lingga hanggair

lingga hanggair

15
August

 

 

インドネシアの監督リヴィ・チェンの作品のBeats of Paradiseの映画は、米国のハリウッド映画産業に参入し、オスカーアカデミーのベスト画像賞のカテゴリーでノミネートされました。Arif Yahya 観光大臣は、814日水曜日にジャカルタで開催された記者会見で、インドネシアの観光地をうまくアピールできると、ノミネートへの支持を表明しました。

インサート :観光が紹介されている、画像が素晴らしい、それがあれば、私は、ベスト画像に同意します。なぜなら、撮影は、魅力的な観光地で行われたからです。これは、他の友人に刺激を与えることが期待されます。人々は、私たちが観光地をうまく紹介しているとは感じていません。先に、ウブド、チャングーなどの上演がありました。この映画に登場する多くの観光スポットがあります。私は、この映画が効果的なプロモーションのためのメディアの一つであるとますます確信しています。

Arif Yahya 観光大臣はまた、インドネシアの観光地を世界にアピールすることができる積極的な活動を引き続き支援します。同じ機会に、リヴィ・チェン監督は、インドネシアの観光地を世界の映画産業、特にハリウッドにアピールし続けると述べました。

13
August

 

ジョコウィドド大統領は、パーム油CPOを、環境に優しい「グリーンavtur」タイプの燃料に加工するよう指示しました。ジョコウィドド大統領は、月曜日に ジャカルタの大統領事務所での 参加者 限定会議の開会式で、この対応策は、貿易収支の赤字、経常収支の赤字が改善できるように、航空燃料の輸入を削減することだと語りました。ジョコウィドド大統領はまた、Pertamina社(インドネシア 石油公社)に、「コ プロセッシング」を通じて 、Pertamina社の いくつかの 製油所でCPOを利用した グリーン ディーゼルとグリーンガソリンを生産するよう 要請しました。大統領は、20201月に、B20バイオディーゼルの使用がB30に移行できることを望んでいます。

09
August

 

インドネシアとトルコは、包括的経済連携協定の交渉の進展について議論しました。これは、87日水曜日ジャカルタのムルデカ宮殿で、12人の特命全権大使が大統領に信任状を提出するイベントで、ジョコ・ウィドド大統領に同行した後、レトノ・マルスディ外相が語ったものです。アンタラ通信社は、信任状を提出した友好国の代表者の一人は、トルコの特命全権大使マフムットエロールキリックだと報告しました。トルコとの経済連携協定については、レトノ・マルスディ外相は、今年の交渉が完了することを望んでおり、来年、インドネシアがトルコとの外交関係70周年を記念する場で署名することができます。レトノ・マルスディ外相は、トルコのレセプ・タイップ・エルドアン大統領は、2020年にインドネシアを訪問する予定だと説明しました。

07
August

 

Joko Widodo大統領は、86日火曜日に、ジャカルタの大統領事務所で開催された限定閣僚会議の議長を務めました。この会議では、インドネシアの首都をジャワ島の外に移転する政府の計画について議論しました。会議中に大統領は、首都はカリマンタン島に移されると述べました。しかし、政府は、ジャカルタの後継者となるカリマンタン島のいずれかの州を決定する前に、さまざまな支援事項に関連して研究する必要があります。大統領によると、カリマンタン島への首都の移転は、インドネシアの人々の大きなビジョンに合わせなければなりません。さらに、Joko Widodo大統領は、首都を移転することに成功した他の国からの学習モデルを参照することにより、政府が実施した研究も奨励しました。さらに、Joko Widodo大統領はまた、首都移転のための金融スキームと、権限と法規制を持つ機関の設計を彼のスタッフに依頼しました。