lingga hanggair

lingga hanggair

08
March

Nila Moeloek保健大臣は、世界の健康の振興への貢献とアジア太平洋地域における目の健康サービスプログラムの支援においてアジア太平洋眼科アカデミー(APAO)から、2019年のホームズレクチャー賞を受賞しました。APAOの会長、N.J. McGheeは、木曜日にジャカルタで受けた保険省の記者会見で、APAOは、眼科医としてのNila Moeloek氏の業績と献身を誇りに思い、インドネシアの保健大臣とまって成功していることを誇りに思っていると語りました。APAOは、WHO母子及び新生児保険理事会メンバー、WHO理事会メンバー、ならびに食のフォーラム理事会メンバーとしてのNila Moeloek氏の積極的な役割への貢献を認めました。Nila Moeloek氏はまた、遠隔地や島々における保健サービスへのアクセスの向上を促進することに成功したと評価されました。

05
March

 

インドネシア - オーストラリア包括的な経済連携協定(IA-CEPA)は、インドネシアの飲食業で原料として必要とされる精製された砂糖の輸入関税を引き下げることに成功したました。精製糖(せいせいとう)の原料は、以前は、10パーセントをえていましたが、これが、5パーセントまで引き下げられます。これは、月曜日に、全インドネシア食品飲料協会のAdhi S Lukman会長が語ったものです。Adhi S Lukman会長は、これは、インドネシアの飲食業にプラスの影響を与えるでしょう。その一つは、国内産業のために、精製糖原料の代替的な備蓄を提供することだと説明しました。Adhi S Lukman会長によると、オーストラリアからの精製砂糖原料の輸入関税は、ASEAN諸国の同様の輸入関税と同じだということです。Adhi S Lukman会長は、精製砂糖原料だけでなく、国内の食品飲料業界は、小麦粉、小麦、塩、穀物、果物、牛乳、牛肉など、オーストラリアから、他にも、いくつかの原料を必要としていると述べました。

01
March

インドネシア政府は、228日木曜日、正式にパレスチナの輸入商品に関税ゼロをとしました。インドネシア商務大臣、Enggartiasto Lukita、在ジャカルタのパレスチナ大使、Zuhair al Shun、インドネシアの副外務大臣A.M. Fachirは、木曜日、ジャカルタの副大統領の宮殿で、関税撤廃の開始に関し、副大統領ユスフ・カラとの会談しました。初期段階では、この決定の実施は、今年のラマダン断食月の実施前に輸出される予定のナツメヤシとオリーブオイルの商品に適用されます。Enggartiasto大臣は、記者会見で、ユスフカラ副大統領はまた、「関税ゼロ」は、パレスチナからの他の商品に適用され、一般的な貿易協定などの他国との実現可能性調査には、適用されないと主張しました。

インサート :この関税ゼロは、友達であり、兄弟であり、そして損失はありません。実際に、副大統領は、パレスチナ人は他に何を輸出したいのか確認しました。彼は、インドネシアへのパレスチナ輸出の関税ゼロを直ちに命令しました。

一方、Zuhair Al Shun大使は、待望のインドネシア政府の決定を歓迎します。また、インドネシアで関税撤廃の可能性があると考えられる他の商品のリストも提出しました。商務省は、これまでのところ、インドネシアとパレスチナの間の貿易の量は、わずか350万ドルだと指摘しました。パレスチナは、164番目のインドネシアの輸出先です。パレスチナへの主な輸出商品は、コーヒー、紅茶、パスタ、パン、香水石鹸です。一方、パレスチナは、インドネシアにとって162番目の輸入元の国であり、主な輸入品目は、kurmaです。