Monday, 25 October 2021 08:30

ミャンマー問題担当国連特使は、軍事政権の指導者に辞任するよう要請する

Written by 
Rate this item
(1 Vote)


ミャンマー問題担当国連特使であるクリスティン・シュラーナー・バーゲナー氏は、ミャンマーの軍事政権のリーダーであるミン・アウン・ライン将軍に、国民の希望に応じて辞任し、文民政府に権力を与えるよう要請しました。バーゲナー氏は、日曜日にジャカルタからモニターされた国連総会の第3委員会の双方向対話型の声明で、特使は、タッマドゥ(ミャンマー国軍)の司令官のリーダーシップの下で、ミャンマーの明るく安定した未来を見られないと述べました。特使は、ミン・アウン・ライン上級将軍が本当に自国の将来を気にかけているのなら、彼は辞任し、人々が望むものに従ってタッマドゥの権力を文民政府に与えるべきだと強調しました。バーゲナー氏は、スピーチの中で、21日に起こった軍事クーデター以降、ミャンマーの脆弱なグループに対する圧力が高まっていることを強調しました。その後、状況が悪化し、国のさまざまな地域でますます緊迫した紛争が発生しています。

Read 76 times