Program Highligt

Program Highligt (206)

03
July

Kemenkeu: Kenaikan status Indonesia buah kerja keras dorong ekonomi

インドネシア財務省の公式声明によると、世界銀行は、202071日、インドネシアの地位を低中所得国から高中所得国に引き上げました。ステータスの増加は、2019年のインドネシアの国民一人当たりの国民総所得の最新の世界銀行の評価に基づいて付与され、3,840米ドルの以前のポジションから4,050米ドルに上昇しています。財務省は、インドネシアの地位の向上は、包括的で質が高く持続可能な経済成長の促進における政府とコミュニティの努力の結果であると述べました。さらに、インドネシア経済の回復力に対する投資家、貿易パートナー、二国間パートナー、開発パートナーの信頼と認識は、この地位の向上とともに強くなるでしょう。

02
July

Perbanas: Kondisi perbankan domestik masih baik dan kuat

国立銀行協会(ペルバナス)が、いくつかの指標を示すように、パンデミックの最中の国内銀行業界の状況は、依然として比較的良好で強いと述べています。ペルバナスのカルティカ・ウィルジョアトジョジョ会長は、20204月の銀行の自己資本比率は、22.03%であり、不良債権の比率は、2.89%(総額)と1.13%(純額)に留まっていると語りました。 20204月のCARは、確かに2019年末よりも低いですが、22%のCARは、良好な状態を示しています。これは、水曜日声明で、カルティカ会長が語ったものです。カルティカ会長は、そのような困難な状況に直面する際、銀行業界には非常に強い資本がなければならない、と述べました。したがって、各銀行は、常に自己資本比率を所定のしきい値を超えて維持するよう努めています。

02
July

 

インドネシア政府は、41399800万米ドル(約6385兆ルピア)に相当する41の大規模なインフラプロジェクトをフランスの企業に提供しています。 2024年までに計画されたプロジェクトは、新しい資本プロジェクトを含む、運輸部門、電気、ガスネットワーク、ロジスティクス、緑の都市をカバーしています。在フランスのインドネシア大使Arrmanatha Nasirは、630日火曜日にオンラインで開催されたインドネシアインフラ投資フォーラム(IIIF)の演説で、COVID-19パンデミックは、新しい投資機会を利用するビジネスマンの創造性を求めていると述べました。これは、水曜日、在パリのインドネシア大使館の書面声明で、Arrmanatha Nasir大使が語ったものです。インドネシアは、フランスの企業、特にエネルギー、輸送、海運、首都開発プロジェクトなどの優先分野に大きな機会を提供しています。さらに、インドネシア政府はまた、経済的および官僚的改革を引き続き実施し、外国人投資家にインセンティブを提供するという強い決意を持っています。これらの政策によって、インドネシアに事業を移転したいフランス企業に検討されることが期待されています。

01
July

Paparkan langkah pemerintah, Sri Mulyani: Krisis kali ini beda sekali

スリムリヤニ財務大臣は、政府から民間までのほぼすべてのセクターがCOVID-19の感染拡大の影響を受けるため、不確実な時期に大きな役割を果たす必要があると語りました。このパンデミック危機を克服するために政府が行った取り組みの1つは、最大695.2兆ルピアの財政刺激策に準備し、財政赤字を国内総生産の6.34パーセントに拡大します。スリムリヤニ財務大臣によると、火曜日ジャカルタで、今回の危機は、政府が人々と経済を同時に保護しなければならなかったため、非常に異なっているということです。ウイルスの拡大を止めるためには、政府は人間の移動を制限しなければなりません。彼はこの危機は、1998年と2008年とは異なっていたと説明しました。なぜなら、現代の時代ではどの国でも経験したことのない大きなショックだからです。COVID-19のパンデミックは、家庭や企業、特に零細、中小企業を含むコミュニティ全体の経済にも影響を与えています。

30
June

Presiden Jokowi minta para menteri buat terobosan atasi COVID-19

ジョコウィドド大統領は、各大臣にCOVID-19のパンデミックを克服するための突破口を開くように求めました。ジョコウィドド大統領は、火曜日にムルデカ宮殿で行われた、Covid-19パンデミックの影響迅速対応が議題の限定会議で、これは、いまだに ウイルス拡散傾向が高い ジャカルタ特別州以外の州に、中央から人員、または医療人員を増やすことで実行できると 語りました。大統領はまた、COVID-19の感染拡大が まだ高い 多くの州で より多くの設備と医療従事者の管理を増やすよう求めました。ジョコウィドド大統領はまた、ニューノーマルの段階に入り始めた地域の監視を求めました。大統領はまた、統合化され一体化された制御(せいぎょ)の重要性を思い出させました。

