Print this page
Thursday, 27 February 2020 13:20

国家の首都に世界は目を向けており、ジョコ・ウィドド大統領は、協力の選択肢を準備している

Written by 
Rate this item
(0 votes)

 

ジョコ・ウィドド大統領は、2月26日水曜日、再びジャカルタ大統領府で、限定内閣会議を開催しました。今回は、この会議は フォローアップ会議として開催され、国の首都の移転について議論されました。ジョコ・ウィドド大統領は、方向性として、インドネシアの新しい首都は、スマートメトロポリスの概念で建設されると述べました。大統領によると、この概念は、インドネシアと協力して新しい首都を建設するという 世界の関心を 既に引き寄せています。実際のところ、韓国は、率直(そっちょく)に、新首都 建設に関与する準備ができていると明かにしています。そのため、大統領は、関係者に対し、新首都の建設で、友好国とともに行われるであろう 協力の概念を すぐに 準備するよう要請しました。

私は、スマートメトロポリスとしての新しい首都の建設の概念は、世界から注目され、関心を寄せられ始めており、その上 友好国は、新首都建設に関与するために協力することに関心を示し始めていると伝えたいです。そして、それらの国の中で、私は昨日、韓国からのゲストに会いました。彼はスマートでグリーンな首都を建設した経験があります。これは良いシグナルだと思います。ですから、私たちと他の国との協力のプロセスの詳細(しょうさい)を準備する必要があります。

大統領は また、新首都 建設のための法律の傘の問題に焦点を当てました。ジョコ・ウィドド大統領は、国家開発計画庁 長官に法律の傘をすぐに準備するよう求めました。さらに、大統領は、各プロジェクトとその資金源のマッピングを含む、新首都の中核(ちゅうかく)位置をマッピングするようスタッフに要請しました。大統領は、新首都の建設が、より未来的で柔軟(じゅうなん)な、新しい働き方を導入して、その結果 より迅速かつ効率的に働く事ができることを望んでいます。

Read 111 times
Endah

Latest from Endah