Program Highligt

Program Highligt (186)

12
December

 

ジョコ・ウィドド大統領は、前向きな経済成長を維持するために、輸入額を減らすことの重要性を再度強調しました。大統領は、1211日水曜日、ジャカルタの大統領官邸で産業貿易プログラムの実施の加速に関する限定内閣会議を開いたとき、70%以上に達する原材料と補助(ほじょ)原材料の多数の輸入を強調しました。中央統計局のデータによると、原材料および補助原材料の輸入は、20191月から10月までの期間の総輸入の74.06%に達しました。一方、商品の輸入と消費財の輸入は、それぞれ16.65パーセントと9.29パーセントでした。このうち、輸入数が最も多い原材料の種類は、鉄鋼であり、86億米ドルに達し有機化学または石油化学産業は、49億米ドルに達しました。このため、大統領は、特に代替産業のために、投資機会を開くことを望んでいます。

インサート :これらのデータに基づいて、投資機会を求めています。これを強調してください。輸入代替産業は、広く開かれていなければなりません。それは、鉄鋼、化学/石油化学産業が、特に開かれなければならないことを意味します。そして輸入の代替であるためでBKPM(投資調整庁)が注意する必要があります。これは、海事・投資調整大臣のメモです。

また、ジョコ・ウィドド大統領は、バイオディーゼルB30の義務化の加速を含む、石油化学製品の加工産業の成長を促進するための具体的な措置を講じるようスタッフに求めました。大統領によると、製造業の成長は、輸入代替品を生産することを目的としているだけでなく、地域社会に大きな雇用機会をもたらしているということです。さらに、大統領は、大量の輸入を確実に抑えることができるように、政府のプロジェクトにおける国内コンポーネントのレベルの最適化を含む、国内工業製品の使用のためのキャンペーンの増加も要求しました。

11
December

Jokowi: penting naikkan literasi keuangan dorong ekonomi mikro

ジョコ・ウィドド大統領は、インドネシアのすべての人々が銀行や金融機関からの資金にアクセスできるように、金融のリテラシーとインクルージョンを増やし、家族経済とミクロ経済学が水準を上げるようにすることが重要だと述べました。これは、火曜日ジャカルタの地域金融アクセスの加速化チームの国家調整会議でブリーフィングを行った後、ジョコウィドド大統領が語ったものです。そのために、大統領は、金融サービス機関(OJK)が、地域金融アクセス加速チームの形成を通じて金融リテラシーとインクルージョンを奨励し、地域が共同で貯蓄を好み、金融機関で簡単に信用を求めるよう奨励することを望んでいます。一方、OJK委員会委員のWimboh Santoso議長は、OJKと政府は、地域金融アクセス加速チームの役割を強化し、マイクロ基金銀行の発展により、コミュニティの金融サービスへのアクセスを改善し続けることを決意したと述べました。

09
December

Indonesia kokoh di posisi dua klasemen medali SEA Games 2019

フィリピンで開催されてい2019 年のSEA ゲームで、インドネシアの代表チームは、日曜日に射撃、ドラゴンボート、ローイング、アーチェリーで獲得したメダルが追加され、メダル獲得ランキングで2位を堅守しました現地時間12時のインドネシア本部からのデータに基づきますと5つの金メダルがわり、合計で56個の金、52個の銀、および66個の銅になりました。ホスト国のフィリピンは、92個の金、69個の銀、70個の銅でトップのを保持しています。 3位には、49個の金、52個の銀、70個の銅のベトナムがます。この結果により、ジョコ・ウィドド大統領によって課された60個の金という目標は、金メダルが期待できるまだ試合を完了していない競技がまだ多くあるため、達成される可能性が非常に高いです。

06
December

インドネシア外務省は、米国平和部隊プログラムの10周年を祝うレセプションを開催し、124日水曜日ジャカルタで、プログラムディレクターのジョディオルセンが到着したことを歓迎しました。イベント後、ジョディオルセンは、10年間行われているインドネシアでの教育以外の分野を理解すると期待しました。

