17
September

教育文化省は、916日月曜日にジャカルタで、 ユネスコから、西スマトラ州サワルントの植民地時代のオンビリン炭鉱遺跡の世界遺産 登録の証明書を受け取りました。この決定は、外務省から教育文化省に引き渡され、インドネシアのユネスコ代表者が立ち会いました。

インサート :これは、すべての関係者にとって大変な作業であり、2015年に登録してから いくつかの段階を経ています。そして、それには紆余曲折がありました。なぜなら、世界遺産への道のりは、登録、審査と非常に難しく、そして、最終的に決定されるまでの4年間、専門家が関与しました。

 

HILMAN FARID氏はまた、次のステップは、管理組織を形成し、西スマトラ州の5つの地域/都市とブキット アサム社が協力すると語りました。サワルントOmbilin 炭鉱遺跡のユニークさは、ヨーロッパの技術と西スマトラ州ミナンカバウの知識と技術の交換があり、19世紀後半から20世紀初頭までの 世界、特に東南アジアにおける石炭開発に関連しています。これまでに、インドネシアには、すでに9つの世界遺産があります。文化遺産が5つ、すなわちボロブドゥール寺院、プランバナン寺院、サンギラン古代遺跡、バリ州の文化的景観:スバク灌漑システム、そして サワフルントのオンビリン炭鉱遺跡です。一方、自然遺産には、ウジュン・クロン国立公園、コモド国立公園、ローレンツ国立公園、スマトラ熱帯雨林遺産が あります。



17
September

貿易省、外国貿易局 Indrasari Wisnu Wardhana 局長は、国営企業省は既に、国内需要を満たす為の、50,000トンの牛肉に対し、3つの国営企業に譲渡状を発行したと説明しました。しかし、局長は、3つの国有企業が、まだ貿易省に輸入許可を申請していないと述べました。Indrasari局長は、月曜日、ジャカルタの貿易省でのメディア ブリーフィングでそれを語りました。牛肉の輸入許可は、8月に経済調整省での参加者 限定 調整 会議で政府により決定されました。

17
September

ASEAN国防相会議 プラスに参加する18か国、500人の兵士は、西ジャワ州ボゴールのSentulにあるインドネシア平和保安センターでの合同演習に参加します。演習は、2019917日から21日まで行われます。Ryamizard Ryacudu国防大臣は、月曜日、合同演習の開会式で、この演習は、地域の平和とセキュリティを阻害する可能性のある 共通の問題と課題に対して、見解の一致を見出すために、非常に戦略的な価値があると語りました。現在 行われている合同軍事演習は、18カ国からの平和維持軍と地雷除去軍関与する 集大成です。この合同演習には、世界平和の創造に適用できる相互に関連する専門知識とスキルの2つの分野、すなわち、平和維持活動と人道的地雷対策も含まれています。元 陸軍 参謀総長は、また、平和維持演習と地雷除去への女性軍人の参加に感謝しました。

17
September

インドネシア 青年実業家協会(HIPMI)のBahlil Lahadalia会長は、実業家が政府と戦略的に連携して、グローバル的に競争し、自国でホストに なることを期待しています。それは、月曜日にジャカルタで開催された第16回インドネシア 青年実業家 協会(HIPMI)代表者会議でBahlil Lahadalia会長が語りました。 Bahlil Lahadalia会長は また、政府との戦略的パートナーの一つは、国民の福祉を実現するのに役立つように、ビジネス関係者から 経済状況に関する政策のインプットと見解を提供するという形をとることができると述べました。

Page 1 of 336