のお祝いと解釈されました。また、この伝統は、部族のすべての人々が、乾燥した土地で植え付けの季節に長年を過ごし、東Manggaraiの人々の農業カレンダーの新年に米、トウモロコシ、豆を植え始めることを意味します。また、この伝統は、昨年死亡した部族の人々がいた場合にも開催され、同じ儀式が種族とMbaru Mezeとの別れの場として開催されました。

Saghe部族にとって、Ghan Wojoの伝統行事は、昨年の収穫を祝うために開催されました。収穫は、良くても悪くてもです。また、この伝統行事は、Saghe部族の祖先と全宇宙の所有者の祝福を求める儀式です。したがって、新年に植えられたものは、収量が豊富です。 Saghe部族の住民は、Mbaru Gendangでこの儀式を取り行わない場合、の行カレンダーの新年では、人々は、Saghe部族の所有のいた土地や畑に米、トウモロコシを植えることを禁じられています。 

赤い鶏や黒い豚のような先祖のために準備しなければならないお供えの食材があります。伝統的な儀式の間に提供されるすべての食材は、Saghe部族の人々から集められなければなりません。Ghan Wojaの儀式が開催される前は、Saghe部族の住民は、乾燥した土地や畑に米、トウモロコシなどの種を植えることを禁じられていました。Ghan Wojaの儀式は、Mbaru GendangまたはSaghe 部族の伝統的な家屋で行わなければなりません。ユニークで珍しいなことに、。 Ghan Wojaの儀式のときに、それを実行していないSaghe部族の息子達の妻のためのKeda Rugha Manukという鶏卵みつけの儀式を行います。Ghan Wojaの儀式のときに、Saghe部族の息子達の妻は、Mbaru Gendang伝統的な家屋の住民として正統となります。それはまた、妻がんで伝統的な家屋に入ることを意味します。                

まだ行われていない場合、Saghe部族の息子と結婚した妻は、Mbaru Gendang伝統的な家屋には、Ghan Woja伝統的な儀式や他の儀式の中でに入ることができません。その後、伝統的な長老たちは、Totok Manukという伝統的な家で伝統の話をします。伝統的な長老たちは、Saghe部族のすべての住民が伝統家の中のサークルに座っている間に、鶏をんで儀式を開催しました。その後、Watu Nurungで鶏肉を切って、尊敬と感謝の証しとしてSaghe部族の妻の足元血滴られます。伝統的な長老たちは、伝統的な家のSaghe部族の祖先であるWatu Nurungでベテルの葉を入れたお供えを提供しました。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的な世ピックで、またお会いしましょう。      

21
November

パソナインドネシアの時間です。今日は、ジョクジャカルタ特別州スレマン地区のLava Bantalの観光地をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

Berbahは、ジョグジャカルタ特別州のスレマン地区にある区です。2,299ヘクタールの面積で、この地域は、観光客がまだほとんど知られていない興味深い観光地として有名です。実際には、Lava Bantal という2018年インドネシアの魅力賞の指名に含まれている観光地があります。

Lava Bantalは、2014102日に地理的遺産に指定されました。地理的遺産は、重要な科学的、教育的、文化的、審美的価値を持つ遺跡または地質地域です。 Lava Bantalは、約3600万年前、Purba Nglanggeran Purba の火山の栄光の始まりで形成されました。Lava Bantalは、水中火山から出てくる溶岩のために形成されます。冷水と直接接触する熱い溶岩は、ミネラルが凍結を経験し、に似た幾何学的形状を形成します。Bantalの名前は、溶岩から供給された岩の形から取られています。一列の岩は、途中で川が流れるのような形をしています。

このエリアに入ると、緑の木々、流れる川、ユニークな岩などの自然の雰囲気にまれます。Lava Bantalの外観は、橋からはっきり見えます。そこから、オパク川の運河である川の流れがく流れるように見えます。また、岩の間を流れる水の音と木で鳥チャープは、その地域の自然な印象に加わります。

いくつかの訪問者は、本当に雰囲気を楽しんで、その瞬間をえます。多くの人は、水の遊び場で新鮮な川を感じるようにしたいです。自然を楽しむには、一点にとどまるだけでは不十分です。訪問者は、何百万年も前のLava Bantalの形成をたどるように、足に沿って歩くことができます。

かなり大規模な河川流量を持っているので、この観光地はまた、ジオチュービング地理的な管の活動を開きます。管理者は、ルートに応じて3045分の持続時間でLava Bantalのオパク川に沿って行く感覚に興味のある人のためにタイヤとブイを借ります。通常、このジオ・チュービング活動は、週末、土曜日、日曜日に混雑します。高アドレナリンを持っている人のために、ジオチュービングは、試してみる必要があります。

アドレナリン試験のツアーに加えて、このGeositeの管理者はまた、川でと上記領域でガゼボを提供します。観光客は、景色を楽しみながらリラックスしたり、自然の川の流れの雰囲気を感じることができます。ガゼボに加えて、観光客はまた、屋台で様々な食べ物や飲み物を楽しむこともできます。また、Lava Bantal地域でイベントや会議を開催したい場合は、多くの人を収容するために使用できるPendopo Jogloホールがあります。

Lava Bantalに入るのは、無料です。観光客は、車の駐車料金のみを支払います。それは、安いですが、美しい景色を見ることができます。Lava Bantalは、SlemanBerbahJogotirtoWatuadegにあります。Adisutjipto空港から、Solo-Jogjaの道路に向かって、その後、Berbah Utara道路に行きます。15分以内に、この観光地を導くLava Bantalの標識を簡単に見つけることができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、ほかの魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

12
November

これで、パソナインドネシアの時間です。今日は、リアウ諸島のヌサンタラビーチをご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

 

リンガは、531の大小の島々を持つリアウ諸島の地区の一つです。それらのうち447島には、住人がいませんでした。たくさんの島があるので、この地区には、自然観光の可能性がたくさんあります。その1つは、リアウ諸島Lingga Sinkep 郡のTanjung Harapan村にあるヌサンタラビーチです。

 

ヌサンタラビーチには、湾に似た凹型の海岸線があります。この海岸線は、それほど広くはなく、約2ヘクタールです。このビーチは、きれいに整えられ、清潔に保たので、美しくて魅力的です。これはまた、このビーチは、国内外の観光客の訪問者のしてではない理由の一つです。このビーチに旅行するならば、ビーチの斜面を探索することができ、その上に屋根とサゴが付いた木製の小屋が建てられています。

 

このビーチには、茶色の砂浜と穏やかな波があります。訪問者は、このビーチで自由に泳ぐことができます。また、木製のフェンスのある小さな橋を歩いて行くことができる海にた小さな島もあります。 20平方メートルを超える人工島では、ラウンジチェアで日光浴をしたり、ガゼボで食事をしたり、写真を撮ったりできます。運が良ければ、ビーチで飛行機で食べ物を探している白鳥と会う機会があります。釣りが好きな人には、ここで趣味を流すことができます。

 

ビーチに行くには、簡単ですが、この観光地に行くことができる公共交通機関はありません。訪問者は、車やバイクを借りなければなりません。このビーチは、一日中開いています。訪れる観光客にとっても、そのような美しい景観があるので、午後に訪れることを選ぶことが多いです。このビーチでは、無料です。ビーチの設備は、トイレやバスルームが利用できるだけでなく、手頃な価格で宿泊できます。

 

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Page 1 of 11