Program Highligt

Program Highligt (186)

05
July

ジョコウィドド大統領は、マナドのSam Ratulangi空港の拡張は、20208月までに完成することを目標とします。ジョコウィドド大統領は、木曜日北スラウェシ州のマナドのSam Ratulangi空港で、この州の観光の支えとなっているインフラを考慮すると、Sam Ratulangi空港ターミナルはもはや外国人観光客の対応には、十分ではないと語りました。空港は、7つの国際線、シンガポール、Guangzhou 広州)、Changsa 長沙)天津、上海、Nanning 南寧Xi'an 西安)を提供しています。マナドの第1入国管理局のデータによると、20191 - 5月の外国人観光客が55,144人に達し、20181 - 5月の同じ時期から9.67パーセントの増加を示しているということです。最も多い出身国は、中国、シンガポール、ドイツ、アメリカです。

04
July

インドネシア財務省税関総局は、インドネシアはあらゆる国境地域に保税物流センターまたはデパートを開設する準備ができています。保税物流センターの開設は、基本的な商品の必要性が欠如しているため、近隣諸国の国境コミュニティの買い物活動を最小限に抑えることです。Republikaonlineが引用したように、国境物流センターの準備は、201980号の財務大臣規則に基づいています。税関総局長Heru Pambudiは、これまでのところ、国境沿いの伝統的なコミュニティは、基本的なニーズを満たすことが困難であることがよくあると語りました。このため、人々は、ニーズを見つけるために近隣諸国で買い物をすることを余儀なくされています。

02
July

インドネシアは、パーム油が、持続可能な開発目標の目標達成にどのように重要な役割を果たすか、また国の経済のための戦略的産業であること説明しました。インドネシア政府はまた、政府、ビジネスマン、地域社会の共同の努力が、インドネシアの泥炭地とパーム油の持続可能性を維持するのに成功したと考えられていると強調しました。どちらも「持続可能な開発の目標達成における泥炭と持続可能なパーム油の貢献」と題されたセミナーで提起されました。セミナーは、在オスロインドネシア大使館で開催されました。これは、月曜日にジャカルタのアンタラ通信社が受けたインドネシア外務省の書面声明です。セミナーには、ノルウェーの政府、学界、企業家、および市民団体から約80名が参加しました。KBRI OSLO.

28
June

Ryamizard Ryacudu国防大臣は、すべてのインドネシア人に対し、2019年の選挙後の国家団結を守るように思い出させました。なぜなら、その団結によって、この国は、進歩して強くなるからです。これは、神によって祝福されている偉大な国家の整合性を維持するためのすべての義務です。これは、木曜日ジャカルタで、クールなインドネシアに向けて国民の子供たちにこだわるのイベントの演説で、Ryamizard Ryacudu国防大臣が語ったものです。選挙後、すべてのインドネシア人は、パンチャシラと1945年憲法に基づいて公正で繁栄するインドネシア社会を実現するように、国家の大きな利益を実現するために違いを統合し、団結をつける必要があります。

25
June

ユスフカラ副大統領は、第2インドネシア港湾運営会社にバタム港と第2インドネシア港湾運営会社が操業する、いくつかの地域で、港を開発するよう要請しました。これは、月曜日、ジャカルタで、ユスフ・カラ副大統領との会談後に第2 Pelindo Elvyn G Masassya社長が語ったものです。Elvyn G Masassya社長によると、ユスフカラ副大統領は、第2インドネシア港湾運営会社が、他の場所でも、港を開発するよう、要請したということです。そのうちの1つは、バタム諸島で、それは、シンガポールと競争できるようにするためです。Elvyn G Masassya社長は、ユスフカラ副大統領は、バタム港の近代化は、システムに始まり、機器までである事を望み、また、バタムの港湾ターミナルの収容力の向上を求めた、と述べました。

25
June

Aseanの国家元首と政府は、パーム油に対する市場へのアクセスと不当な取扱いの問題に関する、多くの加盟国の注意を理解しています。6月23日、日曜日、第34回アセアン首脳会議の議長声明におけるアセアン首脳の声明は、関連当事者との継続的な連合を含む、パーム油の持続可能性に対処するための、加盟国の努力に対する支持を再確認しました。第34回Asean首脳会議の合間には、ジョコウィドド大統領とタイのPrayut Chan-o-cha首相は、二国間会談で、CPO(アブラヤシ原油)とゴムに注意を払いました。Retno Marsudi外相は、会議では、CPOに関連して、インドネシアは、CPO分野における差別と闘うための努力に対するタイの支援に感謝の意を表明したと語りました。インドネシアはまた、商品価格が、国際市場で再び上昇するように、バンコクのインドネシアゴムへの支持を高く評価します。

 

