15
November

インドネシア空軍は、インドネシア共和国の統一国家の主権をかす可能性のあるサイバー攻撃を予期する上で積極的な役割を果たさなければなりません。インドネシア空軍は、兵器システムの主要機器の使用にプロであり熟練する必要があるだけでなく、バーチャル世界、またはサイバー戦において脅威に対処する信頼できる能力を備えていなければなりません。アンタラ通信社に引用されたように、これは、1114日水曜日、ジャカルタの空軍のコマンド学校のキャンパスで、「サイバー戦争、世界大戦の新しい次元をテーマにした国家セミナーの演説で、空軍参謀長官Yuyu Sutisnaが語ったものです。空軍参謀長官Yuyu Sutisnaは、セキュリティ アシスタントDwi Fajariyantoによって読まれた演説で、サイバー戦争は、脅威の一種であり、社会生活、国民、国家に脆弱性がないように、十分な警戒心と早期に予期をもって対応すべき新たな課題だと強調しました。

15
November

東ティモール政府は、隣国であるインドネシアと東ティモールとの協力の機会がまだ広く開かれていると確信しています。東ティモール社会主義 国務長官Mericio Juvinal dos Reis氏は、隣国として、協力する義務があると語りました。これは、1114日水曜日、アンタラ通信社を訪問した時に、Mericio氏が語ったものです。Mericio氏によると、インドネシアと東ティモールは、地域の利益と両国の利益をく中で、ビジョンを持っているということです。東ティモール政府は、東ティモールが東南アジア諸国連合-ASEANの加盟国になることができるように、インドネシアが引き続き支援を行うことを望んでいます。

15
November

ジョコウィドド大統領は、朝鮮半島の平和プロセスの進展を歓迎します。ジョコウィドド大統領は、ASEAN . 韓国 首脳会議で、ムン・ジェイン韓国大統領が平和のために努力するという強い決意は、世界によって感謝され、成功したと述べました。ジョコウィドド大統領によると、ムン・ジェイン大統領の決意は、今日の世界を席巻(せっけん)している不確実性の中で、いくつかの希望の中の一つになるということです。国家ラジオ通信社は、大統領は、11月14日水曜日、シンガポールのサンテックコンベンションセンターで、インドネシアは、この平和プロセスを完全に支持すると語ったと報告しました。インドネシアの支援に関する、このメッセージは、818日のアジア大会の開会式の前の韓国首相と北朝鮮特別代表との会談の時など、インドネシアの大統領によって一貫して伝えられています。しかし、この努力は、まだ、終わっていません。両国が、朝鮮半島でに平和と安定を創出するには、まだ時間が必要です。

15
November

合衆国国際開発局 - USAIDは、国民を代表する人々が政策 策定、サービス提供、政府監視のプロセスを支援できると考えています。USAIDを通じて米国政府は、11月14日水曜日、ジャカルタで開催された、第1回インドネシアの市民社会フォーラムで、「持続可能性 確保のためのキャパシティビルディング」をテーマに貢献することができたことを名誉に感じています。法務人権省の法と民主主義強化のための大臣の専門スタッフ、Haru Tamtomo氏は、演説で、インドネシアと米国の政府は、2014929日の覚書を通じて民主的ガバナンスを構築するために協力してきたと語りました。

インサート :財務省と国家開発企画庁-Bappenasに代表されるインドネシア政府とUSAIDに代表される米国政府との協力は、2014929日に497号 援助契約に含まれる覚書に署名しました。その一つは、民主的ガバナンスに関連した第1開発目標の柱のための協力です。

Haru Tamtomo氏によると、市民社会と市民団体の用語は、しばしば同様に使用されていますが、実際には、2つの用語は、同じではありません。なぜなら、市民社会組織は、組織的な市民社会のように定義され、法人格を持っていない非公式の機関や、法人格を持っている公式な機関のように、いくつかの形態をとることが できるからです。彼は、現在、インドネシアの市民団体は、39293の組織があり、1日に約50100の新しい市民団体が結成され登録されていると述べました。多くの市民団体は、Budi Oetomo,Syarekat Islam,Taman Siswa,Muhammadiyah,Nahdlatul Ulama Wanita Katolik Republik Indonesiaなど、植民地時代から現在に至るまでの国家発展に大きく貢献していることが証明されています。

Page 1 of 173