lingga hanggair

lingga hanggair

25
July

 

9つの協力協定は、ジョコ・ウィドド大統領とアラブ首長国連邦の最高司令官であるアブダビ皇太子シェイク・モハメド・ビン・ザイード・アル・ナヒャンの会議で結ばれました。内閣官房の書面から引用したように、Retno Marsudi  外相は、724日水曜日西ジャワ州のボゴール大統領官邸で、記者団に対し、9つの協力協定は、投資保護の強化、二重租税回避、産業、税関、観光、海事および漁業、防衛、領事問題および文化だと述べました。以前、ジョコウィドド大統領とシェイク・モハメド・ビン・ザイード・アル・ナヒャンは、ボゴール大統領官邸の中庭に樹木を植えました。この植樹は、インドネシアへのアブダビ皇太子の最初の国賓訪問の記念として行われました。

19
July

Wiranto政治法務治安調整大臣は、インドネシアと東ティモールの国境に関する議論を解決するために東ティモール民主共和国の計画と戦略的投資の大臣Xanana Gusmaoに会うであろうと語りました。これは、木曜日ジャカルタの政治法務治安調整省で、Wiranto大臣が語ったものです。Wiranto大臣は、会議にはまた、シニア公式協議(SOC)に関連する議論を解決する予定のインドネシアのRetno Marsudi外相が出席すると説明しました。SOCは、2017年にジャカルタで、Wiranto大臣とRetno Marsudi外相とXanana Gusmao大臣の間の会談合意です。SOCは、国境紛争の解決について技術的に議論する義務があります。Wiranto大臣は、現在、国境の解決は進んでいると語りました。Wiranto大臣は、722日月曜日のXanana Gusmaoの訪問では、2つの陸地間ポイントの解決が進んでいると期待しました。彼の側は、海の境界を位置決めるために動き続けるでしょう。

antaranews.

18
July

 

Retno Marsudi外相は、ジョコウィドド大統領とシンガポール外相Vivian Balakhrisnanの会談では、リアウ諸島地域とナトゥナ海域での、飛行情報区(FIR) を引きぐプロセスについては話し合われなかったと 語りました。水曜日、ボゴール宮殿で、シンガポール外相と代表団の訪問を受けた ジョコウィ大統領に同行した後に 記者の質問に答える形で、Retno Marsudi外相は、FIRについての話し合いは、716日火曜日に、 外務省でVivian外相と自身との間で、既に行われたと説明しました。Retno Marsudi外相は、近い将来、インドネシアの運輸大臣がシンガポール側と会い、FIRに関連するインドネシアの提案について議論する予定だと述べました。

Setkab.

17
July

Arief Yahya観光大臣は、2020年までに、トバ湖、マンダリカ、ボロブドゥール、ラブアンバジョの4つの観光施設の完成を予定しています。ジャカルタの大統領府で、Arief大臣は月曜日に、2020年にすべてのインフラ施設と基本的な公共施設が完成しなければならないと述べました。まず最初にアトラクション、2番目に現地でのアクセス、3番目の快適さと言ったものです。Arief大臣は、「優先観光地の開発」というテーマで行われた、ジョコウィドド大統領が率いJusuf Kalla副大統領と各内閣閣僚が出席した、ごく限られた会議に出席した後、これを伝えました。この会議には、5人の州知事、すなわち、東ヌサテンガラ州知事ヴィクトル・レイスコダット氏、西ヌサテンガラ州知事ズルキフェリマンシア氏、北スラウェシ州知事オリー・ドンドカンビー氏、北スマトラ知事エディ・ラマヤディ氏および中部ジャワ州知事ガンジャール・プラノウォ氏も出席しました。Arief大臣は、例えばToba湖がユネスコによって「グローバルジオパーク」に追加され、Silangit空港の国際空港へのアクセスが改善され、Kualanamu有料道路が2020年から6兆ルピアの投資を受けたことを明らかにしました。