lingga hanggair

lingga hanggair

04
July

インドネシア財務省税関総局は、インドネシアはあらゆる国境地域に保税物流センターまたはデパートを開設する準備ができています。保税物流センターの開設は、基本的な商品の必要性が欠如しているため、近隣諸国の国境コミュニティの買い物活動を最小限に抑えることです。Republikaonlineが引用したように、国境物流センターの準備は、201980号の財務大臣規則に基づいています。税関総局長Heru Pambudiは、これまでのところ、国境沿いの伝統的なコミュニティは、基本的なニーズを満たすことが困難であることがよくあると語りました。このため、人々は、ニーズを見つけるために近隣諸国で買い物をすることを余儀なくされています。

02
July

インドネシアは、パーム油が、持続可能な開発目標の目標達成にどのように重要な役割を果たすか、また国の経済のための戦略的産業であること説明しました。インドネシア政府はまた、政府、ビジネスマン、地域社会の共同の努力が、インドネシアの泥炭地とパーム油の持続可能性を維持するのに成功したと考えられていると強調しました。どちらも「持続可能な開発の目標達成における泥炭と持続可能なパーム油の貢献」と題されたセミナーで提起されました。セミナーは、在オスロインドネシア大使館で開催されました。これは、月曜日にジャカルタのアンタラ通信社が受けたインドネシア外務省の書面声明です。セミナーには、ノルウェーの政府、学界、企業家、および市民団体から約80名が参加しました。KBRI OSLO.

28
June

Ryamizard Ryacudu国防大臣は、すべてのインドネシア人に対し、2019年の選挙後の国家団結を守るように思い出させました。なぜなら、その団結によって、この国は、進歩して強くなるからです。これは、神によって祝福されている偉大な国家の整合性を維持するためのすべての義務です。これは、木曜日ジャカルタで、クールなインドネシアに向けて国民の子供たちにこだわるのイベントの演説で、Ryamizard Ryacudu国防大臣が語ったものです。選挙後、すべてのインドネシア人は、パンチャシラと1945年憲法に基づいて公正で繁栄するインドネシア社会を実現するように、国家の大きな利益を実現するために違いを統合し、団結をつける必要があります。

25
June

ユスフカラ副大統領は、第2インドネシア港湾運営会社にバタム港と第2インドネシア港湾運営会社が操業する、いくつかの地域で、港を開発するよう要請しました。これは、月曜日、ジャカルタで、ユスフ・カラ副大統領との会談後に第2 Pelindo Elvyn G Masassya社長が語ったものです。Elvyn G Masassya社長によると、ユスフカラ副大統領は、第2インドネシア港湾運営会社が、他の場所でも、港を開発するよう、要請したということです。そのうちの1つは、バタム諸島で、それは、シンガポールと競争できるようにするためです。Elvyn G Masassya社長は、ユスフカラ副大統領は、バタム港の近代化は、システムに始まり、機器までである事を望み、また、バタムの港湾ターミナルの収容力の向上を求めた、と述べました。