インサート :本当に強い英語プログラムを続けることが重要です。そして次に、熱心に取り組んできたワーキンググループと協力するとき、私たちは、行うことができる他の可能性について彼らと話し合います。現時点ではわかりませんが、農業、経済発展かもしれません。しかし、しかし、私が好きなものは、平和部隊がここで発展し、ワーキンググループが発展する機会を持っています。私たちは、最善の方法を見つけるために協力し、できるだけ早く知る必要があります。私が受け取った重要なメッセージの一つは、友情でした。私たちは、大きな家族であり、メッセージは、インドネシア政府が平和部隊を非常に支持しているということです。私たちのメッセージは、インドネシアのプログラムをサポートしたいということです。そして、私たちは、あなたがここにいることを友情の理解から学びました、そして、私は、より多くのアメリカ人にそれを見て、感じて欲しいです。

一方、インドネシア外務省の第1アメリカ部長であるZelda W. Kartika,は、外務省は拡大プログラムの平和部隊を活用して、英語の学習だけでなく、他の分野でもインドネシアの人材を改善すると述べました。

06
December

Jokowi terpilih sebagai

ストレーツ・タイムズシンガポールは、アジア地域で大きな影響力を持つリーダーに賞を授与します。そのうちの一人は、インドネシア大統領ジョコ・ウィドドです。これに応えて、ジョコ・ウィドド大統領は、2019年のアジアの人物の表彰は、インドネシアにとって名誉であると述べました。これは、木曜日ジャカルタで、大統領のスポークスマンファジロエル・ラフマンが語ったものです。ファジロエル氏は、この賞は、ここ数年でインドネシアの発展に貢献したジョコウィドド大統領の努力の証だと語りました。ファジロエル氏はまた、この国際的な認識は、人材、インフラストラクチャ、官僚主義と規制の簡素化の実現における政府の社会的資本になると付け加えました。

03
December

Klasemen SEA Games 2019 Senin: Indonesia Posisi Ke-4

重量挙げのインドネシア代表Eko Yuli Irawan選手は、122日月曜日、マニラで開催された2019SEAゲーム男子重量挙げ61キログラム級で勝利し、インドネシア金メダルをもたらしました。Eko Yuliは、合計309キログラムを記録し金メダルを獲得しました。この30歳のリフターは、140キログラムと169キログラムのスナッチをきれいジャークで記録しましたEko Yuliは、304キログラムの総力を持つベトナムからのThach Kim Tuan284キログラムの総力を持つマレーシアからのMuhammad Aznil2人の競争相手を破りました。この金メダルは、Eko Yuliの記録を更新しました。これまで2017年のSEAゲームで獲得した銀メダルだけでした

03
December

Kemenperin gelar pameran 'Gemilang NTB'

インドネシアムスリム女性起業家協会(IPEMI)は、中小企業総局および工業省の様々なIKMAと協力して、西ヌサトゥンガラ州(NTB)の優位性を示す「Gemilang NTB」というタイトルの制限のないニュアンス展を開催しました。工業省のIKMA総局のGati Wibawaningsih局長は、月曜日ジャカルタで、この展示会ますます広く知られ消費者に求められるようになることを望んでいると語りました。また、展示会で、イスラム教の起業家が持つ文化と可能性を紹介することでインドネシア各地の様々な地域の職人が生産する製品が知らるだけでなく、需要つながります。Gati Wibawaningsih局長によると、インドネシアの経済および産業開発戦略の1つは、中小企業の成長を強化することだということです。

