lingga hanggair

lingga hanggair

14
May

2019年の第1四半期の繊維・衣料業界の最高成長率は18.98%でした。その数字は、前年同期比で7.46%と大幅に増加し、また2018年の収益8.73%からも増加しました。工業省のテキスタイル、レザー、フットウェア業界のディレクター、Muhdori氏は、512日、日曜日にジャカルタで行った声明の中で、テキスタイルおよびテキスタイル製品業界は国民経済に大きく貢献しているので、主要産業の一つであると述べました。テキスタイルおよびテキスタイル製品業界は、労働集約型および輸出志向型に分類される分野です。Muhdori氏によると、テキスタイルおよびテキスタイル製品業界で起こった高い成長は主に上流部門、特にレーヨン生産者への多額の投資によるものでした。

10
May

ジョコウィドド大統領は、インドネシアが、インフラの分配、官僚改革、そして人材育成など、「中所得国罠」のに含まれないように、インドネシア独立の100周年を歓迎するために国家の問題を解決するための3つの動き、すなわちインフラの分配、官僚改革、および人材育成を準備します。ジョコウィドド大統領は、木曜日ジャカルタで、2019年の国家開発計画相談の開会式で、インドネシアは、世界最強の経済国になる絶好の機会を持ち、2045年には45位にもなると語りました。そこに入るには、簡単ではありません、多くの課題を解決する必要があります。したがって、ジョコウィドド大統領は、インドネシア独立100年にわたるの問題に対処するためのインフラの分配、官僚改革、および人材育成などの3つの動きを強調しました。

 

09
May

投資の増加は、インドネシアがASEANレベルの製造拠点になりたいのであれば、製造業の生産能力を刺激する可能性があると考えられます。Airlangga Hartarto工業大臣は、58日水曜日ジャカルタで、現在インドネシアが依然として主要な投資先であるので、この目標を追求することに楽観的であると述べました。インドネシアでさえも、輸出する国内市場のニーズを満たすためのグローバル生産者の生産拠点です。内閣官房のウェブサイトで報告したように、政府は、継続的な助長的な投資環境を作り出し、事業の認可を容易にし、産業界にインセンティブを提供することを決心します。Airlangga大臣は、最大の投資を達成するために、既存の容量の利用率が上昇し続けると期待しました。なぜなら、大きな能力で、伝統的な市場と潜在的な新しい市場への輸出を促進することができるからです。

08
May

インドネシアのユスフカラ副大統領は、火曜日にジャカルタの副大統領宮殿でアルゼンチンのGabriela Michetti副大統領の表敬訪問を受けました。両国間の協力を強化するための取り組みについての非公開会談が開催されました。会談終了後、ユスフカラ副大統領は、アルゼンチン副大統領とアルゼンチン貿易大臣との二国間会議で、貿易関係の拡大について議論したと述べました。彼は、これまでのところ、インドネシアの貿易関係は、20億米ドルに達し、アルゼンチンから農産物を買っているので、インドネシアは、まだ赤字だと語りました。貿易関係の赤字を克服するために、ユスフカラ副大統領は、インドネシアは、アルゼンチンへの輸出の価値を高め、その議論は、各貿易大臣によって行われると述べました。インドネシアにとって、アルゼンチンは、南アメリカ地域で2番目に大きな貿易相手国です。