Endah

Endah

15
November

ワルナワルニの時間です。今日は、ガルーダが、アジア太平洋地域で最も時間に正確な航空会社になった事についてお伝えします。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

みなさん、誇りに思うニュースがインドネシアの航空業界から来ています。インドネシア国営航空会社、ガルーダ・インドネシアがアジア太平洋地域で最も時間に正確な航空会社に選ばれました。201810月の公式航空会社ガイド(OAG)フライト分析の最新レポートは、国営航空会社、ガルーダ・インドネシアが、時間通りに目的地に乗客を運ぶ、アジア太平洋地域の航空会社であると示しました。OAGは、独立したオンタイムパフォーマンスの順位付け機関です。ガルーダ・インドネシアは、飛行時間の90.4%が時間通りの航空会社としてアジア太平洋地域の主要な航空会社(10,000便以上の航空会社)の中でリードします。第2位には、飛行の886%が時間通りの日本航空です。

OAGの、毎月のオンタイム・パフォーマンス(OTP)レポートにおいて、OAGは、大小の航空会社と空港に焦点を当てています。OTPは、乗客が航空会社の便を予約する可能性が高いかどうかを判断する上で重要な役割を果たします。したがって、どこの航空会社が最も、時間通りであるかを知る事は、時間が限られている旅行者にとって、非常に役にたちます。

毎月、OAGは、世界各地から最も時間に正確な航空会社を詳述するOTPを発行しています。OTPは、キャンセルされた便を含め、予定時刻から少なくとも1459秒の到着または出発便から見る事ができます。OAGは、900以上の航空会社と4000以上の空港の定刻スケジュールデータベースを含む、世界最大の航空旅行データネットワークを有しています。このデータベースでは、市場に関する最も広範な飛行状況情報がOAGによって処理されています。。年間5700万以上の飛行状況の更新記録を手がけ、14億のリクエストを処理し、毎日3500万以上のダイナミックな飛行状況の更新を提供し続けています。

これで、ワルナワルニを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

15
November

インドネシア空軍は、インドネシア共和国の統一国家の主権をかす可能性のあるサイバー攻撃を予期する上で積極的な役割を果たさなければなりません。インドネシア空軍は、兵器システムの主要機器の使用にプロであり熟練する必要があるだけでなく、バーチャル世界、またはサイバー戦において脅威に対処する信頼できる能力を備えていなければなりません。アンタラ通信社に引用されたように、これは、1114日水曜日、ジャカルタの空軍のコマンド学校のキャンパスで、「サイバー戦争、世界大戦の新しい次元をテーマにした国家セミナーの演説で、空軍参謀長官Yuyu Sutisnaが語ったものです。空軍参謀長官Yuyu Sutisnaは、セキュリティ アシスタントDwi Fajariyantoによって読まれた演説で、サイバー戦争は、脅威の一種であり、社会生活、国民、国家に脆弱性がないように、十分な警戒心と早期に予期をもって対応すべき新たな課題だと強調しました。

15
November

東ティモール政府は、隣国であるインドネシアと東ティモールとの協力の機会がまだ広く開かれていると確信しています。東ティモール社会主義 国務長官Mericio Juvinal dos Reis氏は、隣国として、協力する義務があると語りました。これは、1114日水曜日、アンタラ通信社を訪問した時に、Mericio氏が語ったものです。Mericio氏によると、インドネシアと東ティモールは、地域の利益と両国の利益をく中で、ビジョンを持っているということです。東ティモール政府は、東ティモールが東南アジア諸国連合-ASEANの加盟国になることができるように、インドネシアが引き続き支援を行うことを望んでいます。

15
November

ジョコウィドド大統領は、朝鮮半島の平和プロセスの進展を歓迎します。ジョコウィドド大統領は、ASEAN . 韓国 首脳会議で、ムン・ジェイン韓国大統領が平和のために努力するという強い決意は、世界によって感謝され、成功したと述べました。ジョコウィドド大統領によると、ムン・ジェイン大統領の決意は、今日の世界を席巻(せっけん)している不確実性の中で、いくつかの希望の中の一つになるということです。国家ラジオ通信社は、大統領は、11月14日水曜日、シンガポールのサンテックコンベンションセンターで、インドネシアは、この平和プロセスを完全に支持すると語ったと報告しました。インドネシアの支援に関する、このメッセージは、818日のアジア大会の開会式の前の韓国首相と北朝鮮特別代表との会談の時など、インドネシアの大統領によって一貫して伝えられています。しかし、この努力は、まだ、終わっていません。両国が、朝鮮半島でに平和と安定を創出するには、まだ時間が必要です。