29
June

Mentan jamin ketersediaan pangan hingga akhir tahun

農業大臣Syahrul Yasin Limpoは、米、鶏肉からタマネギまで、2020年末までの十分で安全な食品の供給を保証しました。Yasin Limpo大臣は、FAOによって警告された食糧危機の脅威が、世界経済が減速していることを考えると、確かにそれは過小評価されるべきではないと語りました。増加する貧しい人々の予測は、確かに人々の食糧の充実に影響を与えます。したがって、農業省は、ニューノーマルの時代に食料の入手可能性を高めるための取り組みにおいて戦略的ステップを準備しています。例えば、第2成長期を加速することにより、生産能力を増加させ、湿地を開発し、新しい作物の拡充、地元の食糧の多様化、食料備蓄と食料物流システムを強化し、現代農業を発展させることができます。こ農業大臣によると、全国的な食料の入手可能性の条件は、地域全体で社会に一律に行き渡手頃な価格を伴う必要があるということです。

26
June

Turki Nyatakan Siap Bantu Indonesia Bangun Ibu Kota Baru

トルコの貿易大臣、ルーサー・ペカン氏は、トルコの建設会社は、インドネシアが新しい首都を建設するのを支援する準備ができていると語りました。ジョコウィドド大統領は昨年、インドネシアの首都をジャカルタから東カリマンタン州に移転すると発表しました。ペカン氏は、624日水曜日にアナドルエージェンシーが報告したように、トルコの建設会社は、新しい首都を建設した経験があると語りました。彼はトルコの会社がカザフスタンの首都をアルマトイからアスタナに移すのを支援したと述べました。トルコは、その経験を共有する準備ができています。彼は、トルコはインフラプロジェクトやその他の上部構造を引き受けることもできると述べました。彼は、トルコとインドネシア間の二国間投資に関連して、両国は、双方のビジネスマンにとって重要となる投資協定の相互推進と保護に署名する必要があることを強調しました。

25
June

Indonesia dorong negosiasi CoC Laut China Selatan segera dilanjutkan

インドネシアは、COVID-19のパンデミックにより中止されていた南シナ海行動規範(CoC)に関する交渉を急いで再開する可能性があります。その提案は、水曜日にジャカルタのバーチャルASEAN外相非公式会議で、Retno Marsudi外相が語ったものです。南シナ海の領土闘争で紛争に参加した国ではないが、インドネシアは、CoC交渉が紛争解決の鍵となると考えています。インドネシアはまた、ASEANは、領海の安定と平和に貢献するためにすべての関係者にメッセージを送る必要があると伝えました。ASEANはまた、1982年の国連海軍法条約(UNCLOS)と南シナ海におけるフィリピン主権に対して、中国による違反について国際的な法的原則を尊重強固(きょうこ)な態度を示さなければなりません。

24
June

Presiden Jokowi perintahkan pencegahan karhutla manfaatkan teknologi

ジョコ・ウィドド大統領は、火災が発生しやすい地点を監視するための技術を利用し、森林や土地火災を防止するための努力するよう命じました。現場での管理は連携され、効果的に機能するよう調整される必要があります。モニタリングを高めるための技術を利用し、「ホットスポット」となりやすい場所の監視や常に最新の情報に「更新」することは非常に重要です。これは、「森林と土地火災の予測」と題し、出席者を限定した会議で、ジョコ・ウィドド大統領が語ったものです。この会議は、火曜日ジャカルタのムルデカ宮殿で、複数の内閣閣僚、インドネシア国軍司令官Hadi Tjahjanto元帥Idham Azis警察庁長官Doni Monardo国家防災庁長官、他の関係する政府高官が出席しました。大統領によると、現在の新型コロナウィルス感染拡大の対応に追われる状況下でも、森林や土地火災への対応を忘れてはいけないということです。

23
June

Sri Mulyani kejar pemulihan ekonomi terjadi di kuartal III dan IV 2020

スリムリヤーニ財務大臣は、2020年、第1四半期と第2四半期で非常に大きな収縮が確認された後、第3四半期と第4四半期では、COVID-19パンデミックの影響による インドネシア経済の回復を追求しています。スリムリヤニ大臣は、月曜日にジャカルタで開催された国会第11委員会との作業会議で、最も深刻な収縮が、第2四半期に起こったと述ました。なぜなら、4月と5月には、大規模な社会的制限が実施され、その結果、ほとんどの経済的活動が阻止されたからです。大臣はまた、6月と7月には、わずかな改善が見られ、勢いが維持される と語りました。したがって、スリムリヤーニ大臣は、第3四半期と第4四半期の国家経済の回復を実現するために、財務省とインドネシア銀行が、財政および金融政策手段を適切に使用することを確認しました。

Page 1 of 15