Print this page
Friday, 05 August 2022 07:22

バリ州のTENUN GRINSING(グリンシン織物)

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、バリ州のTENUN GRINSING(グリンシン織物)をご紹介します。

バリのグリンシン織物は、G20 サミットに出席する代表者へのお土産として使用されます。合計 120 枚の織物は、バリ州のカランガセム県にあるトゥガナン・ペグリンシンガン観光村の職人たちに注文しました。この織物は、後に G20 サミットに出席する代表者が着用します。トゥガナン村の伝統的な長老 Putu Suarjana 氏は、製造されたグリンジン織物は、品質に関する厳格な選択を経ており、幅 20 センチメートル、長さ 180センチメートルのバリグリンジン織物の規格を保護をするコミュニティフォーラムによって要求された要件を満たしていると述べました。

グリンシン織物は、2016年に国の無形文化財に指定されました。観光・創造経済省は、グリンシン織物が今日まで生き残っているバリの古代文化遺産の 1 つであるため、グリンシン織物をユネスコの無形文化遺産として促進する努力を続けています。この織物の特徴は、二重絣という製法にあります。グリンシング織物は、ユネスコに認定された3つの二重絣織物の中で唯一の二重絣織物です。

グリンシング織物の他に、インドと日本には二重絣織物が 2 種類あります。作るのに長い時間がかかり、 1枚のグリンシング織物を織るのに約2ヶ月、二重絣モチーフの場合は、約2年から5年かかります。着色には、木の根、キャンドルナッツ油、葉からの天然成分が使用されています。グリンジング織物に使用される最も一般的な 3 つの色は、赤、黄、黒の三色です。

トゥガナン・ペグリンシンガン村の先住民族にとって、グリンシング織物は、バランスを象徴しています。グリンシングという言葉は、疫病または病気を意味するゲリングと、いいえを意味するシングに由来します。グリンシン織物は、全体を解釈すると、災害を拒否するための布と考えられているため、バリの人々は結婚式や宗教儀式などのイベントでよく使用します。また、グリンシン織物は、自然を尊重する地域社会の伝統的なルールを表しているため、無断で木を伐採することは許されていません。彼らは、自然を守ることで人間は、病気にならないと信じています。この織物は様々なモチーフで構成されています。

グリンシン織物のモチーフの一つは、サソリが特徴のルベンモチーフがあり、宗教儀式の伝統衣装としてよく使われます。また、赤と黒のポレンボックスと同じサナン・エンペグモチーフや、宗教儀式で伝統的な衣装としてよく使用されるチェンパカアンまたはチェンパカの花のモチーフもあります。また、その他のモチーフは、周囲の小さな花の中に大きな花が特徴的なチェンロンがあります。伝統的な儀式では、グリンシン織物は、一般的に女性は、スカーフやセンテンとして使用され、男性は、ベルトとして使用されます.

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 121 times
Endah

Latest from Endah