Endah

Endah

10
July

Hibah dana desa wisata untuk tingkatkan motivasi - ANTARA News ...

パソナインドネシアです。今日は、ジョグジャカルタ特別州のDESA WISATA SENDARI (センダリ観光村) をご紹介します。

リスナーの皆さん、センダリ村は竹工芸品をベースにした観光村です。この観光村の手工芸品は、イタリア、シンガポール、サウジアラビア、オランダなど海外に輸出されています。センダリの竹産業センターは、スレマン県、ムラティ地区、ティルトアディ、センドンにあって、ジョグジャカルタの中心から45分かかります。竹工の職人技は世代を超えて続きます。昔から、住民の大半は竹職人でした。

手工芸品を作るための竹の原材料はクロン・プロゴの地域から取られました。このセンターは、地方自治体からの支援を受けており、職人を対象とした多くのセミナーやブリーフィング活動が行われており、このセンターは、成長し続け、創造的になることができます。センダリ村には、例えば、家庭用品、編み物、竹で編まれたさら、机、椅子、竹で作られた間仕切りなど様々、様々な手工芸品があります竹製楽器のケントンガン、ランプの装飾、書道など、たくさんの装飾品もあります。提供される価格は、製造の品質と複雑さによって異なります。

様々な竹工芸品を買えるだけではなく、センダリ観光村には竹加工の工程を最初から最後まで見ることもできます。竹から始まり、付いている毛がなくなるように洗浄され、その後、簡単に腐らないように乾燥されます。乾燥工程は、依然として伝統的に日光を利用しています。

これで、パソナインドネシアのを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いましょう。

10
July

Erick Thohir: Kesadaran publik kunci mencegah gelombang kedua COVID-19

エリック・トヒル国有企業大臣(BUMN)は、COVID-19防止プロトコルの実施に関する規律に対する国民の意識と懸念が、インドネシアにおける病気のパンデミックの第2波を防ぐための鍵であることを思い出させました。エリック・トヒル大臣は、木曜日にジャカルタで行われたオンライン記者会見で、懸命に働くことに加えて、コミュニティの意識と考え方が変化の鍵であると語りました。そうでない場合、COVID-19パンデミックの第2波が、インドネシアで発生します。エリック・トヒル大臣によると、COVID-19パンデミックの第二波を止めることができないことが多くの国で証明されているということです。 BUMN省は現在、Bio Farma社がCOVID-19ワクチンの解決策を模索しているリーディングカンパニーおよびセクターであることを確認することに焦点を当てています。

10
July

Australia Tawarkan Perlindungan untuk Warga Hong Kong

オーストラリアは、79日木曜日に、地域での中国の安全保障法の制定に対応して、オーストラリアに住む香港の住民に保護を提供しました。オーストラリアのスコットモリソン首相は、彼の政府は、香港との引き渡し協定を凍結し、オーストラリアの何千もの香港市民にオーストラリアの完全な市民権への道として一時的なビザを提供したと述べました。モリソン首相は、安全保障法が香港に根本的な変化をもたらしたため、この決定がなされたと述べました。モリソン首相は、オーストラリアに住んでいる約10,000人の香港の住民は、ビザの有効期限に関係なく、さらに5年間この国に滞在することが許可されると述べました。

10
July

Ilustrasi Pembangkit Listrik Tenaga Nuklir (PLTN).

中国は、2020年から2025年まで、原子力発電所用に6基から8基の原子炉を建設します。中国原子力エネルギー協会によると、原子力発電所の総設備容量は、2020年末までに52ギガワットに達すると予想されています。79日木曜日The Straits Timesが報告したように、2035年までに、中国の原子力発電所の総設備容量は、200ギガワットに達すると予想されています。原子力発電所を開発するという中国の野心は最近、いくつかの障害に直面しています。これらの障害は、未検証の技術と2011年の日本の福島事故に対する一時停止による大規模プロジェクトの建設の遅延という形で発生しています。