lingga hanggair

lingga hanggair

25
June

Aseanの国家元首と政府は、パーム油に対する市場へのアクセスと不当な取扱いの問題に関する、多くの加盟国の注意を理解しています。6月23日、日曜日、第34回アセアン首脳会議の議長声明におけるアセアン首脳の声明は、関連当事者との継続的な連合を含む、パーム油の持続可能性に対処するための、加盟国の努力に対する支持を再確認しました。第34回Asean首脳会議の合間には、ジョコウィドド大統領とタイのPrayut Chan-o-cha首相は、二国間会談で、CPO(アブラヤシ原油)とゴムに注意を払いました。Retno Marsudi外相は、会議では、CPOに関連して、インドネシアは、CPO分野における差別と闘うための努力に対するタイの支援に感謝の意を表明したと語りました。インドネシアはまた、商品価格が、国際市場で再び上昇するように、バンコクのインドネシアゴムへの支持を高く評価します。

 

21
June

インドネシア外務省は、来る628日と29日に、日本の大阪で開催されるG20大阪サミットの合間に、ジョコウィドド大統領とプーチン大統領との二国間会議を計画していると述べました。外務省のスポークスマンArrmanatha Nasirによると、インドネシアへのプーチン大統領の訪問計画はまだ実現していないので、両首脳の会談が予定されているということです。Arrmanatha Nasir氏は、619日水曜日ジャカルタの記者会見で、プーチン大統領は、当初は57日に4期目の再選を果たした直後の2018年半ばにインドネシアを訪問する予定だったと、説明しました。プーチン大統領のインドネシアへの訪問は、2019行われたインドネシア総選挙の後、4月に再び計画されました。しかし、現在までインドネシアへの訪問計画は、まだ確定されていません。このような状況ですが、プーチン大統領とウィドド大統領は、201811月にシンガポールで開催されたASEAN首脳会議の合間に二国間会議を行いました。

20
June

ジョコウィドド大統領は、火曜日の午後にジャカルタの大統領官邸で、多数の中小企業団体からの特使を迎え入れました。大統領官邸に出席した4つの中小企業家の協会は、インドネシア小零細企業家協会(HIPMIKINDO)、インドネシア中小企業協会(AKUMINDO)、インドネシア中小企業産業協会(AKUMANDIRI)、零細中小企業企業家協会(HIPMIKIMDO)です。

会議で、大統領は、インドネシアの中小零細企業が、発展し続ける広い機会を持っていたことに楽観的であると伝えました。これまで、インドネシアには、約6290万の中小企業があります。ジョコウィドド大統領によると、既存のビジネスチャンスは、特にサービスと産業の分野で発展し続ける可能性があるということです。この機会に、大統領はまた、国内での中小企業の発展のための比例政策を設計できるようにするために、起業家からの意見を求めました。

インサート :私は、特に中小企業の政策を設計するための意見を得たいと思います。私が受け取ったデータによると、インドネシアには、6290万の中小企業があります。私たちの国には、既存の事業を発展させるための、非常に規制の少ない機会があると思います。この機会を、中小企業は、可能な限り利用する必要があります。私自身も、ゼロからそれを経験しました。

さらにまた、ジョコウィドド大統領は、中小企業の起業家に、政府が政策的側面を通して国内の中小企業を促進することができると思い出させました。しかし、大統領は、過剰な施設は、実際には零細、中小産業を弱体化させる可能性があること、特に地域社会に存在する企業家としての性格を弱体化させる可能性があることを思い出させました。

18
June

労働省は、インドネシアの海事産業における、人材の質を向上させるために、オーストリアと協力します。この協力により、オーストリア政府は、海外融資および無償援助制度を通じてメダン、マカッサル、セランの職業訓練開発センターに、海事職業訓練センターを設立することを約束します。労働省の育成、訓練および生産性総局Bambang Satrio Lelono局長は、617日、月曜日に 声名で、海事職業訓練センターの開発は、4つの主要な部分からなっていて、それは、建物の建設、訓練機器の調達、プログラム、モジュール、管理トレーニングの開発、及びインストラクター トレーニングで構成されていると語りました。また、この協力は、非常に重要である、なぜなら、インドネシアは、領土の3分の2が海で、海事部門で、手がけなければ ならない、大きな可能性があるからだ、と述べました。