Monday, 08 August 2022 08:01

インドネシアは国際社会に対し、核兵器のない世界を作るための具体的な努力をするよう呼びかける

Written by 
Rate this item
(0 votes)


在日本とミクロネシア連邦のインドネシア大使ヘリ・アフマディ氏は、インドネシアは、国際社会に対し、核兵器のない世界を作るために具体的な努力をするよう呼びかけていると述べました。この声明は、1945 8 6 日に広島平和記念資料館で開催された1945 8 6 日、広島市に原爆投下77 周年に関連するヘリ・アフマディ大使が語ったものです。ヘリ・アフマディ大使によると、国際社会は、核兵器の発射を助長しない行動を控えるべきだということです。核兵器の拡散防止条約に署名した国の 1 つとして、インドネシアは、世界の国々が核拡散防止条約を遵守しない場合の人道的および環境的影響について、国連に対してより強い警告を発するよう求めています。広島原爆投下77周年記念式典には、岸田文夫首相、国連のアントニオ・グテーレス事務総長、湯崎英彦(ゆざきひでひこ)知事、松井一実(まついかずみ)広島市長、そして100人以上の在日外国人代表が出席しました。

Read 76 times