Program Highligt

Program Highligt (186)

04
May

Pascapandemi, Pemerintah diminta genjot sektor industri dan pertanian

COVID-19パンデミックが終了した後、経済回復を促進するため政府は直ちに輸送、産業、農業セクターをに経済回復を加速するよう奨励することがよう求められています。元工業省の国際貿易と産業協力局長Pos M Hutabaratは、このパンデミックにより、インドネシアの経済と貿易は劇的な減速を経験したと語りました。Pos M Hutabarat局長は、日曜日ジャカルタで報告したようにび、COVID-19パンデミックに関してミシガン州立大学同窓会が開催したテレビ会議仮想対話で、政府はパンデミックの影響を軽減するために積極的な役割を果たす必要があり、パンデミックが完了した後、それは急速な経済回復のために輸送、産業および農業セクターを迅速直ちに奨励する必要があると述べました。Pos M Hutabarat局長によると、世界貿易機関(WTO)は先週、2020年に世界の経済発展が36%減少すると予測したということです。

04
May

WHO Tunggu Undangan China untuk Gabung Dalam Investigasi Covid-19

世界保健機関(WHO)は、海外外国の協力者たちパートナーとの協力に関心があり、ると主張し、Covid-19ウイルスの起源であると疑われる動物を調査するために中国から招待を受けたいと考えていると主張しました。これは、5月3日に火日曜日タス通信社が報告したものでように、WHOのスポークスマンであるTarik Jasarevic氏が語ったものです。Jasarevic氏は、これは特に、武漢の野生動物の市場で販売されている野生生物種と家畜の出所のと種類の発生源の詳細に明らかにするなことを考えていると述べました説明です。中国での感染拡大集団発生の原因をよりよく理解するためにの多くの調査をするという彼女の考え理解が現在進行中または計画されています。彼によると、この研究の結果は、Covid-19がを人類人体に引き起こしたすウイルスからのさらなる動物原性人獣共通感染症を防ぐために非常に重要だということです。

01
May

Presiden Jokowi minta gubernur rancang program perkuat stimulus

ジョコウィドド大統領は、中央政府が準備した様々な刺激策を強化するためのプログラムを策定するよう各州知事に要求しました。要求は、木曜日にジャカルタでテレビ会議を介して開催された2020年の国家開発計画会議の開会式で、彼の指示により大統領が語ったものです。大統領は、地域での刺激策の準備は、特にどのセクターで、どのような刺激策が得られ、どれだけの労力が節約できるかに関して、明確で透明性のある確実な計画で実行する必要があると助言しました。大統領はまた、実際のセクターに依存する何百万もの労働者に本当に影響を与えるために策定された刺激策の検証と評価を求めました。

30
April

Kabar baik, Masjidil Haram dan Masjid Nabawi segera dibuka kembali

シェイクアブドゥルラーマンアルスダイスは、世界中のイスラム教徒に、聖なるモスクと預言者のモスクが、通常通り礼拝活動のためにすぐに再開されるという朗報を発表しました。これは、水曜日TwitterHaramainソーシャルメディアアカウントが引用したように、聖なるモスクと預言者のモスク責任者であるシェイクアブドゥルラーマンアルスダイスが語ったものです。シェイクアブドゥルラーマンアルスダイス氏は、聖なるモスクと預言者のモスクが、タワフと義務づけられた祈りと預言者ムハンマドへの敬意を示すために開かれると語りました。彼は、聖なるモスクと預言者のモスクへのアクセスを開くことを、慎重に検討し明らかにしました。シェイクアブドゥルラーマンアルスダイス氏は、世界のすべてのイスラム教徒にCOVID-19パンデミック戦う祈りを続けるよう呼びかけます。

29
April

 

