Print this page
Saturday, 06 August 2022 14:00

ジョグジャカルタ特別州の名物料理、Kipo

Written by  Mariska
Rate this item
(0 votes)

ペソナインドネシアです。今回は、ジョグジャカルタ特別州の名物料理、Kipoをご紹介します。

ジョグジャカルタのKotagedeは、ジョグジャカルタ特別地域の観光資産の 1 つです。ジョグジャカルタの観光の特徴のいくつかは、Kotagedeの地元文化の独特な特徴、強い風習、そしてさまざまな料理の味です。独特の味がすることで有名なKotagedeの代表的な食べ物のひとつがKipoです。

もちろん、ジョグジャカルタの人々にとって、Kipoはなじみのある存在です。Kipo は実際にはジャワ語で「Iki Opo」に由来し、つまりインドネシア語で「これは何ですか」を意味言葉です。この食べ物に初めて名付けられた人は、1964年に彼がビジネスを始めたとき、彼はこの食べ物が何と呼ばれているかを知りませんでした。その時、次々とお客がやってきて、ジャワ語で「Iki Opo」と尋ねてきました。Iki Opo」ということで、「Iki Opo」の略でKipoと名付けられました。

この緑色のKipoは、伝統的な市場で通常販売されている伝統的なケーキの 1 つです。作り方はとてもシンプルです。最初に準備する必要があるのは、緑色のもち米粉の生地です。次に、ココナッツミルクと少量の塩を加えます。この緑色はスジの葉によるものです。そして中身はすりおろしたココナッツにパームシュガーを混ぜ合わせたもので、Enten-entenとも呼ばれます。その後、もち米粉の生地をたたんで、Enten-entenを詰め、炭火で熱した土鍋にのせます。フライパンで加熱する前にバナナの葉を並べ、Kipo-kipoを縦に58枚並べます。Kipo-kipo23分焼きます。よく熟したキポを作るには、火が通るまでひっくり返さなければなりません。その後、バナナの葉と一緒にキポを取り除き、45個のキポをまとめます。スジの葉、ココナッツ、砂糖、バナナの葉のジュースから来るキポの香りは本当に独特です。

Kotagedeを訪れた人は、お財布に優しいKipoを食べないと後悔すること間違いなしです。Kipoをおみやげにしたいけど、日持ちがしないので時間を気にしなければいけない、という方にもおすすめです。

これでペソナインドネシアを終わります。明日もほかの興味深いトピックでまたお会いしましょう。

Read 142 times Last modified on Sunday, 07 August 2022 21:34