Administrator

Administrator

11
January

インドネシア国軍は、主な武器システムツールのコレクションを追加します。今回は、海軍が、インドネシア共和国の軍艦I Gusti Ngurah Rai-332の形で新たな権力を得ます。10514ミサイル駆逐艦護衛艦()の分類を含む軍艦は、PALインドネシア社の技術移転、造船業の国有企業とオランダの船会社Damen Schelde Naval Ship Buildingの協力の結果です。国軍のHadi Tjahjanto司令官は、1月10日水曜日、バリ州デンパサールのベノア港東口()で、I Gusti Ngurah Rai-332の開会式で、海軍の軍艦は4つの予約の2番目の軍艦だと説明しました。Hadi Tjahjanto司令官はまた、現在、海軍の強さを増加するだけでなく、必要最小限の力をインベントリしていると述べました。彼は、3軍の軍備に必要な防衛装備の提供を否定しません。Hadi Tjahjanto司令官は、彼の心配であること、F5機をSukhoi機に置き換える計画だと主張しました。ロシア製のSukhoi SU-35は、20181月に実現することができることを望んでいます。

11
January

インドネシア政府は、ASEAN地域のための犯罪人引渡条約の設立を奨励します。水曜日の外務省のASEAN協力のディレクター、ホセ・タバレス氏は、インドネシア政府は、東南アジアにおける国境を越えた犯罪の増加に伴い、犯罪を含むASEAN諸国間の強力な法的協力が必要であると考えています。ホセ・タバレス氏によると、インドネシアは、今年のASEAN閣僚会議において、同条約の設立に関する議論を奨励するということです。しかし、この条約の設立は、ASEANにおける主要な事業です。したがって、ホセ・タバレス氏によると、ASEAN協力総局と外務省の法および国際条約総局は、ASEANの犯罪人引渡条約の設立を奨励して、法務人権省と協力するはずだということです。また、彼は、SEANの各加盟国内で法律を執行するのを支援すると考えています。

11
January

パソナインドネシアの時間です。今日は、Bangka Belitung州のTikus Emas(ゴールデンマウス)ビーチをご紹介します。この放送は、短波放送だけでなく、voinews.idでも聞くことができます。

Bangkaは、Bangka Belitung諸島州で最大の島の一つです。この島には、Bangka Belitungの州都、Pangkal Pinangがあります。Bangka島は、スズの町として知られていますが、島には、海洋観光地など、様々な美しい観光地があります。今回のパソナインドネシアは、Bangka地区Parit Pandang区のSungai Liat 市にあるTikus Emasビーチの美しさを知ることができます。

 Tikus Emasビーチは、Bangka 地区の首都Sungai Liat市の東に位置しています。は、市内中心部から約15分、Pangkal Pinang市から36.1キロメートル距離51分かかります。地元の人々の話によると、このビーチは、かつてマウスが住んでいた地域なので、Tikus (マウス)ビーチと呼ばれています。丘の上から見ても、ビーチの形は、マウスのように見えます。また、ここには、ラット道または小道()がたくさんあるので、Tikus (マウス)ビーチと呼ばれます。昔、この小道は、浜辺()()を運ぶために、違法に錫を探す人によって作られたと言われています。

Tikus Emasビーチ入るには、駐車料金がかかります。車は、5,000ルピア、オートバイは、2000ルピアです。ビーチに到着したらBangkaの典型的なビーチの素晴らしい景色をお楽しみください。ビーチは、白い砂浜、(かな海があり、檜(ヒノキの木々がビーチに整然()せいzうと並んでいます。海は,静かで、安全で楽しく、このビーチで水遊びや泳ぎを楽しむことができます。泳ぐだけでなく、幼児用(のミニ・オフロード・ゲームの場もありますが、安全のためには,保護者の同伴が必要です。実際、このビーチは、子供に優しい設計です。オフロードミニゲームに加えて、鉄道ゲーム、ボール入浴、乗馬(もあります。

 Tikus Emasビーチでは、釣りが好き人のために、ここで釣りをすることもできます。また、ウォータースポーツもお試しください。 200,000ルピアの料金で、ジェツキーを15分間レンタルすることができます。Tikus Emasビーチで遊んで満足した後、ビーチエリアを散策(してください。なぜなら、Tikus Emasビーチから遠くない所に、壮大な建物があるからです。建物は、国のShaolin修道院()修に似ているVihara寺院です。

Description: https://ssl.gstatic.com/ui/v1/icons/mail/images/cleardot.gif

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

11
January

2018年にインドネシア共和国外務省は、国連加盟国からの支援を積極的に動員し、2019-2020年の国連安全保障理事会(UNSC)の非常任理事国に選出されるようになりました。外務省のスポークスマンのArmanatha Nasirは、1月9日火曜日、ジャカルタの外務省のヌサンタラビルで開かれた閣僚級報道年次大会の後、2019年―2020年の期間にUNSCの非常任理事国になることにより、インドネシアは世界平和維持のためのアイデアと貢献を提供する機会が増えると語りました。一方、国連安全保障理事会のメンバーに選出されれば、インドネシアの大きな議題は、平和、安全、繁栄に焦点を当てています。

インサート :必要に応じて、この世界の様々な場所でセキュリティに関連する問題がある場合は、特定の手順(を実行します。インドネシアの声は、もっと聞き取りやすく、私たちの意見を伝達するのがより簡単に伝えることができます。本質的には、私たちの貢献は、平和と安定を維持する上でより大きくなるでしょう

一方、2018年の閣僚の年次記者会見で、2017年のインドネシア外務省が達成した成果を強調しました。人道の分野でインドネシアは、パレスチナの独立の成果を支え、201712月末にイスラエルの首都としてエルサレムを主張する米国の決定を拒否した国連安全保障理事会の決議を支持する国として含まれています。インドネシア市民の保護の分野では、少なくとも2017年を通して、9,894事件を解決しました。14事件は、インドネシア国民を死刑判決から解放し、雇用者が海外に移住労働者の権利を1200億ルピアで支払いました。