16
April

 

Wiranto政治法務治安調整大臣は、5年に一度の民主主義の祭典が、クリーンで円滑で安全に進行されるように、2019年、総選挙の過程を監視するように、州知事に要請しました。選挙のプロセスを妨害、脅迫する特定の当事者がまだいるなら、すぐに探し、見つけ出し、直ちに中立化します。これは、月曜日、ジャカルタで、2019  総選挙最終準備調整会議で、Wiranto大臣が語ったものです。大臣は、2019417日に投票が、地域と中央政府の双方で、質の高いリーダーを生み出すことができる国民の一票を参加させる事を、望んでいます。

16
April

 

中央統計局(BPS)は、インドネシアの主力輸出品であるパーム油製品への否定的なキャンペーンがあるけれど、インドネシアとEUの間の貿易収支は、依然としてプラスであると述べました。中央統計局のSuhariyanto局長は、月曜日、ジャカルタでの記者会見で、一般的に、EUへの貿易収支は以前、プラスであると語りました。局長は、20191月から3月までの、EUへの輸出額は、36億米ドルに達し、一方、輸入は、302000万ドルだったと説明しました。したがって、EUに対するインドネシアの貿易収支額は、依然、約58000万ドルの黒字です。

16
April

 

教育文化省の文化遺産外交局は、2019418日に、世界遺産記念日を再び祝います。今年のテーマは、田園風景です。世界遺産記念日は、2019420日から27日の、バリでの催しが中心となります。そのタイトルは、「バリ州の文化的景観:トリ・ヒタ・カラナ (人、自然、神の調和) 哲学の具現化としてのスバクシステム」です。これは、415日、月曜日、ジャカルタで、メディアに対し、文化外交遺産のNadjamuddin Ramly局長が語ったものです。

 

今年の世界遺産の祭典は、バリ、デンパサール、そして周辺地域に焦点を合わせ、様々な活動を行います。特に、なぜバリなのか?、私たちは、バリにあるスバックの近くから見るために若者を参加させます。私は、先ほど、村の風景、村落地帯として、スバックについて、少し触れました。農村風景には、  Ulum寺、 Bangli 県の Batur湖、Gianyar県のPakerisan流域に沿ったSubakの風景とSubakの寺院、Tabanan 県と Buleleng県のCaturangga Batukaruの地域、そして、Barru県のTaman Ayun寺が含まれます。

 

Nadjamuddin Ramly局長はまた、この世界遺産デーの目的は、コミュニティグループと個人の両方で、世界中の人類を奨励し、彼らの生活、アイデンティティ、そしてコミュニティにとっての、文化遺産の重要性を理解することだと語りました。現在インドネシアには、4つの世界遺産、すなわち、ボロブドゥール寺院、プランバナン寺院、サンギランの初期人類遺跡、そしてバリのスバックシステムがあります。

16
April

 

アムネスティ・インターナショナル・インドネシアは、月曜日、ジャカルタで「9つの人権問題の優先課題」という報告書を発表しました。レポートは、417日の総選挙で競争する7,968人の立法候補者と2人の大統領候補者に向けられています。9つの人権の優先課題」の報告書は、アムネスティ・インターナショナルの調査員、Papang Hidayat氏から、2019年の大統領選の2組の正、副 大統領候補者の代表者に渡されました。Papang Hidayat氏は、発表で、5年ごとの総選挙を前に、アムネスティ・インターナショナル・インドネシアは、今後、5年間インドネシア国民を率いることになるであろう、立法議員と、大統領および副大統領候補者が、優先しなければならない人権保護の議題を提示したと語りました。

まず、表現の自由と人権擁護家という人権のために闘う人々の保護です。第2に、信仰と信念への思考の自由です。第3に、治安部隊による人権侵害に対する説明責任です。第四に、過去の著しい人権侵害に対する責任です。第5に、女性の権利です。第6に、特にパプアにおける人権状況です。第7に、特にパーム油部門で、事業部門における人権侵害の説明責任です。第8に、死刑の問題です。そして、第9は、性的少数派に対する保護です。

 

アムネスティ・インターナショナル・インドネシアは、この9つの主要な人権問題の概要を説明するだけでなく、将来、人権問題に取り組む中で、次期政権が取ることができる対策についても提言しています。アムネスティ・インターナショナル・インドネシアは、インドネシア国家を導く新政権が、人権をあらゆる国家政策立案における主要な基盤にすることを奨励します。

Page 1 of 251