21
June

インドネシア外務省は、来る628日と29日に、日本の大阪で開催されるG20大阪サミットの合間に、ジョコウィドド大統領とプーチン大統領との二国間会議を計画していると述べました。外務省のスポークスマンArrmanatha Nasirによると、インドネシアへのプーチン大統領の訪問計画はまだ実現していないので、両首脳の会談が予定されているということです。Arrmanatha Nasir氏は、619日水曜日ジャカルタの記者会見で、プーチン大統領は、当初は57日に4期目の再選を果たした直後の2018年半ばにインドネシアを訪問する予定だったと、説明しました。プーチン大統領のインドネシアへの訪問は、2019行われたインドネシア総選挙の後、4月に再び計画されました。しかし、現在までインドネシアへの訪問計画は、まだ確定されていません。このような状況ですが、プーチン大統領とウィドド大統領は、201811月にシンガポールで開催されたASEAN首脳会議の合間に二国間会議を行いました。

20
June

ジョコウィドド大統領は、火曜日の午後にジャカルタの大統領官邸で、多数の中小企業団体からの特使を迎え入れました。大統領官邸に出席した4つの中小企業家の協会は、インドネシア小零細企業家協会(HIPMIKINDO)、インドネシア中小企業協会(AKUMINDO)、インドネシア中小企業産業協会(AKUMANDIRI)、零細中小企業企業家協会(HIPMIKIMDO)です。

会議で、大統領は、インドネシアの中小零細企業が、発展し続ける広い機会を持っていたことに楽観的であると伝えました。これまで、インドネシアには、約6290万の中小企業があります。ジョコウィドド大統領によると、既存のビジネスチャンスは、特にサービスと産業の分野で発展し続ける可能性があるということです。この機会に、大統領はまた、国内での中小企業の発展のための比例政策を設計できるようにするために、起業家からの意見を求めました。

インサート :私は、特に中小企業の政策を設計するための意見を得たいと思います。私が受け取ったデータによると、インドネシアには、6290万の中小企業があります。私たちの国には、既存の事業を発展させるための、非常に規制の少ない機会があると思います。この機会を、中小企業は、可能な限り利用する必要があります。私自身も、ゼロからそれを経験しました。

さらにまた、ジョコウィドド大統領は、中小企業の起業家に、政府が政策的側面を通して国内の中小企業を促進することができると思い出させました。しかし、大統領は、過剰な施設は、実際には零細、中小産業を弱体化させる可能性があること、特に地域社会に存在する企業家としての性格を弱体化させる可能性があることを思い出させました。

18
June

労働省は、インドネシアの海事産業における、人材の質を向上させるために、オーストリアと協力します。この協力により、オーストリア政府は、海外融資および無償援助制度を通じてメダン、マカッサル、セランの職業訓練開発センターに、海事職業訓練センターを設立することを約束します。労働省の育成、訓練および生産性総局Bambang Satrio Lelono局長は、617日、月曜日に 声名で、海事職業訓練センターの開発は、4つの主要な部分からなっていて、それは、建物の建設、訓練機器の調達、プログラム、モジュール、管理トレーニングの開発、及びインストラクター トレーニングで構成されていると語りました。また、この協力は、非常に重要である、なぜなら、インドネシアは、領土の3分の2が海で、海事部門で、手がけなければ ならない、大きな可能性があるからだ、と述べました。

17
June

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、米国と中国の間の貿易戦争の状況を強調しました。ジョコウィドド大統領は、612日水曜日ジャカルタの国家宮殿で、商工会議所およびインドネシアの若手起業家協会の多数の管理者を迎えているとき、現在、両国間の貿易戦争の状況は、ますます厳しくなっていると語りました。ジョコウィドド大統領によると、この条件は、インドネシアの起業家が経済を改善する機会として利用されなければならないということです。ジョコウィドド大統領は、衣料品部門における機会の利用例を提供しました。以前は、この分野は、中国が米国への輸出活動を行う際に広く使用されていました。

インサート:例えば、私は、中国からの製品が以前に入った米国の市場のように見ます。これは、当社の製品がそこに入ることができるように、容量を増やすことができる機会となる可能性があります。例えば、私が見たように、かつてそこから製品でいっぱいになっていた織物製品、衣服は、今では、混雑しているので、私たちは、それを満たすことができます。私は、このような機会が詳細に私たちの輸出を増やすために最大限に活用しなければならないと思います。

また、同じ機会に、ジョコウィドド大統領は、インドネシア経済を改善するために政府が実施できる取り組みについて、起業家からの意見を求めました。ジョコウィドド大統領によると、これは、起業家が国内外で事業を展開する上で直面する困難に関連しているということです。これには、米国と中国の間で起こった貿易戦争からの機会を利用することが含まれます。

Page 10 of 14