インドネシア国立図書館は、2020316日から513日まで、すべてのオンサイトサービスの閉鎖を延長します。このステップは、コロナウイルスの蔓延を抑えながら、政府による在宅勤務の要求をサポートすることです。国立図書館のオンラインサービスの存在は、どこでも知識を得ることができる方法の一つになるでしょう。iPusnas、国立図書館のオンラインサービスを使用すると、図書館に行かなくても学術の質を向上させることができます。iPusnasは、インドネシア人が読みやすいソーシャルメディアに基づくデジタルライブラリ製品です。iPusnasは数千冊の本を全文で提供しています。ただし、それを読むことができるようにするには、まず携帯電話のAppstoreまたはPlaystoreを介してiPusnasアプリをインストールする必要があります。インストールすると、591,739冊のさまざまなタイトルの書籍を、指定された制限時間まで読み取って保存できます。インドネシア国立図書館長であるMuhammad Syarif Bando氏は、現在、国立図書館は訪問数についてではなく、アクセスの速度と容易さについて話していると述べました。第4世代産業革命の時代には、デジタル化、人工知能、モノのインターネット、ビッグデータが必要であり、図書館機関は迅速に適応し、すべての市民が知識にオープンにアクセスできるようにする必要があります。まだ国立図書館のメンバーではないが、コレクションにデジタルでアクセスしたい人は、www.perpusnas.go.idのページからオンラインで登録できます。

28
April

Sri Mulyani: Bank Pembangunan Islam siap beri dana darurat COVID-19

スリムリャニ財務大臣は、イスラム開発銀行(IsDB)は、2億から25000万米ドル規模の COVID-19パンデミックの影響を克服するための 緊急資金を提供する準備ができていると語りました。スリムリヤニ大臣は、月曜日にジャカルタでモニターされたInstagramのホームページで、基金は、健康、社会的支援、およびビジネスインセンティブにおける政府の措置に関するIsDB Bandar Hajjar大統領とのバーチャルな議論の成果の1つであると述べました。スリムリヤニ大臣は、IsDBは 世界銀行やアジア インフラ投資銀行(AIIB)などの他の多国間の機関と ともにサポートを提供するであろう と楽観しています。以前、政府は、様々な刺激プログラムの資金調達を支援するために、多国間の機関からの融資に頼ることを確認していました。

27
April

225 ABK Indonesia di Marseille berhasil pulang ke tanah air

MSC Magnificaの乗組員(ABK)である合計225人のインドネシア人市民は、4月24日土曜日に無事に帰国しました。これは、日曜日にジャカルタで受け取られたマルセイユのインドネシア総領事館の声明で述べられています。すべての乗組員は、MSCマグニフィカが用意したによって提供されたマルセイユデンパサールに特別チャーター機を使用してで本国に送還されました。本国送還は、COVID-19コロナウイルスのパンデミックからインドネシア国民を保護する試みとして、マルセイユインドネシア総領事館共和国大使館(KJRI)のマルセイユがパリのインドネシア大使館およびフランス外務省と連携して実行しました実施したCOVID-19コロナウイルスのパンデミックからインドネシア国民を保護する試みでした。マルセイユのインドネシア総領事館(KJRI)は、在パリのインドネシア大使館およびフランス外務省と調整を行っています。MSCマグニフィカクルーズ船は、2020420日にマルセイユの港湾都市に停泊する予定でした。フランスの外務省とパリのインドネシア大使館からの情報によるとおかげで、マルセイユのインドネシア総領事館は、MSCマグニフィカとマルセイユの港湾当局その他関係社間のとの調整をしましたす。COVID-19の感染がないことを確実にするために、すべての乗組員は帰国前以前に、40日間それぞれ独立して隔離を行っていました。

21
April

Jokowi Minta Pelaksanaan PSBB Corona Dievaluasi

ジョコウィドド大統領は、大規模な社会的制限(PSBB)実施を評価するようスタッフに要請しました。大規模な社会的制限は、多くの州、地区、都市で実行されています。その中には、首都ジャカルタ、西スマトラ、西ジャワの10/都市、中部ジャワのテガル、バンテン州と西スマトラ州の3地区/都市があります。スラバヤ、グレシック、シドアルジョなど、多くの地区/都市もPSBB導入を政府に提出していますが、その申請はまだ保健大臣の承認待ちです。

