Endah

Endah

11
October

Kerupuk Basah Menu Andalan Saat Berbuka Puasa

パソナインドネシアの時間です。今日は、西カリマンタン州のれたクルプックをご紹介します。

インドネシアでクルプックを見つけるのは、難しくありません。この食べ物は、メインディッシュと一緒によく食べられます。クルプックは、実際には、エビまたは魚を混ぜるタピオカ粉から作られたスナックです。おいしくてカリカリです。ぱりっとした、乾燥した感じの一般的なクルプックと異なり、西カリマンタン州のカプアス・フル県のクルプックは、実際には、柔らかくてれているので、れたクルプックまたは地元の人々は、テメットと呼んでいます。

テメットは、長さが1525センチメートル、直径が約23センチメートルの縦長楕円形に形成されています。

このれたクルプックの味には、トーマン魚とベリダ魚という2つの優れたバリエーションがあります。それを作るために、ベリダの魚やトーマン魚の肉は、ニンニク、コショウ、香料および塩と混ぜられ、サゴ粉または白い澱粉が加えられます。次に、その生地を混ぜ、もっちりするまでねます。その後、楕円形に形成し、沸騰したお湯で調理されます。

調理後、濡れたクルプックは、食べる前に細かく切ります。それを楽しむために、通常、濡れたクルプックを提供する屋台は、個々の好みに応じて2種類のサンバルを提供します。濡れたクルプックを食べると、ごたえのある風味と魚の香りが組み合わさります。これらのスナックは、カプアス・フル地域を起源としていますが、ポンティアナック市を含むシンタン、セカダウ、サンガウなど、他の多くの地区でも見つけることができます。価格は、かなり手頃です。濡れたクルプックは、一皿で味とサイズに応じて10,000ルピア〜15,000ルピアです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

11
October


世界の指導者、国連および欧州連合は、トルコをシリア北東部のクルド人に対する軍事作戦を実施したとして非難しました。アンカラ通信社は、国境地域を保持しているISISとクルド人主導の軍隊を標的にしていると述べました。トルコはまた、シリア難民が移動できる「安全地帯」を作りたいと認めました。1010日木曜日、アルジャジーラによってリリースされたように、アントニオ・グテーレス国連事務総長は、すべての軍事作戦は、国連憲章と国際人道法を完全に尊重しなければならないと語りました。民間人と市民インフラは保護されなければなりません。国連事務総長は、シリア紛争に対する軍事的解決策はないと考えています。

11
October

RI-Korea Selatan perkuat hubungan melalui generasi millennial

ミレニアル世代は、20191010日と11日にジャカルタで開催された第1回インドネシアと韓国の若手指導者対話を通じて、インドネシアと韓国の関係を強化することが期待されています。この活動は、20189月、インドネシアのジョコ・ウィドド大統領と韓国のムン・ジェイン大統領間の二国間会議の結果の一つです。インドネシアと韓国の若手指導者対話は、毎年開催されます。在インドネシア韓国大使キム・チャンボムは、木曜日ジャカルタで、インドネシア外務省で対話開会式後、これは彼が次世代のリーダーから投票とアドバイスを集めようとしたのは、これが初めてだと語りました。この対話には、様々な職業や経歴のインドネシアと韓国の26のミレニアル世代が参加し、両国政府に対する政策勧告を作成しました。

11
October

1016日に開催される世界食糧デーを記念して、インドネシアの世界食糧機関(FAO)は、人々が国内の伝統的なレシピの豊かさを促進するために再参加することを奨励しています。最近のボイスオブインドネシア(インドネシアの声)とインタビューで、インドネシアのFAOの代表アシスタントであるアジェン・ヘリヤントは、インドネシアの伝統的なレシピの豊かさを促進することにより、人々は、多様で栄養価の高い食品を生産できると期待される独自の食品レシピを処理するよう奨励される可能性があると述べました。

インサート :最新のデータによると、実際、インドネシアには、成文化された4000の伝統的な料理のレシピがありますが、私たちの食文化の変化により、最終的にすべてが削減されます。それは、ますます減少しています。実際には、伝統的なレシピを再度宣伝する必要があります。また、イノベーションが必要です。それはどういう意味でしょうか?確かに私たちは、ますます自分自身をす時間がありません。しかし、それを促進する方法は、人々によって実行される運動でもあります。これは、私たちが食物の富から失うべきではないと思うことでもあります。それが促進されなければならないものです。 FAOも、祖茂問題をより上げたいと考えています。これは、より専門的な言語で、料理の問題であることを意味します。それが、私たちが伝統的なレシピを使って食べ物を宣伝する方法です。

今年の世界食糧デーを記念して、FAOは、健康で手頃な食事のテーマをげました。アジェン氏によると、現在、非感染性疾患を持つ人々の数の増加の一因になるファーストフードに依存している人々の食べる文化が変化しています。個人の栄養ニーズを満たすことにより、アジェン氏は、非感染性疾患を持つ人々の数を減らし、依然として課題である国内の健康保護に関連する政府の負担を減らすことができると期待しています。