Print this page
Friday, 15 July 2022 07:45

ジョグジャカルタ特別州のSELASA WAGENの伝統

Written by 
Rate this item
(0 votes)


パソナインドネシアです。今日は、ジョグジャカルタ特別州のSELASA WAGENの伝統をご紹介します。

ジョグジャカルタ特別州政府は今年7月、Covid-19による2年間の空白状態の後、マリオボロ地域でSelasa Wagenの伝統を復活させました。 Selasa Wagenの伝統は、2017年から続いています。市場の日に35日ごとに開催されるこの伝統は、マリオボロの商人や商店がさまざまな活動で満たされる休日と見なされています。地域の清掃活動から始まり、午後から夜にかけて道路沿いで催される舞台芸術まで。さらに、ジョグジャカルタ特別州の秘書であるKadarmanta Baskara Aji氏によると、Selasa Wagenは、それは伝統を保存することの一部であり、芸術と文化の発展のための場であり、その恩恵が感じられています。

今回のSelasa Wagenの伝統は、2022712日に始まり、次の35日間のジャワ暦を調整します。違いは、今回のSelasa Wagenイベントは、Covid-19パンデミック以前とは異なります。過去には、1日でマリオボロに沿ってさまざまなアートアトラクションを催すための10のステージポイントが存在する可能性がありました。今、Selasa Wagenの伝統は、Covid-19の症例が増加しないように、優先的な健康プロトコルで開催されました。そのため、今回のマリオボロのSelasa Wagenアートパフォーマンスでは、1点のみを構成しました。この活動は、ヴレーデブルク要塞博物館のキロメートルゼロポイントエリアの周りにある31日のSerangan Oemoem記念碑エリアを中心にしています。

伝統から現代までの芸術文化のパフォーマンスの数は、午後330分から夕方までジョグジャカルタのショッピングセンターエリアで通り過ぎる観光客を楽しませます。マリオボロ半歩行者の試験場でもあるため、この地域に沿った自動車のアクセスは、午後6時から9時まで一時的に閉鎖されています。ジョクジャカルタ特別州文化局長Dian Lakshmi Pratiwi氏は、マリオボロでのSelasa Wagenの活動間に訪問者に提示されたさまざまな活動は、舞台芸術の形だけではないと説明しました。

また、エコプリントバティックワークショップ、ジャワ文字ワークショップ、伝統的なファッションカーニバルもあります。翌月Selasa Wagen活動のために、Dian Lakshmi氏は、マリオボロで芸術と文化を展示したい人々のための機会を開きます。それらは、ジョグジャカルタ市政府と一緒にジョクジャカルタ特別州地方政府が準備したキュレーションチームによって最初に選ばれます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 112 times
Endah

Latest from Endah