Endah

Endah

20
February

Image result for GUMUK PASIR PARANGKUSUMO JOGJA

Gumuk Pasir Parangkusumo」は、ビーチの近くにある砂丘で、長い時間にわたって自然に形成されました。特別なのは、「Gumuk Pasir Parangkusumo」砂丘が世界に2つしかないこと、つまりmexicoyogyakartabantul parangkusumoビーチ地域に1つしかないことです。「Gumuk Pasir Parangkusumo」砂丘は、非常にまれで驚くべき自然現象で形成されたもので、現在ジョグジャで人気の観光地です。

Gumuk Pasir Parangkusumo」砂丘の存在は、yogyakarta市の北にあるメラピ山の存在に直接関係しています。これは、古代のメラピ山が超強力な力で噴火し、火山性の砂や塵がyogyakarta中に散らばっていたために起こりました。徐々に、メラピ山は北部に位置し、土壌条件がより高いところから、火山性の堆積物が雨によって運ばれ、南海岸の河川へ流れ込みました。

南海岸に到達すると、火山の堆積物は有名な南海岸の波と衝突したため、小さな粒子になり、最終的に風によって運ばれて現在の「Gumuk Pasir Parangkusumo」砂丘のある地域に運ばれました。もちろん、自然現象は今でも非常に長く続いています。 [Gumuk Pasir Parangkusumo]砂丘では、さまざまな活動を自由に行うことができます。観光客が夢中になる最近の活動の1つは、、「サンドボーディング」を楽しむか、ボードを使用して砂丘で滑空することです。このゲームまたはスポーツは「スノーボード」に似ていますが、砂を利用しています。

Gumuk Pasir Parangkusumo」砂丘の場所は、Parangtritisビーチの人気の観光エリアにあるため、非常に簡単にアクセスできます。実際「Gumuk Pasir Parangkusumo」砂丘はYogyakarta市の中心部からかなり離れていますが、「Gumuk Pasir Parangkusumo」砂丘からの道路からアクセスしやすく、それは非常に整備されているので、簡単に訪れることができます。

20
February

 

在インドネシアの日本大使館は最近、ジャカルタでナルヒト天皇の誕生日レセプションを開催しました。アイルランガ・ハルタルト経済担当調整大臣は、インドネシア政府を代表する演説で、インドネシアは平等、相互尊重、相互利益の原則に基づいた日本との関係に大きな関心を寄せていると述べました。アイルランガ大臣によると、両国間の強力な経済関係は、今後も重要であり続けるということです。経済協力の分野では、インドネシアと日本は、多くの探求すべきことがあります。

インサート ;インドネシアと日本の二国間貿易額は、3157000万ドルに達し、509億ドルに相当するインドネシアの主要な輸出先として3位にランクされました。投資面では、日本は2019年にインドネシアで3番目に大きい投資国であり、FDI(外国直接投資)の総額は43億ドルです。この強力かつ相互に有益な経済協力は、今後も重要であり続け、さらなる改善の可能性があると考えており、両国は、昨年のIJEPA(インドネシア日本経済連携協定)と資産交渉協定の実質的な完了に成功しました。FTA(自由貿易協定)交渉の進展は、インドネシアと日本が将来的に経済協力を拡大するための勢いとなるでしょう。

一方、在インドネシアの日本大使石井正文は、今回のレセプションは、特別なものであり、祝うべき新しいことがたくさんあると述べました。天皇の誕生日を祝うこととは別に、祝う価値のあるもう1つは、数か月後に東京オリンピックとパラリンピックが開催されることです。

 

20
February

Enam tentara Yaman tewas akibat ledakan ranjau darat

水曜日、国防大臣を運ぶ船団は、地雷の爆発に見舞われたとき、6人のイエメン兵士が殺されたが、大臣は無事でした。2人の政府高官は、ロイターに対し、国際的に認められたイエメン政府の大臣、ムハンマド・アリ・マクダシは、サーワの最前線エリアを訪れると語りました。シルワは、政府が管理するマリブ市の西に位置し、Houthi運動によって制御される首都サナアの東にあります。輸送隊が道路に埋められた爆発物に衝突した後、6人の兵士が死亡し、他の数人が負傷しました。イエメンは、イラン側にいたHouthi運動が、2014年末にサナアからアブド・ラブ・マンスール・ハディ大統領を打倒して以来、紛争に陥っています。

20
February

 

コロナウイルスまたはCovid-19に対処するには、元々中国から発生したウイルスの拡散を減らすために、世界保健機関またはWHOの加盟国間の協力が必要です。インドネシア保健省の海外協力局長Acep Somantriは、ジャカルタのインドネシアラジオ放送局RRI Jusuf Ronodipuro講堂でボイスオブインドネシアが開催した外交フォーラム活動で講演を行った後、WHO加盟国は、それぞれの国の状況と前向きな事例に関する情報を共有する必要があると語りました。彼によると、特にCovid-19などの流行に対処するための適切な医療システムをまだ持っていない国では、キャパシティビルディングで協力する必要があるということです。Acep Somantri局長はまた、インドネシアは、既にチェックを受けた良好な健康システムを持っている国であると述べました。彼は、インドネシア保健省はコロナウイルスを含むウイルス対策に十分な資源があるという国際的な疑問に公式に回答したと主張しました。

インサート :世界から多くの質問があり、私たちの研究室の能力を疑っていますが、誰が尋ねているのかはわかりません。しかし、保健省はすでにこのリリースに対応しており、その後、記者を招待し、WHOを招待し、私たちの働き方を知りたい他の国を招待します。彼らは、Percetakan Negara通りの健康研究開発センターの研究室に来ました。

Acep Somantri局長はまた、インドネシア保健省は、医療機器と健康の専門家の分野で支援を必要としている国に提供する準備ができていると述べました。さらに、インドネシアは現在、インドネシアのワクチン生産者として、Bio Farmaを通じて新しいワクチンを開発しています。以前、ジョコ・ウィドド大統領は、コロナウイルスへの対処に関して中国政府に支援を提供しました。