22
November

ロシアのASEANに対する使命は、ジャカルタのASEAN事務局で「隠れたロシア」写真展を開催することです。ASEANのロシア大使アレクサンドル・イワノフ氏は、木曜日、展覧会の開会式の演説で、この写真展は、ロシアの小さな町を東南アジアの観光客に向けてプロモーションするためのものであると語りました。アレクサンドル・イワノフ大使はまた、この写真展は、ロシアとASEANの戦略的パートナーシップ、特に社会文化分野に沿ったものだと述べました。

インサート:そのため、ASEAN事務局とASEAN常任委員会は、特に社会文化の分野で、ASEANとロシアの包括的な行動計画に沿ったこの写真展の開催に大きな助けとなりました。

「隠されたロシア」写真展では、ロシアのフォルカー川を下る旅でアレクサンドル・イワノフ大使と彼の妻が撮影した写真を取り上げています。これらの写真は、フォルカー川沿いのいくつかの小さな町の景色と観光名所を見せてくれます。隠されたロシア」というテーマは、ロシアを訪れる外国人観光客のほとんどが、モスクワとサンクトペテルブルクの街のみを訪れることから採用されました。モスクワからそう遠くない場所に他の多くの興味深い町があるにもかかわらずです。この写真展で、アレクサンダー・イワノフ大使は、外国人観光客、特にインドネシア人が、ロシアの他の町についてもっと知ってもらえることを望んでいます。写真展隠れたロシア」は、20191213日まで開催されています。

22
November

Presiden targetkan Indonesia peringkat 40 indeks kemudahan berusaha

ジョコ・ウィドド大統領は、インドネシアがビジネスのしやすさ指数で40位にランク付けされることを目標にしています。これは、マールフ・アミン副大統領、”先進インドネシア”内閣の閣僚ら、イダム・アジス国家警察長官、サニチアル・ブルハヌディン司法長官、およびその他の関係者らが出席した、ビジネスの容易さの加速化に関する限定会議でジョコ・ウィドド大統領が語ったものです。大統領によると、5年前はインドネシアのランキングは120であり、2018年に72位にジャンプすることができましたが、実際は2019年には停滞してわずかに低下し、73になるということです。ジョコウィ大統領はまた、ルフト・ビンサール・パンジャイタン海事・投資調整大臣とアイルランガ・ハルタルト経済担当調整大臣に、すべての点で体制を改善するための手順を監督するよう求めました。

21
November

ジョコ・ウィドド大統領は、マセラ・ブロックの開発が加速されることを望んでいます。これは、1120日水曜日、ジャカルタのムルデカ宮殿で日本インドネシア協会からいくつかの代表団を受けたときに大統領が語ったものです。マセラ・ブロックの構築と開発、設計から、土地取得に至るまで、製造過程の段階にとどまっています。このプロジェクトは、2027年まで2022年に実施される予定です。 Airlangga Hartarto経済担当調整大臣は、大統領に同席した後、大統領は、マセラ・ブロックの作業が加速されることを望んでいると述べました。これに応えて、Airlangga大臣は、福田康夫元日本首相が率いる日本インドネシア協会代表団は、マセラ・ブロック・プロジェクトの作業が加速されると約束したと説明しました。

インサート ;マセラのプロジェクトに関しては、設計と土地取得、すべてのローカルコンテンツが準備されており、これもそこで労働者を雇用することが伝えられました。プロジェクトは、2022年から2027年まで計画されています。その後、マセラ開発プログラムに関連して、大統領はこれが加速されることを望んでいます。日本の福田康夫元首相は、これが改善されると期待できる証人だと語りました。

また、Airlangga大臣は、ジョコ・ウィドド大統領と日本インドネシア協会代表団との会談で、ジョコ・ウィドド大統領は、オムニバス法を開始するインドネシア政府の計画と述べたと説明しました。これは、国への外国投資の参入を遅らせると考えられている多くの規制を削減するために行われます。彼によると、インドネシア政府は、ネガティブ投資リストに関連する新しい政策を発行するということです。これによりインドネシアへの日本の投資がさらに増加すると予想されます。

Page 7 of 14