Friday, 18 September 2020 08:50

EUとインドネシアは2020年の協力書を発表した

Written by 
Rate this item
(0 votes)

国家開発機関会長であるSuharso Monoarfa国家開発計画大臣と在インドネシアの欧州連合大使Vincent Piketは、917日木曜日ジャカルタで、2020年のインドネシアと欧州連合の協力バーチャル出版書籍を発表しました。この出版書籍は、気候変動の影響を緩和するために持続可能な開発を進める取り組みを要約しています。この本はまた、欧州連合とその加盟国によってサポートされているインドネシアの開発プログラムの様々な成果を強調しています。

Suharso大臣は、バーチャル声明の中で、インドネシアでの開発に対するEUの支援を強調しました。彼によると、欧州連合は、Covid-19の大流行が起こる前だけでなく、大流行がインドネシアで勃発したときにもインドネシアの協力パートナーになるということです。彼は、コミュニティの繁栄を達成できるように、2つの当事者の協力が引き続き改善されることを望んでいます。

2020年の欧州連合とインドネシアの協力は、グリーン経済成長のための能力構築をテーマとしています。Vincent Piket大使は、世界社会は、パンデミック後の開発努力に目を向けるべきだと述べました。また、パンデミックの社会的および経済的影響は、持続可能な環境開発を通じて対処されなければならないと語りました。なぜなら、世界がますます環境問題に直面しているからです。

インサート :もちろん、現在の危機を超えて見なければなりません。そして、COVID-19後の回復について一生懸命考えます。経済の回復・社会の回復。そしてそれが、グリーン成長のための能力を構築するという今年のコラボレーションのテーマに私を導きます。そして、なぜそれが重要なのでしょうか?私たちの見解では、Covid後の回復は環境に優しく、持続可能なものでなければならないからです。なぜなら、私たちがCovidパンデミックと戦っているとき、気候危機はますます現実になり、目の前にあるからです。

一方、特に経済・社会の回復に関して、Vincent Piket大使は、EUは、包括的経済協力協定(CEPA)を含め、インドネシアでの貿易および投資協力を引き続き強化すると語りました。現在、CEPA交渉はまだ進行中で、Vincent Piket大使は、インドネシアで行われた研究に基づいて、CEPA協定が、よく合意されれば、インドネシアは、急速な経済成長を通じて経済の回復力を発揮することができると述べました。

Read 87 times