lingga hanggair

lingga hanggair

26
August

 

 

副大統領に選出されたマールフ・アミンは、今日存在していPancasilaは、調和システムであり、この国を構成する国民と合意した国家のイデオロギーだと述べました。これは、2019824日土曜日、スバン県Comprengのアルムハジリモスクで開催されスバン県インドネシア祝福議会への職務訪問ならびに友好的な会合明らかにしました。この次期副大統領の訪問は、イスラム寄宿学校と幼稚園学校同様に公開されました。次期副大統領マールフ・アミンは、土曜日、スバン訪問後の記者会見で、国家の完全性と団結が維持されなければならないと語りました。彼はまた、他の国家にはない調和を維持しなければならない国家の完全性とこの国家の多様性をなう可能性のある挑発を避けるよう市民に呼びかけました。

KBRN.

23
August

 

 

ジョコウィドド大統領とフランスのFrancois Hollande大統領は、2017年、クリエイティブエコノミーに関する共同声明を通じて両国間の協力を強化することに合意しました。インドネシアは、フランスのデジタル産業と映画撮影を学び、協力したいと考えています。これは、822日木曜日ジャカルタの外務省で開催されたフランスのデジタル産業と映画撮影から学ぶと題したクリエイティブな話の意見交換のイベントの演説の中で、外務省の第1欧州ディレクターDoni R. Kusnadi氏が語ったものです。彼はまた、インドネシアは、クリエイティブエコノミーが、2020年にインドネシアの国内総生産の9%に貢献することを目標としていると述べました。

インサート :インドネシアにとって、クリエイティブエコノミーは、経済発展の重要な分野です。私たちは、クリエイティブエコノミーが、2020年に国内総生産の9%貢献することを目標としています。これは、2020年に1兆米ドルの9%を意味します。

Doni R. Kusnadi氏はまた、クリエイティブエコノミーは、巨大な経済的機会をもたらしただけでなく、グローバルコミュニティと両国間の関係を強化することもできると語りました。クリエイティブな話の意見交換では、在フランスインドネシア大使Arrmanatha Nasir、インドネシア外務省の職員、クリエイティブエコノミー庁、ジャカルタのフランス大使館が出席されました。

 

Dit. Eropa I, Kementerian Luar Negeri

21
August

 

 

西スマトラ州パダンのインドネシア ラジオ公共放送局RRIは、無線送信機を建設することにより、南海岸県の災害軽減を支援しています。パダンのインドネシア ラジオ公共放送局M Lahar Rudiarso局長は、819日 月曜日Painanで、無線送信機を通じて、RRIの災害軽減に関する様々なプログラムが、地元住民に届くことが期待されると 語りました。M Lahar 局長は、RRIには、Pro 3があり、「ケントンガン」という災害軽減情報を提供する と説明しました。同様のプログラムは、その後も パダンのRRI によってさらにパッケージ化され、興味深いものになるでしょう。一方、南海岸の、ヘンドラジョーニ県知事は、南海岸は、まさにインド洋に面していると述べました。彼は、この支援が、地震情報を通じて災害の影響を最小限にえ、津波の早期警戒情報などを提供することを望んでいます。

16
August

 

2019年のインドネシア割引ショッピングデー(HBDI)は、815日木曜日、ジャカルタのスナヤンシティホールで、ジョコウィドド大統領によって公式に開かれました。 2019815日から31日まで開催されるHBDIは、2017年から開催されている年一回のインドネシアのグレートセールイベントです。インドネシアのショッピングセンターテナント協会によって開催されるイベントは、何百もの国内および国際的なブランドの参加を含みます。ジョコ・ウィドド大統領は、演説で、インドネシアのモールやショッピングセンターが、地元の製品で満たされることを望んでいました。これは、外国製品の国内への迅速な侵入を防ぐための取り組みです。このため、彼によると、ショッピングセンターは、地元製品がこれらのショッピングセンターで製品を提供するための戦略的なスペースを提供する必要があるということです。

インサート:外国人がモールをほかめでいっぱいにしないでください。私は、モールのオーナーをやめました。私は、出席した多くを知っています。どうぞ地元のブランドに戦略的なスペースを提供してください。これは、戦略です。私は、多くのモールのオーナーを見ています。ただここに来るだけではためで、客を引き付けるためのスペースや店舗は、外国ブランドに与えられます。たちは、はそれに対して責任があります。

また、ジョコ・ウィドド大統領は、地元の製品を海外で販売することも要望しました。大統領によると、これは、インドネシアの現地製品が、国際市場に普及できるように実施することが重要だということです。。

今年のHBDIは、「赤と白の楽しみ国民団結割引パーティー」をテーマにします。この活動は、産業省、創造経済庁、通信情報省、観光省、インドネシア雇用主協会によってサポートされています。2019年の HBDI は、インドネシアの70の都市にあるショッピングセンターの40,000以上のアウトレットで販売されている300の国内外のブランドに代表される200以上の企業が参加しています。