Endah

Endah

12
April

東ヌサトゥンガラ州の二地区が投資家との協力のモデルになる

村落途上開発地域移住省の移住地域開発総局は、投資家との開発協力モデルのために東ヌサトゥンガラ州に二地区を設定します。この地区は、東スバと北中央チモールです。移住地域開発総局のNurdin局長は、411日木曜日クパンで、現在東ヌサトゥンガラ州には、投資家との協力モデルを構築するために、村落途上開発地域移住省が設立した2つの地区があると語りました。Nurdin局長は、統合された独立した都市の概念による移住地域の開発を加速するために、村落途上開発地域移住省は、投資パターンで第三者と協力すると述べました。その目的は、人々の福祉を改善し、貧困を減らし、地域社会に雇用機会を提供することです。

12
April

 

南東スラウェシ州、ムナの主要な拡張地区の一つである北ブトンの農民は、Wakawondu有機赤米の優れた商品であるWakawondu有機赤米の発展に拍車をかけ続けています。北ブトン県知事、Abu Hasan氏は、木曜日ケンダリで、Wakawondu有機赤米は、現在、地域間市場、地域市場、そして大量に購入すると主張するヨーロッパの国々の両方に、多くの買い手がいると語りました。彼は、有機赤米を購入する準備ができていると述べたデンマークからのバイヤーがいると明らかにしました。Abu Hasan県知事はまた、インドネシア全土の地方自治体協会が主催する展示会で米がPRされた後、20187月上旬にインドネシア全土で416の地区で続き、その後、多くの海外バイヤーにみながっていると述べました。

12
April

 

インドネシアは、オーストラリア最大の年次自動車産業展覧会であるオーストラリアのオートアフターマーケットエキスポに参加して1,150万ドルの潜在的な取引を獲得しました。在キャンベラインドネシア大使Kristiarto Legowoは、木曜日に声名で、この展覧会へのインドネシアの参加は、オーストラリアへのインドネシアの自動車輸出のより大幅な増加の刺激が予想されると語りました。展覧会は、44日から6日までオーストラリアのメルボルンコンベンション&エキシビションセンターで開催されました。これらの潜在的な取引は、 Pertamina潤滑油社、Gajah Tunggal Tbk社、PT Rekadaya Multi Adiprima、および Astra Otoparts Tbk社など、インドネシアのパビリオンを通して展示された4つのインドネシアの自動車会社から得られました。

12
April

 

Pertamina石油会社は、2019年の総選挙前後のインドネシア全地域での燃料オイルとプロパンガスLPGの供給を保証しています。Pertamina石油会社の人事担当ディレクター、Koeshartanto氏は、木曜日、スラバヤグループの燃料ターミナルで、燃料とプロパンガスLPGの供給を保護するための安全準備式の後、これは、互いの期待通り安全で平和な選挙を支援するために、燃料とプロパンガスLPG在庫と供給の安全を確保した、と述べました。これは、Pertamina石油会社の燃料の上流の活動、製油所での生産、地域への輸送といった施設に対して始まると予測される妨害に対して開かれました。