17
April

インドネシア政府は、国内でのCovid-19感染拡大と闘う取り組みを確認しています。これは、木曜日のジャカルタでのオンラインによる声明でレトノマルスディ外相が語ったものです。この時レトノ大臣は、世界のすべての国がこれまで経験したことのない健康の危機に直面していると述べました。レトノ大臣によると、この取り組みは、インドネシア政府がCovid-19を乗り越え国内の状況に対処するために必死に取り組むことを奨励しているということです。

レトノ大臣は、パンデミックに対処するためのすべての国に適合する1つの方法はないと強調しました。彼によれば、ある国の政策が他の国に適用できるという保証はないということです。しかし、すべての国は他国の経験から学ぶ必要があり、ベストプラクティスは、Covid-19パンデミックに直面している他国の失敗から学ぶことです。この点で、レトノ外相は、インドネシア政府が、ウイルスの感染拡大に対抗するためにできる努力を引き続き増やしていることを強調しました。

インサート :インドネシア政府は、コロナウイルスに対する取り組みを引き続き強化し続けることを止めません。毎日、政策評価を実施し、ウイルスとの戦いに大きな影響を与えることができるようにします。それは確かに簡単ではありませんが、私たちはそれを続けています。また、あらゆる業界のあらゆる関係者のアプローチが必要であり、最大限の努力を続けます。各国で採用されているすべての政策は、文化、地理的条件、経済的条件のいずれにおいても、常に各国の関連性と独自性に基づいています。

一方、Covid-19への取り組みにおける国際協力に関連して、レトノ外相は、国際協力の強化は必要であり、それにより世界中の人々が日常生活を取り戻すことができると述べました。この点で、レトノ外相は、インドネシアが202042日にオンラインで開催された国連総会の決議においてイニシアチブを推進し、それによりCovid-19と戦うための世界的な連帯を促進したと述べました。レトノ外相は、現在、インドネシアの外交は、海外のインドネシア国民と国内の外国人の両方を保護しながら、Covid-19パンデミックと戦うための取り組みに焦点を当てていると説明しました。

インサート;インドネシアは一貫して、人々の移動を制限している取り組みが、医療機器や医薬品を含む世界の貿易とサプライチェーンを妨げないことを確実にしたいと考えています。他の国と同様に、インドネシア及び世間一般は、医薬品の不足に直面しています。この状況において他国との連携は必要です。

一方、市民の保護に関連して、レトノ外相は、すべての国が、本国への送還の扉を開かなければならないと述べました。レトノ外相はまた、世界保健機関(WHO)の基準に従って健康手順を実施することの重要性を強調しました。これに関連して、レトノ外相は、インドネシア保健省が、海外のインドネシア人だけでなく外国人にも医療的避難の手順を発行したと述べました。

17
April


ジョコウィドド大統領は、新型コロナウイルスCOVID-19の感染拡大が終わった後、観光産業が2021年に好景気を経験すると予測しています。ジョコウィドド大統領は、木曜日、ジャカルタのムルデカ宮殿から観光およびクリエイティブエコノミー産業に対するCOVID-19影響緩和というトピックに関するオンラインを通じた限定会議で、2021年は誰もが外に出たがり、誰もが美しさを楽しみたいと思うと推定しています。この数カ月コロナの感染拡大を抑制するために、より長く家にいる必要があった後は特に、です。このため彼は、観光産業に楽観的でいることを推奨しました。大統領によると、観光産業のブームは、準備万端に、活用され始めなければならないということです。大統領は、観光部門の企業に対する経済刺激策が行き届き、彼らが生き残ることができ、大量の解雇を行わないようにすることを望んでいます。

Page 3 of 14