lingga hanggair

lingga hanggair

23
May

ジョコウィドド大統領は、治安状況は、人々が、心配する必要がないように、依然として管理下にあることを確認します。アンタラ通信社は、ジョコウィドド大統領は、5月2日水曜日ジャカルタの国家宮殿で、総選挙はインドネシアの長い旅の出来事の一つであると述べたと報告しました。国家元首として、大統領は、統制下で政治的および安全保障上の安定性を維持することに大きな義務があると感じています。

21
May

産業省は、ラマダン断食月期間中の基本的な必需品の需要は、平常時の需要と比較して、約10%から20%増加したと述べました。これは、月曜日に西ジャワ州のデポックにある貿易教育訓練センターで、産業省のKaryanto Suprih事務局長が語ったものです。この増加で、産業省は、生産者、特に食、飲料製品の生産者に、生産を増やすように求めました。また、産業省は、食料調達庁(Bulog)と協力して、基本的な商品の供給を監視しています。この監視により、供給が過剰な地域は、供給が不足している地域に商品を送ることができるので、供給を維持することができます。

17
May

Ignasius Jonanエネルギー鉱物資源大臣は、石油ガス上流事業実行特別部局長Dwi Suciptoと共に、インペックス株式会社の担当者と会うために日本に出発し、マセラ鉱区投資の継続について話し合われました。これは、516日木曜日、記者会見で、石油ガスプログラムと通信部長Wisnu Prabawa Taherが語ったものです。この会談では、合理的かつ効率的な投資見積もりで最良の選択肢を得るためにマセラ鉱区の開発計画について話し合いました。Wisnu部長はまた、将来、マセラ鉱区の開発は、他の石油ガス鉱区開発のベンチマークになると説明しました。

15
May

ユスフカラ副大統領は、スイスのジュネーブ行きのフライトで、カタール、ドーハのハマド国際空港に立ち寄ります。アンタラ通信社は、火曜日ドーハで、副大統領と彼の妻Mufidah Jusuf Kallaは、現地時間の午前520分、または西インドネシア時間の 920分にドーハ国際空港に到着したと報告しました。副大統領と彼の妻Mufidah Jusuf Kallaは、その後、特別な待合室に向かい、スイスのジュネーブ行きのフライトを待ちます。副大統領のスポークスマンHusain Abdullah氏によると、ユスフカラ副大統領は、2019515日、Beau Rivage ホテルでマレーシアのWan Azizah Wan Ismail副首相と会談する予定です。その後、ユスフカラ副大統領は、フランスのパリで「アクションへのクライストチャーチのコール」イベントとグッドサミットのための技術に出席します。会談では、最近、ニュージーランドとスリランカの両方で起こったテロ行為について議論する予定です。また、副大統領は、ジュネーブ国際会議場で開催された災害リスク軽減(けいげん)のためのグローバル・リファレンスフォーラムに演説を行いました。